2015/9/29  15:56

邪馬台国を行く 番外編  


倭国が、邪馬台国の時代であった3世紀、中国では後漢の献帝が、表向きには魏王朝の帝位に就いていた。

しかし実際のところ、権力の掌握は、曹操から続く曹一族が握っていたのである。

魏の建安25年(220年)、曹操が亡くなった後、すべての実権はその子である曹丕が、受け継ぐ。

しかしして、曹丕による帝位の乗っ取りが、行われるのである。

乗っ取りは、禅譲という形をとった。

漢王朝最後の皇帝=献帝が、魏王の曹丕に、”天命は我が家を去った 帝位にふさわしいのは、曹丕である したがって、おまえが次の帝位に即け” という詔を出す。

曹丕は、突然の天命に恐れおののき、その詔を受けない。 再度、詔が発せられるが、曹丕はなおも受けない。

亀甲が焼かれて、占いが行われ、曹丕の即位は国民の望みである、という結果が出され、やむなく曹丕は禅譲を受け入れて、帝位に就いた とある。

 クリックすると元のサイズで表示します

 ( 魏の曹丕 後の文帝 )

しかし、事実は違う。

曹丕による様々な強要や讒言・脅迫があり、身の危険を感じとった献帝は、帝位を譲位せざるを得なかったのである。

譲位を受けて、曹丕による魏王朝が始まる。 真っ先に曹丕が行ったのは、粛清であった。

禅譲に反対したという理由で、兄弟である”丁儀”・”丁翼”の2人が殺された。
彼らは、曹丕の実弟である”曹植”を、帝位に就かせようと画策したのである。

古代は、民主主義ではない。

実力で、権力を掌握したものが、治世するのである。

乱世の生き様は厳しく、身内であっても、危険な人物は殺しておかねば、自身の安全を担保することは、出来なかったのである。

クリックすると元のサイズで表示します

 ( 司馬懿 字は仲達 )

景初2年、魏の司馬懿(仲達)が遼東を平定し、魏王朝は朝鮮半島に、楽浪・帯方の両郡を置いて、実効支配に乗り出す。

その半島の政情が安定したが故に、邪馬台国は魏に使節を送ることが、出来る様になったのである。

卑弥呼は、様々な貢物を魏に贈っているが、その中に男女生口と言うのがある。
生口というのは、生きている人間の事で、奴隷と言う”献上品”である。

献上された男女の生口は、魏の朝廷に留め置かれる事はほとんど無く、皇族や臣下の将軍、高級官僚や大寺に下賜されるのが常であった。

卑弥呼の贈った男女生口は、奴隷と言う扱いであったから、それを貰った者は、転売したり、謝礼と言う名目で、贈答したりしたのである。

クリックすると元のサイズで表示します

 ( 阮籍 竹林の七賢の一人 )

晋書・本伝に、倭国生口として、”登眉”と”夷奈”という名前が見える。

この2人は、正始8年(247年)に、邪馬台国女王であった壱與の貢物、生口30人として献上された者であった。

登眉は女、夷奈は男の生口である。

登眉は高級官僚であり、竹林の七賢と謳われた”阮籍”に、夷奈は天竺僧の”竺高座”に、それぞれ下賜された。

その後、晋書・本伝は、この2人がどうなったのかは、詳しく伝えてはいない。

ただ言える事は、古代に於いて国家の存亡を担保しようと思えば、たとえ人間であろうと貢物として、権力の中枢に献上しなければならない、という事実だけなのである。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ