2008/4/21

スーパーカブ  狩猟

 08.2.20 小型のイノシシを仕留めました。38キロの♂です。
 クリックすると元のサイズで表示します

 運搬手段に小型の獲物はスーパーカブが活躍します。私はスーパーカブの信奉者でこのバイクは世界一優秀であると思っています。おそらく現在、世界中で走っているバイクのなかで一番台数が多い事でしょう。

 質実剛健、丈夫で長持ち、故障知らずで経済的、これほど優れた日常生活に役立つ動力機械製品を他には知りません。

 これまで私は5台のスーパーカブを乗り継いできました。この内2台は盗まれてしまいました。駐輪場に停めてあったものが盗まれました。それからは駐輪場に鎖で繋いでありましたがこれも盗まれました。廃車回収業者が頻繁にスーパーカブを買い集めていた頃です。

 私のバイクはおそらく東南アジアのある国で活躍している事でしょう。ある日、テレビで東南アジアのとある国のバイク事情を放映していました。あ!ああああ!あのバイクはオレのバイクだ?!と思いましたが、画面に映るバイクはほとんどがスーパーカブでした。

 イノシシの運搬は軽四をもっとも利用するのですが、この日仕留めた場所はいまは軽四は入れません。大雨で土砂崩れがあったり増水した谷水で荒れてしまっているのです。一応市道で管理責任は安芸市なのですが、財政難でめったに人が利用しないこの道路の改修などは後回しです。

 小型(50キログラムまで)の場合だとスーパーカブが活躍するのですが、それ以上の大物になると軽四が入るところまで運搬機を運搬して来てから、運搬機で運んでいます。
6

2008/3/5

錯覚の話  狩猟

クリックすると元のサイズで表示します
 写真:2008年3月2日にとった57`の雄です。カンカン(ハカリ)に乗せて検量。右側は毛抜き処理中です。

 イノシシを仕留めると、はたしてこの個体は何キロあるのだろうと思います。そのとき見た目で計量しますがほとんどの場合錯覚をします。大型はより大きく、小型はより小さいと判断する事が多いのです。

 この傾向は私だけでなく相棒もそうですし、猟をする人はほとんど同じです。

 その判断の分岐となるサイズは40キロ前後なのです。それより大型になるとより大きく見え、小さくなるとより小さく見てしまいます。ちなみに私はこの57キロのイノシシをハカリに乗せるまでは65キロほどであろうと見ていました。

 私はイノシシを獲るとできるだけ家で処理するのですがその際はハカリにかけて計量しています。ほとんどの場合、錯覚をしています。

 わざわざ計量する人は少ないので「80キロばあ(ほど)のイノシシを獲った」と聞いた場合、70キロ前後なのだと思うとよいでしょう。 
1

2008/2/22

シカ命拾い  狩猟

クリックすると元のサイズで表示します
 中央部の小枝の束のようになっているところにワイヤーをぐるぐる巻きに巻き付けていました。

クリックすると元のサイズで表示します
 ワイヤーが輪っかになっているところが足を括るのです。きちんと締まって括っていたのですが足がテコのように働いて広がってしまったのでした。
 
 2008年2月18日、仕掛けておいたワナを見回りにいきました。見回り始めてすぐのワナにニホンジカのメスがかかっていました。私をみて暴れ始めたのですが、まあシカだし(決してシカをバカにしているわけではありませんが、イノシシと比べてそれほど力がないし危険が少ないのです)後からとどめを刺そうと、奥の方のワナを見回りました。

 他のワナは一カ所だけバネが弾いていましたが空打ちでした。

 シカのところへもどって、生きているうちに写真を撮っておこうとカメラを取り出してよいアングルを探したり準備をしていたら、あらら、シカがワナから外れてしまったではありませんか。はじめはよたよたっとしていたのですが、さすがシカ、急斜面の竹やぶをだだだダダダっと駆け下りていきました。

 私は苦笑い。
 
 まあ  いいか  。
1

2008/2/2

たけのこ泥棒  狩猟

 2008年1月31日、裏山の竹やぶへタケノコの様子を見に行ってきました。

 今年は孟宗竹の筍は表作で豊作のはずです。竹林へ入るなり山道の真ん中にもっこりもっこりと土が盛り上がり筍が顔を出す準備です。予想通り今年は豊作です。

 筍は当地では11月頃から収穫ができますが忙しくて掘る事ができませんでした。昔は年末の筍は珍しいため市場に出荷すると高値で販売できました。ところが中国から筍が輸入されだして価格は暴落しました。
 最近は食の安全面から中国産は敬遠され始めて国内の安全安心な農産物が少しは見直されるようになってはきていますが。

 さらに竹林の奥に踏み込むとなんと地面一面ぼこぼこに堀荒らされています。

 イノシシです。イノシシは筍が大好きで特に出始めの価値の高い時期の筍を好んで食い荒らします。地面から10センチも底にある筍を良く利く鼻で探り当て硬い地面も何のその、鼻で掘り返して食べてしまうのです。

 頭に来ました。大量に被害がでています。

 ようし!

 筍を食ってしまったイノシシを食ってやろうと決心しました。

 くくりワナを通り道に一カ所設置しました。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ