2015/10/31  0:36

Oiyanの 独り言  


最近、何やかんやと忙しくて、中々ブログに書き込みが出来ないのである。
ところが、そんな時に限って、書き込みを”おねだり”する御仁がいるのだ。

プロの物書きだって、書けない時があると言う。

Oiyanはプロの作家では無いし、普通ぅ〜の凡人だから、変にプレッシャーを掛けられると困るじゃん・・ と思う。

男はつらいよ ではなくて、凡人はつらいよ なのだ。


10月の某日、夕日を撮りに行った。 山辺の道である。

山辺の道を歩いていると、西に二上山という山がよく見える。 おっぱい山と呼ぶ人がいるそうだが、Oiyanはそんな事は、知らない。

その二上山に、悲劇の皇子”大津皇子”の墓所があることを知る人は、少ないと思う。

日本書紀に、幼年にして学を好み 博覧にしてよく文を属す 中略 法度に拘らず 節を降して士を礼す これによりて 人多く付託す 

( 幼いころから学問を好み 書物をよく読み その知識は深く 見事な文章を書く 中略 その人柄は自由で規則に拘らず 皇子で有りながら 謙虚な態度で人士を厚遇した その為皇子を慕う 多くの人々の信望を集めた ) という記事が見える。

本来ならば、父である天武天皇の跡を継いで、天皇になるべく秀でた皇子であった。

ところが、突然の悲劇が皇子を襲う・・・。

西暦686年の9月、父である天武天皇が崩御すると、天智天皇の第二皇子であった”川島皇子”の讒言による密告よって、謀反の罪を着せられたのである。

皇子は捕えられ、10月3日、磐余にある訳語田(おさだと読む)の自邸にて自害。

正妃であった山辺皇女(天智天皇の娘)は、自害の知らせを聞き、髪を振り乱し、裸足で走り、皇子の遺骸に取り縋り、殉死す、人々は皆、嘆き悲しんだ、と書紀は伝える。

姉であった大来皇女(伊勢斎宮の斎王)は、同年11月に斎王を退下(今で言う解職)し、磐余へと向かったのだが、すでに皇子はこの世の人では無かったのである。

クリックすると元のサイズで表示します

 ( 二上山 落日 )


亡骸は、黄泉の国の入り口とされた二上山に移され、葬られた。


その二上山に、真っ赤に染まる紅蓮の夕日が、落ちてゆく・・・。

Oiyanは、そこに非業の死を遂げた大津皇子の怨念を、垣間見るのである。

悲劇の皇子、大津皇子・・・。


御陵は、二上山 雄岳 山頂近く、”二上乃峰 山ノ上ノ陵(みささぎ)” である。


”うつそみの人なる吾や明日よりは 二上山を弟背とわが見む” (大来皇女)


合掌


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ