2016/1/21  22:45

今日は カレー  


タイトルの通り、今日はカレーでありんす。

カレーって、ルーを入れて作るだけなら、誰でも出来るのでありんすが、どっこい中々奥が深いのでござる。

その証拠に、其々の家庭で作られたカレーの味が、全部と言って良いほど、個性的に味付けされている事からも、それが裏付けられるのでありんす。

なので、カレー・・ されど、カレー・・ ですな。

なので、今回は ”Oiyanカレー” の作り方でありんす。

材料は、じゃがいも1個、たまねぎ1/2個、人参、にんにく一カケ、牛バラ肉、ケチャップ、ウスターソース、醤油、砂糖、酒、ガラムマサラ、塩、カレーのルー(中辛)適宜、です。


@ 調味料とカレーのルーを除いた、材料です。

クリックすると元のサイズで表示します

以下、写真の様に切ります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ニンニクは、粗めのみじん切りにします。

クリックすると元のサイズで表示します

牛バラ肉は、写真の様にコマ切りにします。

クリックすると元のサイズで表示します


A 鍋に油を小さじ1杯入れて熱し、@で切った材料を入れて軽く炒め、さらに塩少々と酒大さじ1杯を加えて、玉ねぎがしんなりするまで炒めます。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな感じ・・・。


B 炒めたら、材料が被る位まで水を入れて、強火で煮ます。 煮えて来ると、灰汁が浮いてくるので中火にして、スプーンで丁寧に灰汁をすくい取ります。

クリックすると元のサイズで表示します

この一手間が、美味いカレーを作るコツやね。


C 大体灰汁が取れたら、弱火にしてルーを溶かし入れます。 以下、ケチャップ、ウスターソース各大さじ1杯、醤油小さじ1杯 (隠し味です) 、砂糖小さじ1杯半 を加えて、しばらく炊きます。 (味見をしながら、量を加減する事)

クリックすると元のサイズで表示します

焦げ付かないように、時々かき混ぜるとOK。


D 仕上げに火を止めて、ガラムマサラを少し入れると、風味が良くなります。

クリックすると元のサイズで表示します


E お皿に盛りつけて、出来上がり!

クリックすると元のサイズで表示します

カレーの良い匂いが、たまりません。 付け合せは、茹でたブロッコリーですね。


☆ 辛口がお好みでしたら、ルーは辛口で砂糖は入れません。 Oiyanは中辛が好みで、砂糖で辛味を調節しているのだ。 (邪道かも知れない・・)

あと、黒砂糖を使ったり、まろやかさを出す為に、コンデンスミルクを加えたりと、プロの調理人は色々と工夫して、美味しいカレーを追求しているのでありんす。

カレーって、ほんと奥が深いね!  チャンチャン。   d(^^;)

あっ、ビール忘れた!



0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ