小樽の話。  Age Old Stars

キーボードの重み。

もう昨年の話なのだけれど。
2015年5月。
初めて、AOSで、キーボードのAPさん抜きでのライブに出たことがあって。
初。
私がメインキーボード!!
恐ろしかったのなんのって(笑)
終わって泣き崩れそうになったくらいに、緊張でした。
キーボードの重みは大きい!!
師匠の偉大さを身に染みて感じた一日。
実はこの詳細、別サイトに書いていたのだけれど、ちょっとお引越しして。
胸の内切々と語らせて頂きやす。
言い表せないくらいの緊張、、、だったんだけど。
いや本当、楽しかったんだよー!!
機会、、はもうそうそう無いけど。
あっても困るけど!!
も一回くらいはやってみたいかなvv

以下、ライブ直後の心境にて。
緊張と興奮覚めやらず、の状況。
ていうか文章長すぎ(笑)

***

小樽ライブから一夜明けて。
腕が重く、全身が痛い不思議。
昨日の自分の全力具合がわかるなと。
全力?
全力でしたとも!
必死!!(笑)
キーボーダーの偉大さを感じました。

5月10日。
小樽公会堂にて。
AOS、演奏して来ました!
ちょっと風が強かったけど、天気も良くて。
築100年という歴史的な建物を満喫しつつ。
お庭に綺麗な桜も見れて、ご満悦vv
なんて。
演奏終わるまでは、一切そんな余裕なんてなかったけどvv

今回は、珍しいことに。
キーボードのAPさんがお休みで。
臨時キーボーダーをして来ました!
緊張した、っていうか。
終わった瞬間、泣きそうなくらい
抜け殻になりました…
なんていうか。
怖かったよー!!!(笑)

緊張の始まりは、練習から。
始めは、音を出すだけでドキドキで。
基本小心者なもので、音も小さくこじんまり…してたら怒られたけど(笑)
初日は鍵盤から顔上げられなくて。
見なきゃ弾けないんだけど。
それよりも自信の無さのあまり、弾いている時は誰とも目線合わせられなくてvv
いるのは、いつものメンバーなのに。
とにかく緊張、ドキドキ。
あれ、私どこかで鍵盤弾いていたっけ?って
本気で思ったくらい。
帰りはもうグッタリというか、ションボリ。
一人で弾いていると出来そうな感じだったのに、いざ弾いたら出来なくてね。
そんな一回目。

二回目の前に。
個人練習。
弾けない、弾けない。
弾けてるよーな、弾けてないよーな。
やはり自信ない。
おかげで練習日まで気持ち重かったー。
仕事が早く終わったのを幸い、開始時間前にムズムズ練習して。
合わせて、ちょっとホッ。
弾けたー!
怪しいとこ多々あるけど
なんとかなりそーな気配!!
良かったー!
後はこれを何度も繰り返して体に入れること。
弾けるとなれば、急に楽しくなるもので。
ちょっとノリノリで弾いてみたり。
まだうまく歌えなかったけどvv
それまでの練習期間には、
やってみたくて受けたんだけど
なんでこんな難しいこと受けちゃったんだろうって、本気で思ったんだけど。
二回目練習は楽しかったーvv

本番前ラスト練習。
だいぶ安定感は出て来た気がする。
弾いて、歌う。
あくまでも
私のポジション、コーラスですからね。
歌えないと意味がない。
なんか一部危うい気がするけど、
まぁなんとか。
本番はテンション上がれば大丈夫!
と自分に言い聞かせてvv
実際練習はなんとかそれらしくなってたと思うんだけど、本番どーだったのかな。
録音あり?
聴くの怖いー!

本番。
始まる前。
何が心配って、コードより音より、
セッティングが、心配で心配で。(笑)
普段そこはやらないからねー。
ちゃんとやり方確認もしたし、実際繋いでみたし、イメトレもしたし。
大丈夫、大丈夫!
されど。
発電待ちの、落ち着かない数分。
出た!良かった!
とりあえず一安心で、始まる演奏。
実際どうだったのか?
それは聴いた人のみぞ知る、で(笑)
とりあえず。
無事、終わりましたvv
予想外のところ間違えたけど、
ちょっと音違うの気付いたけど、
でも、全力で弾けたし!
全力で歌えたから、
良かったということで(*´艸`*)♡

なにはともあれ。
メンバー不在の臨時ポジションで、
AOSのイメージを崩さずに済んだなら
本気でそれが何よりの話!!
私個人としては
うん、身に余る大役だったけど、
楽しかったー!!

聴いて下さった皆さま。
温かく見守って弾かせてくれたメンバー。
ありがとうございました!!
そんで。
もちろん。
またAPさんがお休みの時は、
もう弾きませんー!!!
だって怖かったもーん!!
全力投球→全力抜け殻
演奏終わった時、本気で泣きそうでした(笑)
今回限りのスペシャルってことでvv
良い経験したなっと。
まぁ、また機会があったらね(*´罒`*)♫

小樽ライブ!
『おたる歴史紀行 音楽きこう』
AOS演奏、楽しかったー!!

***

これを読んだメンバーからは
「え、そんなに!?」
とお言葉を頂きまして。
…そんなに、だったんですよー。(笑)
基本、小心者で。
前に出るのがとにかく怖いんです。
芝居だとある程度平気なのにね。
不思議なものだ。
0




AutoPage最新お知らせ