Iyana yume  独りごと・ぼやき

珍しくみんないる。

ダンナ、母、息子たち3人。。

とても賑やかで楽しいひととき。台所で母が何かしてる。

アタシは二階の部屋に行き(なにをしにいったかは記憶がない)隣の部屋には三男がいる。



階下の居間に戻ると、部屋の照明も消されて、すっかり片付けられてて、誰もいない。

慌てて、駐車場に車があるか見に行くが、誰の車もない。

いきなり孤独感に襲われる。何故??どうして??!!一言もなくいなくなる???!!



居間に戻ると、赤ん坊の三男が寝てる。目覚めていて手で遊んでる。

再び、駐車場に行くと

黒いセダンが数台いきなり乱暴にやってきて

ことわりもなく、ガテン系なのかヤクザなのか、

家の敷地にそんな男たちが、

隣の空き家を壊すために

やってきた。

アタシは必死になって文句を言ってるが聞いてはもらえない。




三男が友達と来た。

なんだかお喋りな友達にいらつくアタシ。

三男がアタシに

オカン、肉屋のチーフと肉体関係になったってほんとか?

などど、驚く言葉を発する。

ありえない!怒りをあらわにするアタシ




寂しさと怒りと不安にいっぺんに襲いかかってきた。
イヤな夢だった。
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ