2016/1/31  20:30

大根とレンコンの 治部煮風  


毎日寒いので、ついつい煮物が多くなって・・・。

今日も昼寝をしてまちた。 夢うつつに、金沢の治部煮が出て来て、美味そうに食べているOiyanが居たのでありんす。

なので、大根とレンコンを使って、治部煮もどきの煮物です。

材料は、大根、レンコン、薄揚げ1/2枚、片栗粉、醤油、お酒、味醂、砂糖、だしの素 です。

簡単に出来るので、作って見ましょう。


@ 材料を写真の様に切ります。

クリックすると元のサイズで表示します

大根は皮を剥いて、約1センチ幅の銀杏切りにします。

クリックすると元のサイズで表示します

レンコンは、冷凍野菜のレンコンを使うと、味が浸み込み易く、使いやすいです。

クリックすると元のサイズで表示します

薄揚げは、1/2枚を写真の様に刻んでおきます。


A 切った材料を鍋に入れて、水を張り火に掛けます。

クリックすると元のサイズで表示します

煮立って来たら、だしの素を入れて、5分程煮ます。


B 片栗粉 (小さじ3〜4杯位) を水で溶いて、用意しておきます。

クリックすると元のサイズで表示します

中華に言う、水溶き片栗やね。


C 5分程煮てお出しが回ったら、お酒と味醂を各大さじ3杯、醤油大さじ5杯、砂糖小さじ1杯を加え、蓋をして弱火で15分位炊きます。 ( 味見をして、煮汁の量に合わせて加減します )

クリックすると元のサイズで表示します

こんな感じ・・。


D 水溶き片栗を入れて、とろみを付けます。 ( 入れるときは、状態を見ながら入れる事 )

クリックすると元のサイズで表示します

さらに、十分とろみが付くまで、5分程煮て仕上げます。


E 煮汁と一緒に、刻みネギを添えて、出来上がり。

クリックすると元のサイズで表示します

熱い内に頂くと、美味しいです。 下した生姜を、トッピングしても、OKです。
お酒は、リンゴジュースで割った酎ハイやね。


☆ 出来上がった後で、鶏肉入れるのを忘れてまちた。 鶏肉を入れると、さらに美味しいのでありんす。
不覚・・・ ですわ。   (;^^)b



0

2016/1/27  22:57

ウィンナーのロール白菜  


今日は、ちょっと酔ってます。

なので、間違って書くかも知れない・・ のでありんす。 
間違ってたら、ごめんなさい。  v(^^*)

昼寝をしていたら、夢うつつにロールキャベツが出て来て、ハッ!と・・・。

で、ロールキャベツは、ちとめんどいので、ウィンナーを白菜で巻いてごまかしてます。

では、作ってみませう。


@ 材料です。 白菜の葉は、芯に近い小ぶりな物が、柔らかくて使いやすいです。 あと、ウィンナーが6本、チキンコンソメ一個、ケチャップ、醤油、塩、コショウ です。

クリックすると元のサイズで表示します


A 白菜の葉は洗ってラップに包み、電子レンジで約1分加熱して、しんなりさせておきます。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな感じ・・・。


B しんなりさせた白菜で、ウィンナーを包みます。 爪楊枝があれば葉に通して、ほぐれない様に止めると、なおよろしい。

クリックすると元のサイズで表示します


C 鍋にロールを入れ、水をロールがかぶる位に入れて火に掛けます。 
煮立ってきたら、チキンコンソメを入れて弱火にし、ケチャップ大さじ2杯、醤油小さじ1杯で味付けして、落し蓋をしてしばらく煮ます。 ( 落し蓋が無ければ、灰汁取りシートでもOK )

クリックすると元のサイズで表示します


D 少し煮汁が煮詰まったら、仕上げに塩とコショウを少々入れて、味を調えます。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな感じで・・。


E 熱い内に器に盛り、煮汁を張って出来上がり。

クリックすると元のサイズで表示します

付け合せのサラダ ( リンゴときゅうりを乱切りにして、青じそのドレッシングで和えたもの ) と、オレンジジュースで割った酎ハイを添えてます。

クリックすると元のサイズで表示します


☆ 手抜きロールキャベツ (^^;) 見たいなもんですわ〜。 
あまりマネ・・ しないように、チャンチャン!



0

2016/1/24  22:25

白菜と豆腐で・・  


寒い日が続きますね。
なので、温かく白菜と豆腐を使って、卵とじです。

作り方は、簡単。 材料は、白菜の葉 適宜、豆腐半丁、卵一個、醤油、お酒、味醂、だしの素、です。

では、作って見ましょう。


@ 白菜の葉を切ります。

クリックすると元のサイズで表示します

幅2センチくらいのざく切りです。


A 写真の様に賽の目に、豆腐を切ります。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな感じ・・。


B 卵一個を、割りほぐしておきます。

クリックすると元のサイズで表示します


C 鍋に白菜と豆腐を入れ、水を8分目位に入れて、火に掛けます。 煮立ったら、だしの素を小さじ1杯加え、醤油大さじ5杯、お酒と味醂 各大さじ3杯を入れて、約10分程炊きます。

クリックすると元のサイズで表示します

で、こんな感じ・・。 ( 煮汁の量によって、調味料を加減する事 )


D 火を止めて、割りほぐした卵を回し入れ、蓋をして余熱で仕上げます。

クリックすると元のサイズで表示します


E 熱い内に器に盛り、煮汁を少し張って、出来上がり!

クリックすると元のサイズで表示します

好みの日本酒で、どうぞ。 ぐい呑みは、白磁の出石焼です。


☆ 豆腐の代わりに、厚揚げでもOKですね。 厚揚げのコクが出て、美味しいです。 鶏肉を入れて、親子風にしても、Goodです。

よろしいかな。     (*^^)b



0

2016/1/21  22:45

今日は カレー  


タイトルの通り、今日はカレーでありんす。

カレーって、ルーを入れて作るだけなら、誰でも出来るのでありんすが、どっこい中々奥が深いのでござる。

その証拠に、其々の家庭で作られたカレーの味が、全部と言って良いほど、個性的に味付けされている事からも、それが裏付けられるのでありんす。

なので、カレー・・ されど、カレー・・ ですな。

なので、今回は ”Oiyanカレー” の作り方でありんす。

材料は、じゃがいも1個、たまねぎ1/2個、人参、にんにく一カケ、牛バラ肉、ケチャップ、ウスターソース、醤油、砂糖、酒、ガラムマサラ、塩、カレーのルー(中辛)適宜、です。


@ 調味料とカレーのルーを除いた、材料です。

クリックすると元のサイズで表示します

以下、写真の様に切ります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ニンニクは、粗めのみじん切りにします。

クリックすると元のサイズで表示します

牛バラ肉は、写真の様にコマ切りにします。

クリックすると元のサイズで表示します


A 鍋に油を小さじ1杯入れて熱し、@で切った材料を入れて軽く炒め、さらに塩少々と酒大さじ1杯を加えて、玉ねぎがしんなりするまで炒めます。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな感じ・・・。


B 炒めたら、材料が被る位まで水を入れて、強火で煮ます。 煮えて来ると、灰汁が浮いてくるので中火にして、スプーンで丁寧に灰汁をすくい取ります。

クリックすると元のサイズで表示します

この一手間が、美味いカレーを作るコツやね。


C 大体灰汁が取れたら、弱火にしてルーを溶かし入れます。 以下、ケチャップ、ウスターソース各大さじ1杯、醤油小さじ1杯 (隠し味です) 、砂糖小さじ1杯半 を加えて、しばらく炊きます。 (味見をしながら、量を加減する事)

クリックすると元のサイズで表示します

焦げ付かないように、時々かき混ぜるとOK。


D 仕上げに火を止めて、ガラムマサラを少し入れると、風味が良くなります。

クリックすると元のサイズで表示します


E お皿に盛りつけて、出来上がり!

クリックすると元のサイズで表示します

カレーの良い匂いが、たまりません。 付け合せは、茹でたブロッコリーですね。


☆ 辛口がお好みでしたら、ルーは辛口で砂糖は入れません。 Oiyanは中辛が好みで、砂糖で辛味を調節しているのだ。 (邪道かも知れない・・)

あと、黒砂糖を使ったり、まろやかさを出す為に、コンデンスミルクを加えたりと、プロの調理人は色々と工夫して、美味しいカレーを追求しているのでありんす。

カレーって、ほんと奥が深いね!  チャンチャン。   d(^^;)

あっ、ビール忘れた!



0

2016/1/16  9:30

なすびと卵で・・  


今回は、なすびと卵を使って、炒め物です。

材料は、なすび1本、ピーマン2個、ウィンナー4本、卵1個、ケチャップ、ウスターソース、醤油、お酒、塩、コショウ少々、ですね。


@ 卵以外の材料です。

クリックすると元のサイズで表示します

以下、写真の様に切ります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

なすびは、小口の銀杏切り。

クリックすると元のサイズで表示します


A ボウルに卵を割り入れ、塩少々で溶き解しておく。

クリックすると元のサイズで表示します


B たれとして掛ける、ケチャップソースを作ります。
分量は、ケチャップ大さじ4、お酒大さじ3、醤油小さじ1、あればトマトジュース大さじ1 (無ければ入れなくてもOK) を、混ぜ合わせておきます。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな感じ・・。


C フライパンに油を引いて熱し、塩、コショウ少々を振って、材料を炒めます。 火は強めの中火かな。

クリックすると元のサイズで表示します


D 少し炒めたら、酒大さじ1を入れて炒め、さらにウスターソース大さじ1を入れて、下味をつけるように炒めます。 
炒めたら、火を弱火にして溶き解した卵を回し入れて、卵が少し固まるまで置きます。

クリックすると元のサイズで表示します

で、こんな感じ・・。


E 焦げないように注意して、フライ返しで切り返す様にざっくりと混ぜ、器に盛ります。
フライパンをきれいに洗って火に掛けたら、Bのケチャップソースを入れて、軽く煮詰め、炒め物に回し掛けて出来上がり。

クリックすると元のサイズで表示します

ミニトマトを半分に切って、トッピングしてます。


☆ 卵は回し入れずに、最初に炒り卵として作って置いて、最後に入れて炒め合わせる方法も有ります。
溶き卵の量を増やして、オムレツ風にすることも出来ますね。

如何でありんす。    (^-^)b




0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ