2018/10/16

三姉妹 キッチンシリーズ、シールドセット 最初期  珍品・希少品

 10月12日の記事の三姉妹の説明で、最初の製品だと紹介しました。ところがナイフの整理をしていて、三姉妹が出てきました。よく見ると、ハンドルがメッキ無しなのでした。
 ハンドルメッキ無しはこれまで、1952年の製造だと紹介してきましたが、この三姉妹の製品が現れるのは1953年からです。
 ですので1953年にはメッキ無しとメッキ有りの三姉妹がありるというこになります。まあ、三姉妹が発売されたときに、メッキ無しの製品も残っていたので、最初はそれを使った、と、言う事も考えられます。1953年の何月からハンドルに鍍金が施されはじめたのかは不明です。が、どちらも、短期間のとても珍しい製品です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
 ブレードが逆に取り付けられたピキシーは1952年からあるのではなく、1953年のハンドルメッキ無しからメッキ有りにかけて製造されたものなのでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
 ガーバーが自前でナイフの製造をはじめてから1950年代初期までのナイフは、良いものを作ろうと試行錯誤の課程が見て取れます。短期間のうちに沢山のバラエティがあり、面白いものです。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ