「さよならは言わないよ」 「俺もだ」





  こちらは HN:やや矢野屋 による
  アニメの感想と二次創作小説・イラスト掲載のブログです
  「宇宙戦艦ヤマト」がメイン 他に「マイマイ新子と千年の魔法」など

2014/9/1

【企画】宇宙戦艦ヤマト放映40周年を祝おう!  宇宙戦艦ヤマト

第一作「宇宙戦艦ヤマト」放映40周年の記念に何か出来ないかなと考えまして、pixivで企画を提案しました。


―――――――――――――――――――――――――――――――

クリックすると元のサイズで表示します

【企画】宇宙戦艦ヤマト放映40周年を祝おう! | やや矢野屋 [pixiv] http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=45710676

第一作「宇宙戦艦ヤマト」放映開始40周年をpixivユーザーの皆様と一緒に祝いたい!と考え、僭越ながら企画を提案いたします。
ヤマトに関するメカ・キャラ・キャストやスタッフ等、大作からネタ落書きまで何でもどうぞ!ただし、40周年を祝う趣旨から、題材は「第一作ヤマト」に限定させてください。
参加方法はいつもの作品タグ「宇宙戦艦ヤマト」に加え、「ヤマト40周年」(数字は半角)を付けていただくだけです。
このイラストにイメージレスポンスを設定していただくと、他の方にも趣旨が伝わりやすいかと思います。
「宇宙戦艦ヤマト」への愛と祝賀と感謝をこめて、どうぞお気軽にご参加ください!

―――――――――――――――――――――――――――――――


引用ここまで。

こういうの、私のようなヘッポコが提案していいのだろうかと躊躇う気持ちは強かったのですが、他人様のアクションを口開けて待ってるのはイカンと思い、蛮勇奮いました。
でも、テーマや期間設定が適切なのか、リサーチ不足や不備があるんじゃないか、正直、今もものすごく不安です。
だから、pixivやTwitterでさっそく参加表明してくださった方、ブクマやリツイートしてくださった方には、本当に感謝しています。
ありがとうございます!
フライング一ヶ月+40年前の放映期間六ヶ月、合計約七ヶ月のイベントではありますが、たくさんの人が第一作ヤマトを振り返り、ヤマトと出会えた喜びや感動を形にして下さったら、とても嬉しいです。


※こちらのブログをご覧くださっている方で、pixivのユーザーさんがいらっしゃいましたら、是非ご参加ください!
1

2014/8/26

ヤマト式敬礼  宇宙戦艦ヤマト

クリックすると元のサイズで表示します

※ツイッターに書いた内容を、こちらにも記録。


第一作敬礼ポーズの古代進。さらば以降と違うのは、肘を上げずに手の腹を胸に当てているところ。

第一作「宇宙戦艦ヤマト」の敬礼描写は非常に理に適っていて、帽子を被っている沖田や古代守は挙手の礼をとり、無帽の一般乗組員は胸に手を当てるヤマト式敬礼を行う。帽子を被っている作業員も挙手の礼をしているので、ちゃんと意識して描き分けられているのがわかる。

要するに、「頭を下げる敬礼」の代わりに「ヤマト式敬礼」を行っているのですね。「無帽で挙手の礼」は間違っている、でも演出的にお辞儀はやらせにくい、そんなところから考案されたのが「ヤマト式敬礼」なのかも。

例外は最終話の佐渡先生。帽子被ってないのに挙手の礼は、本当はおかしい。けど、「あそこはああでなきゃ!」という気持ちは、すごく分かります。
4

2013/8/13

拍手コメントへのレス  拍手コメントへのお返事

せっかくコメントいただいていたのに、大変遅くなってしまって申し訳ありません(汗)


2013/6/23 1:51にコメント下さった方へ

同意のご表明、ありがとうございます。
もしかしたら制作者は「今の世相」に合わせたのかもしれませんが……
助け合い、励まし合って危機を乗り越える人間の姿は、何も完全に消えてしまった訳ではないと思うんですよね。
何より、オリジナルの主題歌に歌われている場面なのですから、ここを外すなら主題歌も当然変えて然るべき、という気持ちが一つ前の記事になりました(汗笑)


2013/7/31 22:44にコメント下さった方へ

偶然辿り着いて下さったのですね、ありがとうございます。
沖田艦長って、あれだけ有名なキャラでファンも多いのに、なぜか(むしろ、それ故に?)等身大の彼自身を見てもらっていない気がします。
沖田さんは「理解されない辛さ」を引き受けながら、後進の古代が彼の域に到達するのを導いてきたんですよね。
そういう意味では、実写版ヤマトの沖田ー古代の関係は第一作ヤマトのテーマをきちんと踏襲していたと思います。
0

2013/8/13

主題歌考察  ヤマト2l99

あまりの暑さに久々更新です(汗)
とはいえ暑いので大したことは書けません。
以前Twitterでボソボソ言っていた話をまとめたものです。

先月来、喧しく議論されていたヤマト2l99の主題歌ですが、私は変更されて良かったと思います。
というか、最初からオリジナルとは別の歌を準備すべきだったと思っています。
なぜならば、オリジナル主題歌と2l99の内容の乖離があまりにも甚だしいからです。

オリジナル主題歌を、大雑把ですが三つの部分に分けてみましょう。
冒頭から「今飛び立つ」まで、「銀河を離れ」から先の、アタマとオワリの部分は「このヤマトというフネはどんな目的でどこへ向かうのか」という状況説明ですね。
これは基本的に2l99でも変わっていません。

しかし、問題なのは真ん中のパートです。
ここには歌の真髄である「心情」が述べられていますが、これが2l99には描かれていない場面を想定した決意なのです。
「必ずここへ帰ってくる」と「手を振る人に笑顔で応え」ていないのに、その言葉を毎回オープニングで聞くことは、なんだか大事なところを誤魔化されたまま丸め込まれているような、とても複雑な気持ちを抱いてしまいます。

「必ずここへ帰ってくる」、この言葉を沖田艦長は何度も心に誓います。
特に印象的なのは、第2話の「行って、帰ってくるのだ!」、第10話の「さよーならぁー!」からの流れでしょうか。
沖田十三という人にとって、ヤマトの旅はこのシンプルな決意に全て集約されています。
そして、「行って、帰ってくること」が有する大きな意味は、物語の中で何度も繰り返し強調され、最終話では「地球で待つ皆と心が通じている」「自分は孤独ではない」「だからこそ地球を一目見るまでは死ねない」という、沖田の「生」そのものとなって、あの胸を打つラストに繋がっているのです。
(ここでの「皆」には、亡くなった沖田の息子も含まれているのでしょうね)
その印象的な場面、二つとも、2l99では描かれていません。
でもまあ、これは私だけの小さなこだわりに過ぎません。

問題は、「手を振る人に笑顔で応え」です。
出発の行進をオミットした真意は、制作者に尋ねてみないことには分かりませんが、主題歌に謳われているシーンを外した以上、オリジナル主題歌が2l99の物語世界を象徴するものと見なされることはありません。

「そんなの大した問題じゃない」とお思いですか?
でも、歌っていうのは「こころ」を乗せているからこそ歌なんじゃないかと、私は考えるんです。

「鉄腕アトム」や「ゲゲゲの鬼太郎」がリメイク作でもオリジナル主題歌を使うことには、何の問題もありません。
アトムや鬼太郎の場合、歌とキャラクター・物語には何の齟齬もありませんから。
しかし、「ヤマト」と「ヤマト2l99」には、歌われている心情に於いて、真逆と言っていいほどの違いがある。
ならばやはり、2l99はその物語にふさわしい主題歌を作ってもらうべきだったと思うのです。

で、「Fight For Liberty」。
まずは良い曲だと思います。
そして、2l99後半の「気分」にはとても合った曲だとも思います。
2l99は、地球側もガミラス側も「男女の愛」が物語の大きな部分を占めていますから。
「君を思えば」「超えられないものなんてない」だから戦う、そういう話だよと言われれば、「うん、たしかにそうですね」と答えるしかありません。
そういう意味で、とても似つかわしい曲です。
でも一番合ってるのは「進撃の巨人」だよなあ、とも思っちゃうんですけどね。

ある意味、2l99はとても不幸です。
物語にピッタリとマッチした主題歌を得ることができなかった、という意味で。
しかし、それはアーティストのみに責任を求めることが出来る話でもないと感じます。
そのために、総監督氏はアーティストとどれだけの話し合いを重ね、ストーリーとテーマをきちんと理解してもらう努力をしたのかなあ、と。

オリジナル主題歌を作詞した阿久悠さんは、依頼にやってきた西崎プロデューサーの並々ならぬ情熱に驚き、その熱に浮かされるようにあの歌詞を書き上げたと述懐しています。
それほどの情熱と思いが込められた歌詞は、やはりオリジナルのヤマトだけに与えられた冠であろうと、私は思います。
8

2013/4/13

青野武さん一周忌  雑記・雑感

当日に上げることが出来ず、非常に心苦しいのですが……
4月9日は「宇宙戦艦ヤマト」の真田志郎、「ドラゴンボール」のピッコロ大魔王・神様などを代表作に持つ声優・青野武さんのご命日でした。
改めて、青野武さんの生前のご功績を思い、ご冥福をお祈りいたします。


地方住まいの私にとって、青野さんの演技に触れられたのは主にテレビアニメや映画の吹き替えでしたが、青野さんは長年「劇団芸協」の中心メンバーとして、舞台演劇に力を注いでいらっしゃいました。
私も、実は二回だけ青野さんの舞台を拝見したことがあります。
一度目は、同劇団所属の田中和実さん追悼公演となった「花咲く港」。
青野さんの演出による舞台で、悲喜こもごもの人間像が印象的なお話でした。
(青野さんご自身は、島の駐在さんとしてほんの一瞬のご登場でしたが・汗)
青野さんの「青」と真田さんの技術班カラーを意識した、青と白の花束を持参し、入場の際受付にお預けしたのですが、「せっかくだから直接渡されては」とおっしゃっていただき、上演終了後に青野さんにお渡しすることが出来ました。
握手していただいた手の温かさは、今も忘れられません。

二度目に拝見したのは、青野さんが長年レパートリーとなさっていた一人芝居、井伏鱒二の「へんろう宿」です。
このお芝居では、とにかく青野さんの役者としての技量と反射神経に圧倒されました。
一人芝居ですから、様々な役を演じられたのですが、その役の入れ替わりの早いこと!
立て板に水の台詞の間に、幾人もの人物が現れては去って行く。
歩いている途中に役が移ると、次の一歩の前に姿勢から動きから全てが変化する。
しかも登場人物の大半が女性で、幼児から老婆まで年齢層も幅広い。
その上、老婆の他に更に高齢の大老婆までいて、それを見事に演じ分けていらっしゃいました。
しかししかし、この演目の白眉は、後半に現れた中年の労働者です。
酒を飲みながら、幾世代もの女達の健気さを思い、薄倖を嘆じる、その心情の深さ。
ふと生じた縁からも人の世の切なさに感じ入り、他人のために悲しむことの出来る、人間の優しさ。
「青野武」という俳優の「核」となるものが何なのか――あの演技に触れて、少し分かったような気がいたしました。

ずっと青野さんの演技を追ってこられたヤマトファンの方がおっしゃっていたのですが、「シリーズが進むにつれ、声優さんご自身もヤマトのストーリーやキャラクター像に違和感をコメントされることがあっても、青野武さんは決してそのようなことはおっしゃらなかった」とのことです。
このことを伺って、青野さんのお人柄に改めて感じ入りました。
もちろん、違和感を表明された声優さんを非難するわけではありません。
ただ、青野さんが大事にされていたことが何なのか、ご自分の役や作品のファンに、どれほど温かい気持ちを注いでいらっしゃったか、その顕れを見たように思うのです。


以下のリンク先は、青野さんが生前お書きになったコラム「役者一筋」の第19回です。
「宇宙戦艦ヤマト復活篇」に参加なさった時の、故西崎義展氏との会話が記されています。

http://www1.hinocatv.ne.jp/wildcats/yakusha19kara.html

初読の際は落涙を抑えられませんでした。今読み返しても目頭が熱くなります。
青野さん、西崎さん、どうぞ、安らかにお眠り下さい………
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ