2018/9/30

(7)ミミング 極端なブレード違い  ミミング

 ミミングの極端なブレードの違いを紹介します。
 1つは幅広ブレード、1つはノーマル、1つは極小ブレードです。
 極幅広ブレードを初めて見たときは、仰天しました。これは何だ?入手したこのセット以外には単品でもこれまで一度も見た事がありません。おそらく試作品だと思います。
クリックすると元のサイズで表示します
上左セット:幅広ブレード 上右セット:極小ブレード 下セット:ノーマル

クリックすると元のサイズで表示します
 上:幅広ブレード 中:ノーマル(1954年以降)下:極小ブレード

クリックすると元のサイズで表示します
 上:極小ブレード 中:ノーマル 下:幅広ブレード

クリックすると元のサイズで表示します
幅広ブレードセット

クリックすると元のサイズで表示します
ノーマルブレードセット

クリックすると元のサイズで表示します
極小ブレードセット

クリックすると元のサイズで表示します
幅広、ノーマル、極小のMIMINGの刻印

 幅広ブレードのMIMINGの刻印はGERBER-MIMINGです。ノーマルはGERBER・MIMING
になっています。-と・の違いが幅広ブレードの製造時期を示しています。
 非常に珍しいステーキナイフにWASKYという製品が存在します。ごく短期間正式に販売されたものです。1956年に製造販売されています。このWASKYの打刻が
GERBER-WASKYなのです。ですので、幅広ブレードミミングは1956年に製造されたと考えます。
 極小ブレードは、これも珍しいものです。ハンドルの形状から1950年か51年に製造されたものではないかと思います。私が入手した2つのセット以外に見た事がありません。

 WASKYはまた別項でくわしく紹介します。



1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ