2018/9/20

1947年カービングナイフセット試作品  珍品・希少品

 アメリカのオークションでこれを見つけたときは驚きました。ガーバーのナイフでは、これまで一度も見た事のないナイフの形状でした。ブレードしかりハンドルしかり。
 マーフィー氏のデザインのナイフとは一線を画します。ブレードもハンドルもふっくらと丸みを帯びています。
 ハンドルには右側にGERBERのみです。
 ドロップポイントのブレードにもハンドルにも当時はめずらしい分厚いクロームメッキが施されてびかびかと輝いています。
 ナイフの説明も詳しくはなく、「1947年のプロトタイプで珍しいもの」だけでした。
 
 これはすごい。とにもかくにも落札せねばなるまい!
 正解でした。
 これ以降、このセットは落札したもの以外みたことがありません。どの文献にも見あたりません。

 1947年から、アバクロンビー&フィッチの注文でガーバー社最初のハンティングナイフも製造されました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
ウオールナット箱底のロゴの焼き印は1947年から1954年まで使われたもの

クリックすると元のサイズで表示します

 このセットも珍品中の珍品です。

 販売済み
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ