2008/2/12

狩猟-解体つづき  獲物の処理法

 さて、骨抜きですがこれがたいへんです。

 相棒からその方法を教わったのですが、相棒も素人で近くの猟師のやり方を見よう見まねで教えてくれたものです。

 現在では肉は販売していますので肉をきれいにできるだけ多くとれるようにしています。当初はアバラ骨など外さずにまとめてすき取っていたのですが、現在は一本一本きれいに取り外しています。このアバラ骨のあいだの肉がとても美味しいのです。
 
 わたしはこうしてブロックごとに骨をはずしてから、こんどは部位ごとに切り分けます。ロース・モモ・バラ・ネック・アシなど。

クリックすると元のサイズで表示します
 画像左側はロースで右側がバラ肉です。700〜1000cほどに切り分けて密封できる袋に入れ空気をできるだけ抜いて冷凍保存をします。
2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ