2018/9/30

イノシシ獲った  害獣駆除

 
 台風24号が近づく9月30日、午前中仕掛けてあったワナをみまわると小型のイノシシが掛かっていました。

クリックすると元のサイズで表示します
 約30キロの雄。

 小型で良かった。

 大雨になる寸前に解体処理が終わりました。午後、家の中で骨抜きをして完了です。
0

2018/9/30

(7)ミミング 極端なブレード違い  ミミング

 ミミングの極端なブレードの違いを紹介します。
 1つは幅広ブレード、1つはノーマル、1つは極小ブレードです。
 極幅広ブレードを初めて見たときは、仰天しました。これは何だ?入手したこのセット以外には単品でもこれまで一度も見た事がありません。おそらく試作品だと思います。
クリックすると元のサイズで表示します
上左セット:幅広ブレード 上右セット:極小ブレード 下セット:ノーマル

クリックすると元のサイズで表示します
 上:幅広ブレード 中:ノーマル(1954年以降)下:極小ブレード

クリックすると元のサイズで表示します
 上:極小ブレード 中:ノーマル 下:幅広ブレード

クリックすると元のサイズで表示します
幅広ブレードセット

クリックすると元のサイズで表示します
ノーマルブレードセット

クリックすると元のサイズで表示します
極小ブレードセット

クリックすると元のサイズで表示します
幅広、ノーマル、極小のMIMINGの刻印

 幅広ブレードのMIMINGの刻印はGERBER-MIMINGです。ノーマルはGERBER・MIMING
になっています。-と・の違いが幅広ブレードの製造時期を示しています。
 非常に珍しいステーキナイフにWASKYという製品が存在します。ごく短期間正式に販売されたものです。1956年に製造販売されています。このWASKYの打刻が
GERBER-WASKYなのです。ですので、幅広ブレードミミングは1956年に製造されたと考えます。
 極小ブレードは、これも珍しいものです。ハンドルの形状から1950年か51年に製造されたものではないかと思います。私が入手した2つのセット以外に見た事がありません。

 WASKYはまた別項でくわしく紹介します。



1

2018/9/29

(28)マーフィーステーキナイフセット  ナイフ販売


ガーバー社がナイフビジネスに乗り出すきっかけとなったマーフィー・ナイフは、BARTEAUX(バートゥー)のナイフとともに製法がブレードを古いアルミニウムのピストンを溶かし、鋳造するというもので、質実剛健、とてもすぐれたナイフでした。基本的にガーバーもこの製法を引き継いでいます。
 ナイフはサビやハンドルの腐食で機能を失っていきます。サビは手入れをすることで防げますが、天然素材のハンドルは水分や汚れの侵食を完全には防げません。そのため、限界があるのですが、ガーバーが引き継いだアルミキャストハンドルはこれを完全に解決しています。
 ガーバー社は多くのナイフを販売し利益を上げていきます。ナイフビジネスのパートナーであったマーフィー氏もそれを見習って、ウオールナットの箱に入れ販売を始めます。しかし、販売のノウハウや販売網のことなどで、余り成功しなかったようです。
 マーフィー氏はナイフには名前をつけずに、セットの箱に名前を付けていたようです。カタログを見ると判ります。

 今回、販売するナイフのセットは、どんなに早くても1940年以降の製品です。ガーバー社がマーフィーナイフを仕入れて販売を始めるのが1939年です。当時の製品は全てウオールナットの箱に収められたカービングナイフとステーキナイフのセットでした。ガーバー社のナイフビジネスは大成功するのですが、数年後、マーフィー氏の納入価格値上げ交渉ははねつけられます。マーフィー氏はガーバー社への製品納入を止めます。
 マーフィー氏は1939年以前は単品で販売していました。それを化粧箱に入れて販売を始めるのはガーバー社です。
 マーフィー氏もそれを見習って箱に入れたセットで販売を始めます。
 

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
箱の裏の焼き印はマーフィーのロゴタイプ

クリックすると元のサイズで表示します
 ナイフのブレードもハンドルもメッキは施されていません

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
 ハンドルの刻印は下部のMURPHYだけです

クリックすると元のサイズで表示します

 状態:未使用です。研ぎ痕もスレもありませんが、ブレードにくもりが有ります。サビはありませんので磨けばきれいになります。
 箱はスレがありますが、キズや割れはありません。

 販売価格:60.000円
0

2018/9/27

(6)扁平ハンドルミミング  ミミング


 1953年製造 扁平(扁平ハンドルというのは1954年から後に製造されるハンドルが丸いものと比べて、平らなという意味です)ハンドルミミングです。

ミミングは1939年から製造されます。用途はステーキナイフでガーバー社のナイフで最も長く、最も多く製造されたナイフです。

ミミングの大きな変化

(1)1939(銘なし・刻印なし)TRUNCATED HANDLE
(2)1941-(左側:GERBER)この年までマーフィー氏が製造。ブレード材は帯鋸工具鋼。
(3)1945(左側:MIMING)
(4)1946(右側:GERBER、左側MIMING、後に右側GERBER-1946)
(5)1947(右側:GERBER-1947、左側:MIMING)
(6)1947(右側:GERBER、左側:MIMING)
(7)1948(右側:GERBER-10“創立10年”、左側:MIMING)
(8)1949(右側:GERBER-11“創立11年”、左側:MIMING)
(9)1950(右側:GERBER-12“創立12年”、左側:MIMING)
(10)1950(右側:GERBER、左側MIMING)極端にブレードが小さいミミング。
(11)1951(右側:GERBER、左側:MIMING)、後半、ROUND END HANDLEに切り替わる。アルミニウムの供給不足のためベークライトに切り替えて製造
(12)1952(下側:MIMING)ハンドル扁平メッキなし
(13)1952(下側:GERBER・MIMING)ハンドル扁平メッキなし
(14)1953(下側:GERBER MIMING)ハンドル扁平メッキあり
(15)1954-70'代(下側:GERBER・MIMING エクスカリバーマーク)ハンドルメッキ有り
(16)1961年頃(下側:GERBER・MIMING エクスカリバーマーク)極幅広ブレード(極短期間、あるいは試作品)
(17)1965(下側:GERBER・MIMING エクスカリバーマーク)キャッツタングハンドル(試作品?)

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
このロゴタイプの焼き印は1947年から1954年まで使われます

紹介するナイフは(14)です。1945年以降、自社生産を始めてから1950年前半は少しでも良い製品にしようと、努力した結果、多くのバラエティーがあります。

この時代のミミングは製造数も少なくバラエティが多いので集めても楽しいものです。

ミミング・扁平ハンドル
●全長:約21.3p ●ブレード長:約8.1p ブレード材:ハイス鋼・クロームメッキ ●ハンドル材:アルミキャスト・クロームメッキ

0

2018/9/26

(5)最初期ミミング8本入り  ミミング

 1939年、それまでの広告会社とは別にナイフ販売専門のガーバー・ハンドメイド・ブレード(Gerber Hand Made Blades)が創立されます。主にデビッド・ゼパニヤ・マーフィー(David Zephaniah Murphy)のナイフを販売するようになり、ポートランドで造られていたBARTEAUX(バートゥー)というナイフメーカーのナイフも当時、ガーバー社で販売されています。
 主に、切り盛り用のカービングナイフ(Carving knife)が製造されました。ナイフに名前はありませんでしたが、ジョイユース(Joyuse)、バルムンク(Balmung)とエクスカリバー(Excalibur)及びミミング(Miming)の原型となります。発売当初は刻印は無く、1940年に左側のみに『GERBER』と記されます。
 今回紹介する8本入りウオールナットボックスは、付属のカタログから販売されたのは1941年だとわかります。入っているミミングは1939年から’40年に製造されたもので、ハンドルに銘は入っていません。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 ミミングの最初期の製品です。
1

2018/9/25

(4)ミミング1947ウオールナット箱入り  ミミング

ミミングは1939年から製造されます。ガーバー社のナイフで最も長く、最も多く製造されたステーキナイフです。
 ミミングは単品では販売されませんでした。すべて箱入りで、木製あるいは紙製の箱に収められていました。少数ですが、木製のトレーに収められたもの、またはミミング専用のナイフ立てに収められて販売されたものもあります。箱入りでもミミング単独のセット、あるいは他のカービング・キッチンナイフと混合のセットなど様々な組み合わせで販売されました。
 長い事、ミミングを熱心に収集してきました。完集に近いのではないかと思ったりしましたが、後からあとから変わったミミングが現れて、ガーバーがいかに良いナイフをつくろうとしていたか伺い知る事ができます。

-ミミングの大きな変化-

(1)1939(銘なし・刻印なし)TRUNCATED HANDLE(Hまで)
(2)1941-(左側:GERBER)この年までマーフィー氏が製造。ブレード材は帯鋸工具鋼。この年、大戦のためナイフビジネスを中断。
(3)1945(左側:MIMING)、この年からナイフビジネスを再開、自前でナイフの生産を始める。
(4)1946(右側:GERBER、左側MIMING、後に右側GERBER-1946)
(5)1947(右側:GERBER-1947、左側:MIMING)
(6) 1947(右側:GERBER、左側:MIMING)
(7)1948(右側:GERBER-10“創立10年”、左側:MIMING)
(8)1949(右側:GERBER-11“創立11年”、左側:MIMING)
(9)1950ブレード短(右側:GERBER-12“創立12年”、左側:MIMING)
(10)1950ブレード長(右側:GERBER-12“創立12年”、左側:MIMING)
(11)1950(右側:GERBER、左側MIMING)極端にブレードが小さいミミング。
(12)1951(右側:GERBER、左側:MIMING)、後半、ROUND END HANDLEに切り替わる。アルミニウムの供給不足のためベークライトに切り替えて製造
(13)1952(下側:MIMING)ハンドル扁平メッキなし
(14)1952(下側:GERBER・MIMING)ハンドル扁平メッキなし
(15)1953(下側:GERBER MIMING)ハンドル扁平メッキあり
(16)1954-70'代(下側:GERBER・MIMING エクスカリバーマーク)ハンドルメッキ有り
(17)1961年頃(下側:GERBER・MIMING エクスカリバーマーク)極幅広ブレード(極短期間、あるいは試作品)
(18)1965(下側:GERBER・MIMING エクスカリバーマーク)キャッツタングハンドル(試作品?)

 今回紹介するのは(6)です。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
ロゴタイプが箱の表側に焼き印で押されています。このロゴは1947年から1954まで使用されます。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 ブレードは帯鋸工具鋼でハンドルはアルミキャスト。メッキは施されていません。
 ●全長:約20.7p ●ブレード長:約7.8p 
0

2018/9/25

(27)ミミング1947 ウオールナット箱4本セット  ナイフ販売


 ミミングのウオールナット箱入り(4本)セットです。

クリックすると元のサイズで表示します
 未使用美品です。
クリックすると元のサイズで表示します
 ロゴタイプが箱の表側右下にあります。このロゴは1947年から1954年まで使用されます。
クリックすると元のサイズで表示します
 みごとな木目のウオールナットが使われています。
クリックすると元のサイズで表示します
 箱は全体としてきれいな状態ですが、裏側にスレキズがあります。
クリックすると元のサイズで表示します
 ミミングの右側:GERBER、左側:MIMINGが打刻されています。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
 
 状態:ミミングは未使用です。ブレードもハンドルにもメッキは施されていません。ブレードにうすいサビが出ているものがあります。箱には経年のダメージがあります。

 ●全長:約20.7p ●ブレード長:約7.8p ●ブレード材:帯鋸工具鋼 ●ハンドル:アルミキャスト

 この時代の未使用は希少です。

 販売価格:38.000円
0

2018/9/23

ショウティー(2)  

 
 初期のショウティーです。

クリックすると元のサイズで表示します
 ジェットハンドル・ショウティー
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
 上@ラウンドエンドハンドル 試作品
  Aベークライトハンドル(ジェット)
  Bラウンドエンドハンドル ハンドル下側 GERBER・SHORTY
C同上
  D同上
  Eクローム・ハンドル
  Fスチール・ハンドル(キャットタング)
クリックすると元のサイズで表示します
0

2018/9/22

ハクビシン獲った  害獣駆除


 2018.9.16 密柑山へ行くと少しだけ植えてある極早生をはやくもハクビシンが食べていた。
 奥から3本完全に食べ終えて、4本目にとりかかっている。
 山から電話をして、かみさんに餌にする梨の購入を頼んだ。
 「自分らあもよう買わん高い梨を餌にするが?」とけちくさいこという。
 「ハクビシンを1匹捕まえたら1シーズンで数万円被害が防げらよ」と説得して梨を買ってきてもらった。
 翌17日、梨を半分に切ってワナの餌にして、半分は自分が食べ、食べ始めているミカンの木の株のところに仕掛けた。
 18日に見に行くと、ノーヒット。
 19日もノーヒット。
 20日、21日と違う場所で仕事のため見回りに行けなかった。
 22日、見に行くとしめしめかかっている。クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

 それにしても、ハクビシンはすごいです。沢山あるミカンの中から少ししか植えていない極早生だけをめがけて来ます。
 試食しながら見つけるのではなく、どうやら臭覚だけで、食べ頃かそうでないかを見分けるようなのです。
0

2018/9/21

ショウティー その(1)  ショウティー

 ガーバーで2番目に製造されたハンティングナイフです。1948年から製造されます。製造が2番目とはいえ、最も長期にわたって製造が続けられたハンティングナイフなのです。
 一番最初のハンティングナイフは、アバークロンビー&フィッチから製造を依頼されて1947年からラム・パターン・ハンドルのアバークロンビー&フィッチ・ハンターが作られ納められます。
 ショウティーの製造は長期間にわたるため、沢山のバラエティがあります。ブレードは最初からハイス鋼でかわりませんが、ハンドルの変化がとても多いので集め甲斐があるナイフです。

クリックすると元のサイズで表示します
 上段が1948年製造の最初期ショウティーです
 下段は1949年から1950年にかけて製造されたものです
クリックすると元のサイズで表示します
 上段が最初期1948年製造
クリックすると元のサイズで表示します
 上段が1948年 ハンドル右側にGERBER-10
下段が1949-1950年にかけて製造 右側GERBER
ハンドルの形状が少し違います
クリックすると元のサイズで表示します
 1948年最初期ショウティー ハンドル左側にSHOTY
クリックすると元のサイズで表示します
1949-50ショウティー ハンドル左側にSHOTY

 ハンドルとともにブレードの形状にも違いがあります。

 1948年製造はブレードにもハンドルにもメッキは施されていません。このナイフは1948年だけの製造でとても希少な珍しいナイフです。ハンドル右側に「GERBER-10」が打刻されており、10は創業年から10年目ということを示しています。
 1949年以降ブレードにメッキがされます。

1

2018/9/20

1947年カービングナイフセット試作品  珍品・希少品

 アメリカのオークションでこれを見つけたときは驚きました。ガーバーのナイフでは、これまで一度も見た事のないナイフの形状でした。ブレードしかりハンドルしかり。
 マーフィー氏のデザインのナイフとは一線を画します。ブレードもハンドルもふっくらと丸みを帯びています。
 ハンドルには右側にGERBERのみです。
 ドロップポイントのブレードにもハンドルにも当時はめずらしい分厚いクロームメッキが施されてびかびかと輝いています。
 ナイフの説明も詳しくはなく、「1947年のプロトタイプで珍しいもの」だけでした。
 
 これはすごい。とにもかくにも落札せねばなるまい!
 正解でした。
 これ以降、このセットは落札したもの以外みたことがありません。どの文献にも見あたりません。

 1947年から、アバクロンビー&フィッチの注文でガーバー社最初のハンティングナイフも製造されました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
ウオールナット箱底のロゴの焼き印は1947年から1954年まで使われたもの

クリックすると元のサイズで表示します

 このセットも珍品中の珍品です。

 販売済み
1

2018/9/20

(3)1950年ミミングタイプ違い  ミミング

ミミングは1939年から製造されます。ガーバー社のナイフで最も長く、最も多く製造されたステーキナイフです。
 ミミングは単品では販売されませんでした。すべて箱入りで、木製あるいは紙製の箱に収められていました。少数ですが、木製のトレーに収められたもの、またはミミング専用のナイフ立てに収められて販売されたものもあります。箱入りでもミミング単独のセット、あるいは他のカービング・キッチンナイフと混合のセットなど様々な組み合わせで販売されました。
 長い事、ミミングを熱心に収集してきました。完集に近いのではないかと思ったりしましたが、後からあとから変わったミミングが現れて、ガーバーがいかに良いナイフをつくろうとしていたか伺い知る事ができます。

-ミミングの大きな変化-

(1)1939(銘なし・刻印なし)TRUNCATED HANDLE(Hまで)
(2)1941-(左側:GERBER)この年までマーフィー氏が製造。ブレード材は帯鋸工具鋼。この年、大戦のためナイフビジネスを中断。
(3)1945(左側:MIMING)、この年からナイフビジネスを再開、自前でナイフの生産を始める。
(4)1946(右側:GERBER、左側MIMING、後に右側GERBER-1946)
(5)1947(右側:GERBER-1947、左側:MIMING)
(6) 1947(右側:GERBER、左側:MIMING)
(7)1948(右側:GERBER-10“創立10年”、左側:MIMING)
(8)1949(右側:GERBER-11“創立11年”、左側:MIMING)
(9)1950ブレード短(右側:GERBER-12“創立12年”、左側:MIMING)
(10)1950ブレード長(右側:GERBER-12“創立12年”、左側:MIMING)
(11)1950(右側:GERBER、左側MIMING)極端にブレードが小さいミミング。
(12)1951(右側:GERBER、左側:MIMING)、後半、ROUND END HANDLEに切り替わる。アルミニウムの供給不足のためベークライトに切り替えて製造
(13)1952(下側:MIMING)ハンドル扁平メッキなし
(14)1952(下側:GERBER・MIMING)ハンドル扁平メッキなし
(15)1953(下側:GERBER MIMING)ハンドル扁平メッキあり
(16)1954-70'代(下側:GERBER・MIMING エクスカリバーマーク)ハンドルメッキ有り
(17)1961年頃(下側:GERBER・MIMING エクスカリバーマーク)極幅広ブレード(極短期間、あるいは試作品)
(18)1965(下側:GERBER・MIMING エクスカリバーマーク)キャッツタングハンドル(試作品?)

 前回までは(17)でしたが、(6)を加えましので(18)に増えました。(8)と(9)のことを書いてみます。
 右側:GERBER-12“創立12年”、左側:MIMINGには、ブレードが長いタイプ、短いタイプがあります。

 
クリックすると元のサイズで表示します
 ブレードの長短 上が長いタイプ 下が短いタイプ

クリックすると元のサイズで表示します
 ブレードの長短 上が短いタイプ 下が長いタイプ
クリックすると元のサイズで表示します
 アバクロンビー&フィッチが販売したブレード長タイプ
クリックすると元のサイズで表示します

 
1

2018/9/17

イノシシ獲った  害獣駆除

 
 9月14日、イノシシを捕まえました。

 きょう(9月17日)、ミカン畑で仕事をしていると、少しだけある極早生ミカンが美味しそうなので試食をしてみました。
 酸も抜けていて、とても美味しい。家族にふるまおうと30個ほど収穫しました。一段下の畑に行くと吃驚、奥の方から順番にハクビシンがたべてしまっています。
奥から3本が全滅、4本目に取りかかっているではありませんか。
 明日、梨を餌にして箱ワナをしかけることにしました。

 上の方の畑に行くと、イノシシがミミズを掘り返して食べています。穴だらけです。何と、早くもイノシシもミカンを食べ始めています。
 早くワナを増設しないと昨年のように2トン以上も食べられるかも。

 クリックすると元のサイズで表示します
0

2018/9/13

なんじゃ これ!スニッカーズニー(MADE IN U.S.A)  珍品・希少品

 1962年から販売された木製シースのキッチンナイフシリーズ。その中のスニッカーズニー(Snickersnee)です。このシーリズ中このナイフはそれほど珍しいものではありませんが、ハンドルを見て下さい。

クリックすると元のサイズで表示します

 ハンドル下側にGERBER.SUICKERSNEE エクスカリバーマーク、ここまでは普通なのですが、続いてMADE IN U.S.Aと打刻されています。
 これは珍しいもので、これまで一度だけ、マグナム・ハンターで見た事がありますが、キッチンナイフでは初めてです。後のフィスカーズに買収されてからの製品にU.S.Aの刻印はよく見ますが、字体がまるで違うものです。
 オールドガーバーでは極めて珍しいものです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2018/9/11

(2)マーフィーナイフ  ミミング


 ガーバー社がナイフビジネスに乗り出すきっかけとなったマーフィー・ナイフは、BARTEAUX(バートゥー)のナイフとともに製法がブレードを古いアルミニウムのピストンを溶かし、鋳造するというもので、質実剛健、とてもすぐれたナイフでした。基本的にガーバーもこの製法を引き継いでいます。
 ナイフはサビやハンドルの腐食で機能を失っていきます。サビは手入れをすることで防げますが、天然素材のハンドルは水分や汚れの侵食を完全には防げません。そのため、限界があるのですが、ガーバーが引き継いだアルミキャストハンドルはこれを完全に解決しています。
 ガーバーは多くのナイフを販売し利益を上げていきます。ナイフビジネスのパートナーであったマーフィー氏もそれを見習って、ウオールナットの箱に入れ販売を始めます。しかし、販売のノウハウや販売網のことなどで、余り成功しなかったようです。

 マーフィー・ナイフを少し紹介します。

 マーフィー氏はナイフには名前をつけずに、セットの箱に名前を付けていたようです。
 

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
 箱の底に押されたマーフィーのロゴタイプ

クリックすると元のサイズで表示します
 
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
 ハンドル下にMURRHYのみ
クリックすると元のサイズで表示します
 マーフィー氏はナイフに名前を付けていなかったようです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
 ステーキナイフの4本セットの箱の下側 左側にはフェルトの緩衝材あり、ロゴタイプなし 右はフェルト無し ロゴタイプあり

1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ