2016/4/29  22:00

馬鈴薯と玉ねぎの味噌汁  


5月1日は、八十八夜。 立春から数えて、八十八日目の日を指します。

元々、八十八夜は、農事上の重要な節目で、春と初夏の境目に当たり、古くから苗代の籾蒔きや、新茶の茶摘みなどの目安とされていました。 

季節柄、遅霜の時期でもあり、特に新芽を出して成長しつつある新茶に於いて、この時期の霜は非常に害が大きいため、この前後は茶摘み農家にとって、霜害に注意を払う日でもあります。

また、この日に合わせて、新茶を飲むと長生きするとされ、八十八夜茶とも言われていますね。


前振りはさて置いて、今回はお味噌汁です。 シンプルに、馬鈴薯と玉ねぎで作ってみまちた。

材料は、馬鈴薯1個、玉ねぎ1/2個、卵1個、だしの素 です。


@ 馬鈴薯と玉ねぎを、写真の様に切り分けます。

クリックすると元のサイズで表示します

馬鈴薯は、一口大に。

クリックすると元のサイズで表示します

玉ねぎは、幅5〜6m/m位の縦切りにします。


A 切り揃えた材料を鍋に入れて、汁椀で量を計りながら、水を加えて火に掛けます。

クリックすると元のサイズで表示します

煮立って来たら、だしの素を小さじ1杯加えて、馬鈴薯に火が通るまで、約10分程煮ます。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな感じ・・・。


B ボウルに、卵1個を割りほぐして、溶き卵を作ります。

クリックすると元のサイズで表示します


C 火が通ったら弱火にして、味噌を煮汁でゆるめながら、入れてゆきます。 ( 必ず味見をして、入れすぎない事 )

クリックすると元のサイズで表示します

味噌が入ったら、かきたま汁の要領で溶き卵を加えて、出来上がり。


D 汁椀に盛って、頂きます。

クリックすると元のサイズで表示します

と、こんな感じやね。 付け合せは、鯵のすり身の平天を、軽く炙ったものです。


今回はシンプルなので、補足の解説は有馬線。 ← (^^;)

よろしくですぅ〜ww。



0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ