2014/3/26

ハクビシンの話 (3)  ハクビシン

 さてハクビシンは独特の匂いなど無い,あるいはほとんど匂いがしない,また,タヌキを引き合いにだして,タヌキは臭いと書いてきました.ところがタヌキは臭いということだけを強調していいのかという疑問が出てきました.

クリックすると元のサイズで表示します
 箱ワナで捕まえたタヌキ

 昨年のことです.ミカンの被害をくい止めるためハクビシンを捕まえて食っているという私の記事をみたカメラマン&ルポライターからメールが届きました.これまでイノシシやシカの記事をある農業雑誌に書いてきたがこんどハクビシンを取り上げたい.ミカンの収穫シーズンに捕まえたとき電話をしてほしい,すぐに飛んでいくので協力してくれないかというものでした.私は優しいひとのいい人間なのです.まあ,私でできることなら強力しますと返事をしました.

 さて時は過ぎ,ハクビシンのシーズンです.じゃなかったミカンの収穫が始まりました.人間が収穫をはじめる少し前からハクビシンたちは収穫にかかっています.それが,彼らのミカンの食べる量は生半ではありません.徹底しています.当方のミカンの木は40年以上経っていますのでミカンも沢山実をつけます.多い木では100キロcを軽く越えます.それが,一週間も経たずに食い尽くされてしまうのです.とても1匹の仕業とは思えません.しかし,1匹かもしれません?というのは,箱ワナで捕まえてしばらくの間生かしておくためミカンを与えると沢山食べます.捕まえたその日から,いや捕まえた箱ワナを見つけたその瞬間からミカンを与えると食べます.神経が図太いのか,人間を恐れないのかそれとも大食いなのでいやしんぼなのか.4年だったか5年だったか,与えられる餌を拒絶し続け,絶食をしたまま死んでしまった水族館のオオグソクムシとは大違いです.私の大好きなアカメは大人(成魚)になると人間に捕まってからは,与えられる餌をなかなか食べません.水族館でも手こずっているようです.絶食して与えられる餌には見向きもせずに飢え死にしてしまう個体が多いといいます.ああそれなのに,オイ,ハクビシンはなんだ「恥を知れ恥を」などというつもりはありませんが.それにしても.

 あれ,タヌキは臭いということからえらく脱線してしまいました.そうそう,取材の話でした.
1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ