2010/4/27

トラは死んでも皮を遺すが  

 虎とはちがい、イノシシは石けんになって泡となります。
  
 久しぶりのご褒美に妻と二人で物部村の別府峡温泉へ出かけました。ご褒美はもちろん妻だけではなく勤勉に励む私にもです。

 安芸市からのみちのりは、国道55線を西に芸西村、香南市の夜須町、香我美町、赤岡町、野市町から国道195号線で香美市の土佐山田町、香北町と通っていよいよ旧物部村という行程になります。別府峡温泉のある旧物部村の隣町「香北町」には有名なアンパンマンミュージアムがあります。
 
 アンパンマンミュージアムのすぐ前、道路に面して産直市があります。私たち二人は産直市ファンで、時間さえあれば、各地にたくさんできている「市」に立ち寄るのが楽しみです。さっそくここにも寄ってみました。沢山ある品のなかから私は晩柑の「せとか」を買いました。これは味見で仕事の延長です。見て回っていると、何と、「イノシシ石けん」というものがあるではないですか。手に取ってしげしげと眺め回しました。原料名は沢山あるのですがその中に「イノシシ脂」が確かに書かれています。製作所在地はこれから向かう旧物部村です。個人でつくられているようです。値段はなんと800円、牛乳石けんの2/3ほどのサイズですのでかなり高額ではないか?と思いました。しかし、個人が手作業で作るとなると手間やコストから見て、また希少性からこれ位の値段になるのかとも思ったのですが、これから向かう温泉にも置いてあるだろう、地元だからひょっとするともう少し安いかもしれない?などと思いながら棚に戻しました。
 
 さて、別府峡温泉に到着。

***************************
 物部川の源流・奥物部に静かなたたずまいをみせるべふ峡温泉。初夏は新緑、秋は紅葉、冬は雪景色…。ここは美しい自然に恵まれた別天地です。木をふんだんに使った本館の他、渡り廊下でつながるバンガローも。温泉は、
湯上がり後、体が長い間ポカポカすると評判です。ゆっくり温まったら、奥物部ならではのアメゴ料理やイノシシ鍋に舌鼓。仲間や家族といっしょに、心のそこからくつろいでください。

宿泊料 朝 食 夕 食 奉仕料 合 計
大 人 \4,700 \800 \2,100 \760 \8,360
小 人 \2,900 \800 \2,100 \580 \6,380
幼 児 \1,700   実費     \170  \1,870
※宿泊料(PM4:00〜AM10:00)を超過し休憩する場合は、別に休憩料をいただきます。
  但し連続して宿泊する場合は無料となります。
※年末・年始及びゴールデンウィークについては上記料金と異なる場合がございます。

 青文字は別府峡温泉HPより引用

****************************
 入浴だけの料金は一般が大人600円、小人300円、家族風呂が1,700円でした。

 秋には紅葉などの紅葉が素晴らしく、たくさんの観光客がありますが、4月はそれほどでもないため、600円払って入った温泉は独り占めでした。物部川の源流域のきれいな流れを見ながらゆっくりと楽しみました。
 
 やっぱりありました。「イノシシ石けん」。
クリックすると元のサイズで表示します
 値段は同じ800円。

 山に入る時、この石けんで身体を洗っておけば、ワナを設置してもイノシシに警戒されなくなるのではと期待をして買った。のではアリマセンが結局購入。香料も色々と入っているのでこのような期待は無理なようです。

 ここのレストランでは、ニホンジカの肉を料理してだしています。妻は「シカ肉バーガー」を注文し、私は「シカカツカレー」を食べました。
「これがたまるか、ぶったまげた」というほどは旨くはなかったのですが、まあ、それなりに美味しかったです。シカ肉は、他のお肉に比べ、脂肪やコレステロールなどが少なく、タンパク質や、鉄分を豊富に含んでいるので健康食品として推奨されているのです。

 温泉につかって、シカを食べて、イノシシ石けんを買って、さて。

 昨年秋のこと。

 別府峡から奥へ奥へと車を走らせ、この道はどこに行くのだろうと、みちなりにどんどん、ドンドン山を登りました。

 狭い道でその上、路上のわきには大きな岩、ちいさな石がたくさん落ちているのです。ガードレールはそれらでぐしゃぐしゃになり、ひん曲がり、千切れたりしています。道の上も、道から下も断崖絶壁というようなところがたくさんあります。

 妻は「引きかえそうではありませんか」としきりに口にするのですが、なんとかと煙は高みに登りたがるといいます。もう少し々と、「こりゃあスリルがありますなあ」とのんきなことを言いながらどんどんドンドン上って行くと「白髪山登山口」という案内板がありました。近くの木々には、ぐるりとネット状のものが巻かれています。
 ははあ。これはシカの食害防止ネットかとなっとくしました。
 
 こんどは下り道です。どんどんドンドン下って行くと、三嶺登山口がありました。そのまま進むと大栃にでて、もと来た道に合流。

 別府峡はもちろん道中もきれいな紅葉で堪能しました。春に来たら木々の芽吹きが見事だろうと思ったことでした。

 そこで今回もまたも同じ道をたどりました。

 今回は雨、落石のスリルは前回を凌ぎます。
 
 前回と違ったのは、シカの食害のひどさです。稜線を走る道路わきの、木々の皮が食い剥がされて、あわれな姿になっているのです。駆除も行なわれているようですが増える方がそれを上回っているようです。

 新緑を期待していたのですが、少し早すぎたようです。

 イノシシ石けんはいまだ未使用です。正月にでも使ってみようかな。
5

2009/6/12

厳しい生活-2  

クリックすると元のサイズで表示します
画像:2009年6月8日、ミカンの病害虫の防除をしていた息子が発見したイノシシの足です

イノシシは他の生き物と比べて特別に厳しい生活を強いられていることを紹介しました。

ミカンの世話をしていた息子が昼休み、弁当を食べながら「イノシシの足が落ちちょった」と言い始めたのです。「なにい」「イノシシの足が落ちちゅう」「どこへ落ちちょった?」場所を聞いてカメラをつかんで出かけました。ミカン畑のミカンの木の間に落ちているそうなのです。はてなマークが頭の中を駆回ります。

イノシシの足はそう簡単には落ちません。

どうしてミカンの木の下にあるのか。6月いっぱいまで害獣駆除がやられていて、私もミカン畑のまわりにワナを仕掛けてあります。一番の可能性はワナにかかったイノシシが暴れてワイヤーが首に巻き付きでもして死んでしまって、その後始末に参加した他の動物がここまで足を運んできたのか?そのほか●犬がイノシシを襲って倒したものをおこぼれを手に入れた他の動物がここまで運んできたのか。●病気か怪我で死んだものを他の動物が持って来たのか。???????

そういえば数日前、犬が数匹近くの山で吠えていました。だれかが猟犬を放して訓練と称したことをやっていたのかもしれません。

運んで来た他の動物?どんな動物が考えられると思いますか。

さて、私が思いつく動物を羅列してみましょう。
●ヒト
●犬
●タヌキ
●トンビ
●カラス
これぐらいしか思いつきません。ヒトはここは長野の畑だからびっくりさせてやれという悪戯。犬はあんまり可能性はたかくありません。カラスには荷が重すぎると思います。タヌキとトンビが最もうたがわしい。

あとで自分が仕掛けたワナを見回りましたが異常なしでした。
2

2009/5/15

イノシシの食み跡  

クリックすると元のサイズで表示します
画像:イノシシがミミズを食べようと道路を掘り返した跡です。

2009年5月13日、仕事場へ向かって山道を車で走っているとイノシシが数百メートルほど道ばたの落ち葉が積もった所や、道路の真ん中の土が柔らかく盛り上がっている所を掘り返していました。ミミズを求めての食み跡です。山に餌が少ない夏場によく見られます。

こうした食み跡の形跡でどれほどの大きさのイノシシか、だいたい見分けられるようになりました。
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ