彼氏 兼 世話係  桜井 帝

突然書きたくなった帝と苺花ちゃんの小説。
夏の課題をテーマに書いてます。
後半少し帝が狼になっている、かも知れない←


帝×苺花
0

彼女と僕と向日葵と  有栖川 白狐

暖かな陽射しと共に咲いた見事な桜はとっくに散っていた。
今は暑い陽射しが俺たちを照りつける。
そして、大きな向日葵が太陽に向かって大きく伸びる。

*


「…大丈夫かな」

自分の部屋で涼んでいた俺は、容赦なくじりじりと照りつける太陽を見てふいに彼女のことを思い出す。

彼女をいつもの教室で見つけ、後ろから抱きつく。
小さな叫び声のようなものが聞こえて彼女が振り向いた。

「白狐さん」
「凜蝶ちゃん、熱中症なっ てない?水分ちゃんと摂 ってる?何なら俺の部屋 にでも「あんたの部屋は 涼しいもんねぇー!」」

思いっきり蒼空ちゃんに遮られた。
目の前の彼女は目を丸くしている。頭上にクエスチョンマークが並んでいる感じだ。
そのとき、後ろの方で声がした。

「白狐くんは相変わらずじ ゃねぇー…」


見ると、詞ちゃんが顔を微妙に赤らめて溜め息をついていた。


「詞ちゃんは何考えてるの ?」


笑いかけると詞ちゃんは「何も考えてないっ!顔洗ってくるっ」と教室を走って出ていった。


「相変わらず面白いなぁ、 詞ちゃんは」


駆けていく彼女を見ていると、左から心配している声が聞こえた。


「詞さん…、大丈夫でしょ うか…。まさか、熱中症 に…」


かなり心配しているようだ。
眉を下げ、どうしましょうと呟いている。
理由が大体分かっている俺にはそれがおかしくて、思わず笑いそうになったのを必死にこらえ、大丈夫だよ、と言った。


「それより、凜蝶ちゃん。 外に向日葵が咲いてるん だけど見に行かない?」

詞ちゃんのことを“それより”と言ってしまったのは心の中でお詫びと訂正をしておこう。きっと彼女は許してくれる、はず。


向日葵を見に行くことになって、俺と凜蝶ちゃんは手をつないで外に出た。
向日葵を目にしてすぐ、凜蝶ちゃんはすぐにわぁ、と感動の声をあげた。


「━━すごい、高い…。す ごく綺麗です…」


今日は目の調子は良いらしく、すごく喜んだ。


「向日葵って、成長結構早 いんだってね。すぐ大き くなる」
「すぐ追い越されちゃいま すよね、特にこの向日葵 は岬先生が植えたものだ から…」


太陽に向かって大きく伸び、堂々と上を向く向日葵がとても偉大なものに見えた。


「…向日葵って、焦ってる んでしょうか…」


向日葵をずっと見ていると突然、凜蝶ちゃんは呟くように言い、そして続けてこう言った。


「焦らなくても…、ゆっく り成長していけばいいと 思います」


その言葉は今の俺たちにぴったりなのではないのか、そう思った。


「そうだよね。んじゃあ、 奏暫さんと大河さんを説 得するのも焦んなくてい いのか…。うん、そうし よう」



うんうんと頷く俺に凜蝶ちゃんは混乱に陥った。


「え?え、えぇ?!白狐さん っ?!」


顔を真っ赤にして凜蝶ちゃんは混乱し続ける。
その姿さえも愛しくて、抱きしめたくなる━━…


太陽が照りつける夏空の中、俺たちはゆっくりのんびりと成長する。

0


「僕、ソフィアなんて知らないよ。
   
        なのに何で僕にそっくりなの…?」

♂音色(Nero)
 
 2月14日生まれ 10歳
 やぎ座      左利き
 135cm    A型
 綺麗な金髪に蒼の瞳で小柄
 いつもヘッドホンをしている
 
 趣味 歌を歌う
 特技 一度聴いた音楽を覚える
 好き 歌
 嫌い 人間
 能力 音速
 説明 音速で行動するなど、音を使って行動できる
 階級 ☆☆
 種類 特力系
 
 歌をこよなく愛するので、暇さえあればいつも歌っている。
 殆どが自作。将来は音楽家になるため、1人のときはいつも
 音楽の勉強をしている。
 ソフィアとそっくりの容姿をもち、誕生日や年齢、利き手など
 全てが一致しているため、双子ではないかといわれているが、
 2人はお互いのことを全く知らない。

0

+ソフィア・エアハート+  約あのキャラ紹介

「この世に要らないものなんて
  
            ないのだっ!」

♀ソフィア・エアハート 愛称:ソフィー
 
 2月14日生まれ 10歳
 やぎ座      左利き
 135cm    A型
 綺麗な金髪に蒼の瞳で小柄
 
 趣味 探検(散歩じゃなく←
 特技 宙返り
 好き 枝豆
 嫌い 特になし
 能力 破壊
 説明 どんなものでも破壊する、アリス使用時は人格が変わる
 階級 ☆☆
 系統 特力系
 
 いつも語尾に「〜なのだ」などが付く。
 どこか不思議な雰囲気を漂わせている。
 容姿的に明らかに異国のものだが、どうして日本にいるのかは不明。 
 いつも笑顔を絶やさない彼女のモットーは
 「どんなときでも笑顔」らしい

0

できれば元気がでる奴で  影山 渚

両親を亡くした影山兄弟の小説。
兄として妹を守るという責任を抱える渚。
それに対して星月は――…
続きを読む
0




AutoPage最新お知らせ