諸々がままならない状況で
私はわりと元気に過ごしており
2021年は
お芝居を始めて20周年という節目となりました

20年目の一人芝居を
You Tubeにて配信しております

「言葉を纏ふ」〜纏の三 太宰治『斜陽』〜

いつか舞台で上演出来る事を願って


2010/3/2

命懸けでフライドチキン  稽古のあと

副都心線に乗ったら
座席に
フライドチキンの骨が数本置いてあった
軟骨は食べない主義なのか
勿体ない

近くに座ると
フライドチキンの匂いがした

ふと
命懸けで何かをやる
って
変な言い方だなぁと
思った

命なんて
いつ何をするにも
いつも懸かってるんだ

こんな平和な電車内でも
フライドチキンの骨という不思議に
日常的に遭遇する

このフライドチキンから
毒ガスが出てたら
私の命は何に懸かったことになるんだろう

安全な場所なんて
どこにもないのならば

存在がそのまま
命懸けでそこにある

大変だなぁ
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ