2011/2/25

回答3  質問への回答

 2011.2.25 質問ご意見へのコメントです

**************************
 イノシシ母子
2011/1/28 12:14
農家に罠を進めても効果は在りません。行政が猟友会の賛助の下進めていますが、取った農家は立ち往生しています。同じやるなら最後まですべてさらけ出して5年10年のスパンで支援しなくては無理です。思惑を外さなくてはだめです。
**************************


 何を隠そう、私は農家です。農家が罠をやってたいへん成功していると思っています。これまでにも何度も書いてきていますが、何よりも被害を減らすことができます。やられっぱなしというのは、とても大変です。農業収入が減ります。サラリーマンですと給料がへることです。なにより恐ろしいのは、精神的にダメージを受けます。ひどいと生産意欲を失うことさえあります。反撃ができると人は生き生きとしてきます。狩猟免許を取った知り合いの農家は近隣で5世帯ありますが、全員生き生きと駆除に励んでいます。立ち往生した農家をしりません。

 それから「思惑を外さなくてはだめです。」とのご意見ですが、私には意味がよくわかりません。できましたら、再度ご意見をいただきたいです。

*************************
猟師になっちゃる
2011/2/11 15:39
  チョット 私も一言。  自分の土地での仕掛けもだめですか、 今の法律では、いのしし、猿、鹿の被害でで農村での作物の栽培は最早成り立ちませんのにね。 外国映画で猿が人間を支配する 「猿の惑星」と言うのがありましたが そうならないように 頑張りましょう。
**************************

 猿の被害もひどいですね。高知県東部の室戸市以東ではすごい被害です。私も山の中でミカン栽培していますので戦々恐々というところです。

**************************
ご質問への回答
2011/2/24 11:15
ありがとうございました。昨年、どうやら米田?あたりの猟をする人が裏山で捕獲したとか聞いています。その後は出没の話を聞きません。
スーパーカブは伝説的名車ですね。しかし、獲物を積んでの山道走行はコワイです。安全運転を、、。引き続き愛読しています。ありがとうございました。amego
*****************************

 amegoさん 問題可決といったところですね。よかったです。山道を走るときは気を付けます。ありがとうございました。
1

2011/2/24

回答2  質問への回答

 遅れて申し訳ありません。
*******************
 カスタムナイフ
2009/12/21 15:35
初めまして
製作者本人です。
当方、ブログにも遊びに来て下さい。
*******************


 使いやすいナイフです。いつも楽しくブログは見せていただいています。

****************************
初めての皮はぎ処理(イノシシ)
2010/5/29 20:40
うーん! どんどんはかどっていますね。きれいな丸裸です・途中でもうイヤ?になることはありませんか?
ここまでどのくらいの時間が掛かったのでしょうね。見るからに美味そうですね。 amego
****************************


 毛抜き処理ですが、個体によって抜けやすいもの、なかなか抜けないものがあります。後者ですと、もう、すぐにイヤになります。しかし、これはもうイヤでもやらないとしかたないのです。毛抜き処理には1時間から2時間ほどもかかります。

************************************
イノシシつかまえた-2
2010/6/3 10:14
イノシシにまつわるお話。詳細な観察による生態や、想像しただけでゾンゾンするダニの執拗さなどとても興味深く読ませてもらいました。ハナ子は現在何キログラムくらいですか。ご主人様に親愛の情を寄せてくるのですか。かわいいけれど、その行く末は、、。
ハナ子のことまたレポートしてください。amego
***********************************


 amegoさん、ハナ子は現在、体重は80~90キロほどありそうです。猪団地では一番太っています。食物は他の猪とそれほど変わりなく与えているのですが。たまに美味しい好物をプレゼントはするので、そのせいかもしれません。ハナ子はいまでも私を育ての親と認識していると思います。他の猪は数年飼育しても絶対体に触ることもさせてくれませんし、きちっとした境界をもっています。
 ハナ子の行く末ですが、かわいそうですが食べます(うそ)。もう野生の生活は無理です。これほどヒトを恐れないのですから、山に放つとすぐに猟師の餌食です。ですので、死ぬまで私とつきあってもらいます。
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ