諸々がままならない状況で
私はわりと元気に過ごしており
2021年は
お芝居を始めて20周年という節目となりました

20年目の一人芝居を
You Tubeにて配信しております

「言葉を纏ふ」〜纏の三 太宰治『斜陽』〜

いつか舞台で上演出来る事を願って


2010/2/22

やっぱり私がいちばん  稽古のあと

今回の舞台では
何やら大変そうな舞台セットがあり
お話の中で
何やら大変そうなことをしている

私はその
何やら大変そうなモノには
あまり関わらず
私だけ楽チンだ


前にもあった
私だけセットに縛られない
私だけ自由なの

私だけ目を閉じて動き回る
私だけ面白いの

私だけこの照明を使える
私だけカッコイイの

私だけ着替えが少ない
私だけ荷物が少ないの

私だけこの音楽を流してもらえる
私だけ気持ち良いの


いつもそうだ
私だけこの台詞が言えるの
私だけ楽しいの


他のヒトの
利点も不利点も無視して
常に私が一番
良い目を見ている


台詞が少なくてすぐに覚えられる
台詞が多くていっぱい目立てる

出番が少なくてたくさん休める
出番が多くて舞台にずっと立って居られる



こうやって書くと
バカみたいなポジティブに見えるけど
何てことはない
自分が特別なのは当たり前だ


アタシが一番楽しくてゴメンネと
全員が全員思ってるならば
何てバカで
何て楽しい現場だろう
4



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ