2015/11/20  10:00

りんごのシロップ煮  


信州に行った折、旅館の女将さんから、”Oiyanさん、どうぞ” と言われて、お茶うけに出されたのが、これ!

中々、美味しいのである。

で、帰ってから何回かレシピの通り作って、楽しんでいるのでありんす。

簡単に出来て、今や定番のおやつなのである。


@ リンゴはきれいに洗って、皮付きのまま、4つ割りにして芯を取る。 ( 皮はむいても OK )

クリックすると元のサイズで表示します

 ( リンゴはシナノスイートです 加工用の紅玉の方が、良いかも知れない )

クリックすると元のサイズで表示します


A カップに水300cc ( リンゴの大きさによって加減する ) と、砂糖 ( 上白糖もしくはグラニュー糖 ) 約60g ( 大さじ3杯位かな ) を加えて、よく混ぜる。
混ぜたら、レモン汁 ( 柚子の果汁でも可 ) 小さじ1杯を入れる。

クリックすると元のサイズで表示します

 ( 写真は柚子です )

クリックすると元のサイズで表示します


B 鍋にリンゴを入れ、Aのシロップ液を全部加えて、火に掛ける。
沸騰したら、火を弱め ( 弱火にする ) 落し蓋 ( 無ければ灰汁取りシート等でも良い ) を入れて蓋をして、15〜6分煮る。

クリックすると元のサイズで表示します

 ( 部屋中にリンゴの良い香りがして、たまらないのだ )


C リンゴの果肉の色が少し変わったら、出来上がり。 火を止めて、粗熱を取る。

クリックすると元のサイズで表示します


D 冷めたら器に入れて、ラップをして冷蔵庫へ。 もちろん、温かい内に食べてもOKです。( 冷蔵庫で4〜5日の保存です )

クリックすると元のサイズで表示します


出来上がり!  如何でしょうか。 


☆ Oiyanは、リンゴの食感を少し楽しみたいので、煮る時間は短めですが、まったりとしたシロップ煮にしたければ、砂糖を少し多めに入れて、30〜40分位煮ると出来ます。

お好みですが、はちみつを若干加えると、風味が良くなってGoodです。

(^0^)/





0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ