2016/5/9  22:13

タケノコ  


春の味覚として、出回っていたタケノコも、この連休を境にして、ほぼ終わりですね。

なので、終盤のタケノコを使って煮物です。 このタケノコ、Oiyanの田舎で、掘り取ったものを使いました。


でわ、灰汁抜きから作ってみませう。


@ 灰汁抜きです。 皮を剥いたタケノコを、適宜に切り分けて、鍋に入れます。 タケノコが小さければ、切り分けずに、丸ごと入れてもOKです。

クリックすると元のサイズで表示します

先端のヒメ皮の部分も、柔らかくて美味しいので、切り残して置きます。 すまし汁とか、木の芽和えに使えますね。


A 灰汁抜きは、糠を使います。 水を張って、糠を加えます。 糠の量は、大ぶりのタケノコ1本に、約一握り位です。 ( 大さじ山盛り4杯位かな・・ )

クリックすると元のサイズで表示します


B 中火で沸騰して来たら、弱火にして約30分位湯がきます。 吹きこぼれないように、注意しましょう。

クリックすると元のサイズで表示します

竹串を刺してみて、軽く通る様ならゆで上がりです。


C ざるに空けて、水を流しながら糠を洗い落とします。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな感じ・・。


D 灰汁抜きしたタケノコを、一口大に切ります。

クリックすると元のサイズで表示します

うす揚げを2枚用意して、同じ様に一口大に切ります。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな感じ・・。


E 鍋に、タケノコ うす揚げ を入れて水を張り、中火で煮ます。 煮立って来たら、だしの素小さじ1杯、お酒と味醂各大さじ2杯、醤油大さじ3杯を加えて、弱火で約15分程煮詰めて出来上がり。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな感じ・・。


F 熱い内に器に盛って、煮汁を軽く張って、頂きます。

クリックすると元のサイズで表示します

お酒は、レモンティーで割った酎ハイですが、日本酒でも良く合います。 タケノコとうす揚げの組み合わせが、美味しいです。


☆ タケノコとの炊き合わせ、定番はわかめですね。 他に、ワラビやぜんまいでも、季節の組み合わせで、美味しいです。 いろいろとアレンジして見ては、如何でしょうか。 ☆


今日は、タケノコでした。 では、また。  0(^-^)0



0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ