うつ改善プログラム 笠原巌 口コミ  うつ病

このサイトは、笠原巌さんのうつ改善プログラムの口コミ 内容 原因 治療 完治 などの情報を公開しています。


詳細はこちらをクリック





※様々な病院、カウンセリングに通ったが一向に改善しない


※薬を何年飲み続けても症状が変わらず、この先不安を抱えている


※子供がうつ、引きこもり、不登校になってしまった


※自分では努力しているが、どうすることもできない


※復職と休職を繰り返している


※家族・友人がうつになってしまい、接し方が分からない


※とにかくうつがひどくて毎日が辛い


※夜は眠れないし、朝起きるのも辛くてたまらない


※毎日不安に押しつぶされそうになる


※いつ抜け出せるのか、いつ働けるようになるのか不安でたまらない


※再発を何度も繰り返している


※もうこのまま一生改善しないのではと不安になる




こういった症状をお持ちの方はこちらをどうぞご覧になってください。


38年間「うつの研究」を続け、体の不調を訴える方達を延べ10万人以上救ってきた、笠原巖先生が「病院やカウンセリングなどに通わず」、「薬なども一切使わず」うつを解消させる方法をお伝えします。


うつ改善プログラム←こちらをクリック




早い人では3ヶ月から。

平均6ヶ月、何年も薬を飲み続けている重症な方でも1年も経たないうちにうつを解消しているという驚くべき実績です。




うつ病になると



病院など、色々なカウンセリングを受けてみたがどれもダメだった。

何年も薬を飲み続けているが一向に症状が改善されない。



また、



家族や親戚がうつになってしまって、どう接していいかのか分からない



このままでは一生改善されないのではないかと怖くてたまらない


などという声が多く聞かれます。





確かに、現代医療で行われている、投薬やカウンセリングで、うつを改善することは難しいと思います。



何故ならば、うつを発症している90%以上の方は「心の問題」、「仕事のストレス」ではないのです





本当の原因は「足」と「首」の異常により、自律神経が誤作動を起こすがために発症している人がほとんどだからです。



薬で症状が改善されている方はこれ以降お読みにならなくて結構です。








しかし、薬やカウンセリングに通っているにもかかわらず改善している気になれない方はどうぞ読み進めてください





本当の原因は「足」と「首」の異常によってうつが引き起こされているだけなのです。






体験談です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
佐藤 のぞみ様(27歳)




5年ほど前、靴を買いに行き、その時自分の足が外反母趾になっていて、しかもその曲がり具合が左右で違っている、ということを知りました。


その頃からだと思いますが、原因不明の体の不調にずっと悩まされ続けていたのです。


ちょうど2年前、首の動きが悪く感じられ、同時に突然の左耳の不調も感じました。


冷蔵庫のモーター音に似た音やザーザーという雑音が聞こえるようになり、耳鼻科で診てもらったところ、異常がないので、首に何か原因があるかもしれないと整形外科での診察を勧められました。


MRIやCT検査を受けましたが、異常は見つかりませんでした。その後右耳も雑音がするようになり、みるみる体調が悪くなっていきました。


常に緊張しているような状況が続き、イライラしたり眠れなくなりました。仕事で机に向かっていても、一向にはかどりません。


頭の中ではやる気があるのに、体がいうことをきかないでボーッとしている自分に気づき、すぐやろうとするのですができないのです。


見かねた上司が心療内科を勧めてくれたので、おそるおそる受診したところ、「うつ」と診断されてしまいました。


食欲もなかったのですが、体力的なことを考え、無理に食べるとすぐ下痢したり、お腹にガスがたまって苦しくなってしまいます。


そのうちめまいも感じるようになり、朝起き上がれず、会社にも行かれなくなってしまいました。


いくつかの病院へも行き、さまざまな検査を受けてみましたが、いずれも体に異常はなく「心の問題あるいは精神的に疲れているから」と言われ、6種類の薬を勧められるだけです。少しも良くなったという感じがなくあせるばかり。


このまま治らないかもしれないという不安からますます精神的にも参って、死んだほうが楽になれるという考えが頭をよぎったりして、泣いている毎日でした。


何とかしなければ、また少しでもよくなるなら何でも試そうと思い、まず図書館に行き、自律神経失調症やうつに関する本を読みあさりました。


その中で、笠原先生の「足と首の異常が原因」という内容に、これだ!!という思いが直感的にしました。素人の私でもなんとなく分かり、納得できました。


早速診察してもらいましたが、先生は私の足を診て、まだ何も言わないのに、以前顎関節症になったことや、左の肩コリや左の股関節の不調を指摘され、足裏の不安定を上部の首が補った為に、それぞれの症状が起こっていると言いました。


一ヶ月くらいはあまり変化は感じられず、先生に訴えると、効果が出てくるのは三ヶ月目くらいからと言われ、その理由も説明してくれました。


確かに三ヶ月を過ぎた頃から、食事ができるようになり、疲れにくく、体力がついてきたと感じられました。


気が付くと耳の雑音も気にならないほどに改善していました。


その後、いろいろな症状が一つ一つ消えていき、六ヵ月後にはほとんど症状が消えていました。


結局会社は長期休暇となってしまいましたが、今思うことは、足裏の異常は体の歪みのほかに、首にも異常を起こし、それが自律神経失調症やうつを起こすということを体験しましたが、一般的にはまだ全然知られていないのではないかという、何か不満な思いが残りました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






どんな過酷な状況におかれても、うつを発症しない人はしない、しかし、本人に思い当たる原因がないのにも関わらず、うつを発症する人もいる。



それはなぜなのか。







最近非常に多いのが、「子供のうつ」、「引きこもり」、「不登校」で悩むお母さん方です。



「朝起きられない」「学校に行けない」その他「胃腸障害」などを起こす子供さんが最近非常に増えています。



子供は親に心配をかけまいとして症状を隠し、我慢の限界がくると学校を休みだします。




親も原因が分からず、最初はズル休みかと思いお子さんを責めるでしょう。




しかし、時間が経つにつれ、お子さんの状態がおかしいことを感じ、病院に通い始めます。




しかし返ってくる答えは




「頑張って朝起きるように努力してください」

「気持ちの問題ですね」

「夫婦仲が悪いからですよ」


などと片付けられしまい、



お子さんも迷惑をかけるつもりは一切無いのに、



「よくわからないけれど体がきつい」

「朝起きれない」

「頭痛がひどく、熱っぽい」



など、心の問題とかではないのに誰も分かってくれない孤独や寂しさで、どんどん追い込まれていってしまいます。




そして、しばらくすると、症状がどんどんひどくなっていき、




「頭が痛い」

「首が痛い」

「背中が痛い」

「微熱がある」


最後は完全に学校に行けなくなってしまうまで病状が悪化してしまうのです。




このプログラムは薬を一切使うことなく、自宅で行えるため

精神病院に通っていることでの世間の目を気にすることなくはじめられます。



例えカウンセラーでも他人との意思の疎通が100%出来るわけがありません。


自分の親や子だとしても自分が思っているほど意思の疎通はできないのです。


それをご自分でうつを解消していただくのです。


そしてこれは投げっぱなしの一方通行ではありません。




笠原巖の無料メール相談をお付けします

何か分からないこと、困ったことがあれば遠慮なくメールをなさってください。




また、もし、うつが改善されなければ、このプログラムの費用を全額返金いたします。



まずはご購入後90日間、実践してみてください。



いままで苦痛でしかなかった毎日が、以前のような晴れやかな毎日へとかわっていくでしょう。


うつ改善プログラム ←こちらをクリック





このサイトは、笠原巌さんのうつ改善プログラムの口コミ 内容 原因治療 完治 などの情報を公開しています。





家族で取り組む統合失調症・脱出マニュアル 長野安晃 口コミ うつ病 ストレス 精神病 分裂


西尾和美の アダルトチルドレン 癒しと回復のためのセルフスタディキット 西尾和美 口コミ


パニック障害エスカレーター式トレーニング 松本久美子 治療法 口コミ 完治 克服


0
タグ:  改善 治療

2010/1/29

鬱病というもの  うつ病


鬱病はというと、脳の病気という面で


セロトニン、アドレナリン不足


が想定されており、脳内に不足していると言われるノルアドレナリンやドーパミン、セロトニンなどの分泌を促進させる薬物治療を行う。

これが心療内科や精神科でのうつ病治療の主流になっているのは鬱病をお持ちの皆さんが知るところだと思います。


しかしこの間、鬱病の薬が返って症状を悪化させているというのを見て驚いたものの、やはり薬の「適量」というものが極めて難しく、医者のセンスによるところが大きいので、どんどん薬の量が増えて薬の依存度が酷くなっていくのはどうしようもないことなのだと思い知らされました。


また、医師も稼ぎたいばかりに薬を多用し、患者の言われるまま薬を出してしまうという話を聞くのも少なくありません。


薬に頼るばかりではなく、薬に頼らない方法を試してみませんか。

実は意外なところに落とし穴があることは、よくあることです。

例えば腰が痛い腰が痛いとずっと整体やカイロに行っていたが少しも良くならず、或る時行った人間ドックで肝臓の癌が見付かった、など、人間の体は悪い場所そのものが痛いと悲鳴を上げるのではなく、違う場所に症状として出ることはよくあることなのです。

続きはこちらからどうぞ



このサイトは、笠原巌さんのうつ改善プログラムの口コミ 内容 原因治療 完治 などの情報を公開しています。

1
タグ:  改善 治療



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ