2015/12/13  10:00

シンプルに かぼちゃ煮  


もうすぐ ”冬至” でありんす。 冬至にかぼちゃを食すと、風邪を引かない・・ とか。

なので、シンプルにかぼちゃを煮て見ました。

材料は、かぼちゃ1/4個、うす揚げ1/2枚、だしの素、醤油、お酒 ( 料理酒でOK )、みりん、砂糖小さじ1/2杯、でありんす。


@ かぼちゃは、スーパーで1/4個に切り分けられた物を買って、中の種を取り、きれいに洗います。

クリックすると元のサイズで表示します

で、こんな感じ・・。


A 食べやすい大きさに、切ります。

クリックすると元のサイズで表示します


B 一人前なので、鍋焼き用の鍋に切ったかぼちゃを入れ、水を7分目位張って蓋をし、火に掛けます。 ( 火は中火 )

クリックすると元のサイズで表示します


C だしの素を小さじ2/3杯用意して、煮立ってきたら鍋に入れる。

クリックすると元のサイズで表示します

 ( ちょっと写真が、ピンボケ・・ )


D さらに、醤油大さじ2杯、酒、みりんを各大さじ1杯、砂糖小さじ1/2杯を加えて蓋をし、弱火で約10〜15分位煮ます。

クリックすると元のサイズで表示します


E 煮ている間にうす揚げを刻み、火を止める5分位前に鍋に入れて、味を浸み込ませる。 ( 油抜きは、しなくてもOK )

クリックすると元のサイズで表示します


F と、こんな感じで出来上がり。 ( 煮汁のほとんど無くなっている位が、理想やね )

クリックすると元のサイズで表示します


G 器に盛って、温かい内にいただきます。

クリックすると元のサイズで表示します

 ( 器は”九谷焼”の盛椀、お酒はグレープ果汁で割った酎ハイです )


☆ シンプルで簡単に出来るのですが、注意点を2つ程。 

鍋焼き用の鍋ですが、アルミの肉厚が薄く、非常に熱伝導率が良いので、油断をしていると煮汁が無くなって、焦げ付きます。

もうひとつは、鍋底が浅いので蓋をすると、吹きこぼれ易いと言うことやね。

防ぐには、蓋を少しずらして煮炊きすれば良いのですが、そうすると煮汁が早く無くなって、焦げ付きやすくなります。

なので、調理を始めたら火加減に注意して、目を離さない事が上手く作るコツですわ。

自信のない方は、普通の鍋で作ってみるのがよろしいかと。 (^0^)b



0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ