2018/9/4

セールスマンサンプルセット  サンプルセット

 ガーバー社のナイフが最も充実していた1975年頃の17点サンプルセットです。
 当時のセールスマン、ディック・ムーア氏用に作られたもので一点ものが多数あります。
 ウッドディスプレーと各ナイフに匂い立つようなレザーシースが付属しています。こうしたディスプレーセットにシースが付属する事は少ないです。

クリックすると元のサイズで表示します
    初期のセールスマン(Dick R. More氏)のサンプル

上左から
@M450/スタッグ HS 62    AM425/スタッグ HS 59
BMFH/スタッグ 440C    CFS−3/ポリッシュスタッグ
DFS−2/ポリッシュスタッグ EFS−2/スタッグ
FPK−2           Gクラシック/ウッド
HFS−1/ウッド       IPK−1/2刀ストックマン
JFS−2/ウッド       KFS−2/スタッグ
LFS−1/スタッグ      MMFH/ウッド
NFS−3/ウッド       OFH/ハイス/ウォールナット(チェッカー)
PFH/ハイス/ブラックエボニー(チェッカー)


 ●ビアンキ製のシースが幾つかあります。ビアンキ (Bianch)は、1885年創業のイタリア名門自転車メーカー。現在の自転車(セーフティ型)が発明された年に創業、現存する中では世界最古。鞄や革製品のブランドとしても有名です。

クリックすると元のサイズで表示します
@「プレゼンテーションシリーズ・M450/スタッグ」

クリックすると元のサイズで表示します
 HS(ハイス鋼の意).62(ロックウェル硬度)
クリックすると元のサイズで表示します
 1971年〜1973年 全てのシースにガラストップの番号に対応する番号がふられています。
クリックすると元のサイズで表示します
 ハンドルのクラック



クリックすると元のサイズで表示します
 A「プレゼンテーションシリーズ・M425/スタッグ」

クリックすると元のサイズで表示します
 HS(ハイス鋼の意).59(ロックウェル硬度)

クリックすると元のサイズで表示します
 1971年〜1973年

クリックすると元のサイズで表示します
 みごとなスタッグが使われています

クリックすると元のサイズで表示します
 ハンドルのクラック(極細いヒビがあります)



クリックすると元のサイズで表示します
 B「マグナム・フォールディング・ハンター(MFH)/スタッグ」

クリックすると元のサイズで表示します
 440C鋼
クリックすると元のサイズで表示します
 スタッグハンドル、ピンつき

クリックすると元のサイズで表示します
  1975年〜1976年

クリックすると元のサイズで表示します
 分厚い立派なスタッグが使用されています



クリックすると元のサイズで表示します
C「ホールディング・スポーツマン・スリー(FS−3)/スタッグポリッシュ」


クリックすると元のサイズで表示します
 440C鋼
クリックすると元のサイズで表示します
 1975年〜1976年

クリックすると元のサイズで表示します
 スタッグハンドル・ピン有り
 



クリックすると元のサイズで表示します
 D「FS−2/スタッグポリッシュ」 1976(希少) 
 
クリックすると元のサイズで表示します
 440C鋼
クリックすると元のサイズで表示します
 スタッグ・ポリッシュハンドル ピン有り



クリックすると元のサイズで表示します
 E「ホールディング・スポーツマン・ツー(FSU)-スタッグ・インレイ」
クリックすると元のサイズで表示します
 440C鋼

クリックすると元のサイズで表示します
 1977年〜1985年




クリックすると元のサイズで表示します
 Fピートナイフ2D (PK-2)ドロップ

クリックすると元のサイズで表示します
ライナーロック機構 

クリックすると元のサイズで表示します
 440C鋼

クリックすると元のサイズで表示します
 ボルスターにR.E.M

クリックすると元のサイズで表示します
 シースはビアンキ製 1976年〜1981年



クリックすると元のサイズで表示します
 G「クラシック/ウッド」

クリックすると元のサイズで表示します
 ハンドル・ピン有り 440C鋼 1976年〜1983年
 
クリックすると元のサイズで表示します
 ボルスターにD.M

クリックすると元のサイズで表示します
 *このクラシックには設計者「アル・マー」の刻印があります

クリックすると元のサイズで表示します
 *このクラシックにはブレードにPRE-PRODUCTION MODEL 2/5/76とエッチングされており、量産試作という事が示されています。量産試作とは、量産用の製造ラインを通して製品を作る(試作)することをいいます。そこで出来上がったものが「量産試作品」です。実際の量産ラインを通して試作品を作ることで、量産ラインが正しく機能しているかも同時にチェックします。貴重なナイフです。


 
 
クリックすると元のサイズで表示します
 H「FS−1/ウッド」

クリックすると元のサイズで表示します
 440C鋼 ※ナイフをデザインしたアル・マー氏のマーク入り

クリックすると元のサイズで表示します
 シースはビアンキ製

クリックすると元のサイズで表示します
 ブレードに「PRE-PRODUCTION MODEL 2/5/76」のエッチング、  1976年2月5日から製造が開始されていることが判ります。 

クリックすると元のサイズで表示します
 ボルスターにセールスマン「DICK MORE.」入り。




クリックすると元のサイズで表示します
 I「PK−1」2刀ストックマン

クリックすると元のサイズで表示します
 440C鋼
 
クリックすると元のサイズで表示します
 1973年〜1981年

クリックすると元のサイズで表示します
 ボルスターにセールスマン「DICK MORE.」入り。
 



クリックすると元のサイズで表示します
 J「FS−2/ウッド」

クリックすると元のサイズで表示します
 440C鋼

クリックすると元のサイズで表示します
 1973年〜1995年

クリックすると元のサイズで表示します
 シースはビアンキ製

クリックすると元のサイズで表示します
 ボルスターにR.E.M




クリックすると元のサイズで表示します
 Kフォールディング・スポーツマン・ツー(FSU)スタッグ

クリックすると元のサイズで表示します
 440C鋼

クリックすると元のサイズで表示します
 スタッグ・ハンドル・ピン付き

クリックすると元のサイズで表示します
 ボルスターにセールスマン「DICK MORE.」入り。

クリックすると元のサイズで表示します
 ハンドル左側スタッグにクラック有り




クリックすると元のサイズで表示します
 Lホールディング・スポーツマン・ワン(FST)

クリックすると元のサイズで表示します
 440C鋼 スタッグ・ハンドル ピン無し


クリックすると元のサイズで表示します
 1977年〜1985年




クリックすると元のサイズで表示します
 M「マグナム・フォールディング・ハンター(MFH)/ウッド」

クリックすると元のサイズで表示します
 440C鋼

クリックすると元のサイズで表示します
 1975年〜1978年

クリックすると元のサイズで表示します
 ビアンキ製シース

クリックすると元のサイズで表示します
 プリ・プロダクションモデル
1-23-75(1975年1月23日製造)、ブレードに手書きのエッチング

クリックすると元のサイズで表示します




クリックすると元のサイズで表示します
 N「フォールディング・スポーツマン・スリー(FS−3)/ウッド」

クリックすると元のサイズで表示します
 440C鋼

クリックすると元のサイズで表示します
 1975年〜1995年

クリックすると元のサイズで表示します
 ビアンキ製シース




クリックすると元のサイズで表示します
 Oファースト・フォールディング:ハンター(FFH)

クリックすると元のサイズで表示します
 ウオールナット・ハンドル チェッカー入り

クリックすると元のサイズで表示します
 ハイス鋼 1968年〜1974年

クリックすると元のサイズで表示します
 後期製造 パテントNo.入り



クリックすると元のサイズで表示します
 Pファースト・フォールディング:ハンター(FFH)

クリックすると元のサイズで表示します
 エボニー・ハンドル チェッカー入り

クリックすると元のサイズで表示します
 ハイス鋼

クリックすると元のサイズで表示します
 1973年〜1976年

クリックすると元のサイズで表示します
 後期製造 パテント・ナンバー入り

クリックすると元のサイズで表示します

販売済み。
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ