2018/2/9  8:25

ネギと豚肉の味噌炒め  


おはようございます。 おいやんでございます。   (^ω^)

おいやん、きのうは飲み過ぎて、暫し不覚! でありんした。
色々と煩悩が、頭を巡ってしまって・・・。

なので、これはきのう作った料理のレシピでありんす。

では、作って見ましょう。 ナンノコッチャ (;゚Д゚) ・・・。


@ ネギとピーマンを写真のように切っておきます。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


A 味噌だれを用意します。 味噌大さじ1杯、お酒と醤油が大さじ2杯、砂糖とお酢が大さじ1杯半 を器に入れて、混ぜ合わせておきます。

クリックすると元のサイズで表示します


B フライパンに油を引いて熱し、ネギとピーマンを入れ、軽く塩を振ってソテーにします。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな感じ・・

炒めたらお皿に取り出して、広げておきます。


C 豚肉のこま切れを用意します。

クリックすると元のサイズで表示します

ネギとピーマンを炒めたフライパンに、油を足して熱し、豚肉を炒めます。

豚肉の色が少し変わったら味噌だれを加え、軽く煮詰めるようにして仕上げます。

クリックすると元のサイズで表示します


D お皿に取り出しておいたネギとピーマンの上に、炒めた豚肉を味噌だれごと盛り付けて出来上がり。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな感じ・・ (きゅうりの細切りをトッピングしてます)


☆ 甘辛い味噌だれが美味しいね。 肉は牛肉のこま切れでも、OKでありんす。
お酒は、ビールかな。 酎ハイもいいね。


ちょっと飲み過ぎて不覚になった、おいやんでありんした。   (/ω\)


でわ、また ( ^ω^) ・・・。


0

2018/2/6  13:49

ポートレートでGO! 其のA  


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


こんにちは。  おいやんでございます。   (^ω^)

さて今回は、”ポートレートでGO” の2回目でありんす。

撮影は鶴見緑地公園、モデルは事務所一押しの”Fumiko”さんでした。

いや〜、背が高くて美人やったね・・・。 

不覚にも撮影する前に、見とれてしまったおいやんでありんした。 (前回の”Yuri”さんの時も、見とれてしまって・・)

煩悩が渦巻く、おいやんでございます。


次回へ、続く (=゚ω゚)ノ ・・・。


0

2018/2/4  11:33

旧福知山線 武田尾駅 跡  


暫くのご無沙汰!  早や1月も終わって、もう2月になりんす。

じつはおいやん、訳あって先月の末に、旧福知山線の武田尾駅跡に行ってました。

福知山線の宝塚〜三田間は、武庫川の渓谷沿いに単線の線路が通っていて、その中間位に武田尾駅がありんした。

おいやんは通学で3年間、宝塚から三田まで乗車していましたね。

しかしながら1986年の7月に、三田までの複線化が完成、旧線の武田尾駅は廃線となってしまいました。

それから約32年、廃線となった武田尾駅跡に、その面影を求めて撮影に行った訳・・・。


クリックすると元のサイズで表示します

現在の武田尾駅  出迎えてくれたのは、舞い落ちる雪・・・


クリックすると元のサイズで表示します

在りし日の武田尾駅 


クリックすると元のサイズで表示します

今の武田尾駅跡


クリックすると元のサイズで表示します

武田尾駅手前の僧川橋梁にて


クリックすると元のサイズで表示します

今は旧線ハイキングコースの歩道橋


クリックすると元のサイズで表示します

武田尾駅を出た直ぐの普通列車


クリックすると元のサイズで表示します

撮影したと思しき地点から


クリックすると元のサイズで表示します

駅の構内へ続く道で出会った二人の少女  今はどうしているのだろうか・・


クリックすると元のサイズで表示します

撮影したと思しき地点から


武田尾駅は、宝塚と三田のほぼ中間にある駅で、よく対向待ちがありました。

初夏、静かな黄昏の武田尾駅。 対向待ちの機関車のエンジン音・・・。 
矢羽根式の信号機。 テコ式のポイント交換機。

トンネルを抜けた、対向車のヘッドライト・・。

ホームに降りた彼女の背中を、目で追ったあの頃・・・。

今でもはっきりと、脳裏に思い出として浮かんで来ます。


クリックすると元のサイズで表示します

武田尾駅跡から三田方面を写す


久し振りに訪れた武田尾駅跡は、道路と駐車場に変り果て、その当時を彷彿とさせるものは、もう何も残されてはいなかった・・・。


では、また・・。


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ