2010/5/13

最近は海釣りよりも  好き勝手コラム

最近、海釣りよりはまっているものがあります。

海釣りは、やっぱり小さな子どもには危険だから
連れて行ってあげることができません。

となると、経費はお小遣いから出さなければなりません。

そこで、コレだと家族で参加できます。

そして、経費はかみさんから出ますし、
家族は喜ぶし、帰ってきてから美味しいものをいただけます。



それは・・・・


潮干狩り


これはいい!!
2

2010/3/15

(無題)  好き勝手コラム

今年もだんだんとぬくくなってきました。

海釣りも、家族連れなどが増えてきそうな感じですよね。

1

2009/10/6

和歌山県の和歌山北港海釣り公園  神奈川県の海釣り公園

和歌山北港海釣り公園についての紹介です。

和歌山北港海釣り公園は紀伊水道を通じて太平洋に直結する場所で営業している海釣り公園で、海岸から2Kmも沖に突き出た全長1Kmの海釣り公園です。

紀伊水道から暖かい海水が流れ込むので、一年を通じて良く釣れます。四季を通じ大物釣り(真鯛、石鯛、ハマチ、ヒラメ、チヌ、グレ、他)を楽しむことができます。

また、大衆魚(イワシ、アジ、サバ、ハゲ、他)の魚種が豊富であり、勇壮なつり場です。

釣り場の水深は10m以上もあり、潮の干満にはあまり関係なく、一日楽しむということが可能です。

現在、釣れている魚は小サバ、イワシ、豆アジチヌ、グレです。タチウオも釣れています。

子供や女性であっても、安心して楽しむことのできる公園です。また、釣り場においてはトイレをNO1〜NO6迄の各ゲート入り口に完備しています。

1Kmに及ぶ釣り公園内を、移動販売で、おにぎり、ラーメン、うどん、ビールといったものの販売も行っています。

売店においては、釣具、貸し竿、エサ、パンといったものの販売をしています。
また、食堂も営業しており、ラーメン、うどん等々、豊富な品揃えとなっています。

駐車場から釣り場まで、約2分と楽に行くことの可能な距離です。

和歌山北港海釣り公園は4月から11月の間休園日なしで営業します。
夏にはマダイ・サンバソウの稚魚を各1000匹放流します。 

安全確保のため投げ釣りは、禁止となっているため注意しましょう。




0

2009/9/30

北海道の海釣りスポットです。十勝港(広尾町)や白糠漁港(白糠町)  北海道の海釣り公園

十勝港(広尾町)

重要港湾に指定されている十勝港で竿を出すとなると、規模があまりにも大きいため始めて訪れる釣り人は戸惑います。

第三ふ頭一体は釣り場としては見通しの良く、いつも釣り人が竿を出していますが、ここは北海道でも潮通しが良いということもあってか海水が綺麗です。
そのため、銀色の魚体が美しいチカが、群れて泳いでいる様子を手にとるように見ることができます。

このスポットではチカはほぼ一年中釣ることが可能であり、仕掛けは3.5〜4号でこれに餌もちの良いサシを使用します。
18cm前後がここの魚の平均的なサイズですが、たまに25cm近い大きなものが釣れるそうです。

ここではほぼ一年中チカを釣ることができ、他の魚種は6〜7月下旬位まではコマイ、クロガシラ、ヌマガレイ、オクカジカが、また9〜10月頃まではコマイ、クロガシラを釣ることができます。



白糠漁港(白糠町)

外海が荒れると勢いを得たように釣れだす港は多いですが、ここの漁港もそのうちのひとつです。
道東と道央を結ぶ国道38号線沿いに造られたこの漁港は、町並みにうずもれた路地ほどの小さな入り口からは想像することが不可能であるほどの立派な規模で、東西の幅が600mもあります。

「白糠漁港で釣れ出した」と聞けばクロガシラやチカも釣れるのですが、カレイは匹数が揃わず、また、チカは片手間の釣りという感覚です。
そのため、地元では大釣りが可能であるコマイにしか話題が集まりません。

ここの漁港でのポイントですが、西側の防波堤で釣ることのできるコマイの大きさはやや小ぶりであり、平均20〜25cm程の大きさです。
使う道具は簡単なものです。竿は3.6mもあれば十分で、小型スピニングリールに道糸は4号前後を使い、餌は専らイソメ使用されています。

ここでの魚種は4〜5月上旬はチカが、6〜7月中旬はコマイやクロガシラが、8月下旬からはサケを釣ることができます。
3

2009/9/23

北海道の海釣りスポットです。襟裳岬漁港と目黒漁港(えりも町)  好き勝手コラム

襟裳岬漁港(えりも町)

道東で大物を釣ることのできる千石場所が何箇所か存在しますが、ここ襟裳岬西側周辺の岩場もそのスポットのひとつです。
ときには50cmを越す大物アブラコ(アイナメ)やカジカは釣り人のテンションを大きく上げるポイントです。

漁港は北側と南側から防波堤が二本、港内を囲むように造られており、6月から年末位までは、ここから沖に投げると中型のアブラコを釣ることができます。

また中型のコマイも晩秋から翌年4月頃までは釣ることができますが、北海道で冬の海釣りはさすがに寒すぎるので、釣り人を見かけることは少なくなります。


目黒漁港(えりも町)

黄金道路と言われている道路の真ん中にあるのが目黒漁港で、左右から港を防波堤が囲んでいるのみの小さな漁港です。
しかし、一年中チカを釣ることのできる海釣りの場所として有名で、たくさんの釣り人がここを訪れます。

常連となっている釣り人の仕掛けは4号で、市販のチカ仕掛けには羽が付いていて本来餌はいらないそうです。
これは竿を手で持って穂先をツンツンと軽く動かし、水中の羽をそよぐように動かして魚を誘うため、羽の効果が発揮されるらしいです。このポイントを意識しましょう。

この漁港で釣れる魚種は、6〜12月まではコマイを釣ることができ、8月を除きほぼ通年チカを釣ることが可能です。
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ