ジュニアがゆく。

 

        ヨネ吉と三菱パジェロJr LYNX のお気楽なお話。

カレンダー

2016年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

パジェロJrとは。

1995年、パジェロシリーズ(当時)の第3弾として登場。パジェロミニの大きな弟分。パジェロミニをベースに、ワイドフェンダーのボディや新開発の1.1L直4専用エンジンを搭載したSUV。4WDシステムには走行中でも切り替え可能なイージーセレクト式トランスファーが付き、高い走破性を秘める。1998年、パジェロ・イオにバトンを託し生産終了。
 ちなみに、ヨネ吉のパジェロJr LYNX は3速AT、最高出力80馬力、最大トルク10.0kgm


LYNXとは。

97年に追加されたパジェロJrの特別仕様車。動力性能などは変わらないが内外装において専用パーツを使ったりとちょっぴり豪華版。ちなみに、「LYNX」(リンクス)とは北米・ユーラシア大陸に生息する山猫のこと。

自己紹介:ヨネ吉とは。

 もともとは、バカがつくくらいのライダー。10代後半の頃から乗り始めその総走行距離は20万キロを超す。車デビューは遅くて20台半ば。当初は、競技向けオートバイを運ぶ車(トランポと呼ぶ)が必要になってきたために免許を取得、所有してたりしたあたり、ちょっと変わったデビュー。当時は本気で「バイクの積めない車なんて役立たず」と思ってたりもした。ちなみにこのときの愛車は三菱・ミニキャブ。
 20代後半になってオートバイ事故に遭い半年間入院した後、ライダーから一時身を引くことに。車の楽しみを知るためにパジェロJrを購入。そんな経緯もあってまだまだペーペーの青二才ドライバー。

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
1 2 3 4 5 | 《前のページ | 次のページ》
/73 
 
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ