2009/9/27

リハビリテーションは、障害者の社会的統合を目指すあらゆる手段を含むもの  資格

WHO(世界保健機構)では、1981年に「リハビリテーションは、障害者の社会的統合を目指すあらゆる手段を含むもの」と定義しています。また、経験のある人なら、なぜ職場を変わるのかという質問をされるかもしれませんね。は、国家資格であるため、国家試験に合格することで資格が取得できます。

また、保健所や保険センターなどでは、生活習慣病の食事療法に関する栄養相談などを受け付けているところが多く、栄養士が窓口にあたっているということです。健康ブームによって、人々は、薬に頼らない東洋医学の大切さを感じており、中国3,000年ともいわれている歴史ある鍼灸は、見直されてきています。

つまり、という呼び方ではありますが、実際の業務内容は雑用的な仕事が多いのが現状だということです。作業療法士が関わる患者は、病気やケガが原因で障害を持ってしまった子供から高齢者まで幅広い年齢層の人となっています。の国家試験は、年1回、2月に実施されており、試験地は、晴眼者の場合は、北海道、宮城県、東京都、新潟県、愛知県、大阪府、広島県、香川県、福岡県、鹿児島県となり、視覚障害者の場合は、全国の指定された盲学校で行われます。2つ目は、3年生の短期大学です。
0

2009/9/25

作業療法士は、社会人として別の仕事をしている人が目指す場合  資格

作業療法士は、社会人として別の仕事をしている人が目指す場合もあり、その場合は、作業療法士としては新人でも年齢は高いという場合もあり、職場の先輩が年下になることも少なくありません。

今後も、看護助手の需要はますます高まると思われ、高齢化にともなって、特にホームヘルパーや介護福祉士の資格を持った看護助手が重宝されるでしよう。身体に障害がある人が入所するには、身体障害者更生援護施設や身体障害者福祉ホーム、補装具製作施設、視聴覚障害者情報提供施設、肢体不自由更生施設などがあります。また、患者さんとのコミュニケーションも大切ですが、その家族や、医師や看護師などのほかのスタッフとの連携もリハビリには欠かせません。

一般問題としては、解剖学、運動学、生理学、病理学概論、臨床心理学、リハビリテーション医学、リハビリテーション概論、臨床医学大要、人間発達学、作業療法とリハビリテーションから出題されます。患者さんによって、をすることで、自分がどのようになりたいのかが異なりますので、そのニーズに合ったリハビリの計画、実行をするためには、現状の把握が最も大切になります。

規定の国家試験とは、医師、歯科医師、薬剤師、助産師、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、歯科衛生士、視能訓練士、義肢装具士、言語聴覚士、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師、精神保健福祉士、栄養士、介護福祉士、社会福祉士、保健師などの保健、医療、福祉に関する国家資格のことです。養成研修は、1〜3級のレベルによって、必要な時間やが異なりますが、どの級も、講義、実技、実習で構成されているところは同じです。リハビリがうまくいかないときには、一緒に悩んだり、不安な気持ちをやわらげてあげたりすることも必要です。
0

2009/9/25

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ