as time goes by  映画

もう、これスタンダードナンバーですかね。as time goes byはいろんな人がカバーしてるので、この曲自体は昔から知ってました。
実はアタシ、この曲が「カサブランカ」の挿入歌だと知ったのはつい最近のことなんです。(笑)
映画を見てない証拠ですね。(~_~;)フフフ…

昨日、書店でカサブランカのDVDを見かけまして、安価ということもありまして、時間のある時に観ようと購入しました。あ、今は時間はタップリあります。ハハハ(もう一つ、アラビアンナイトも購入。)

映画のシーンを含んだバージョンで。



もう一曲、このthe very thought of youもカサブランカの中の挿入歌なんですね。
BGMとして流れてました。

実はこの曲、リチャード・カーペンターがカレン没後まもなくに来日した時にNHKの加山雄三ショー(タイトルはちがったかも?)でゲストとしてトークを含めて弾き語りしてました。
とても優しいメロディと歌詞だったので覚えたいなぁ〜と思いながら今日まで過ごしてますww。(ごく一部しか覚えてないですがネ)、やはりこの映画の中で使われてたとは知りませんでした。

いろんな人がカバーしてて迷いましたが、やはりこの人、ナット・キング・コール。
良いです、さすがです。沁みますね〜彼の歌唱は。



0

space battleship ヤマトを観てきました。  映画

今日は朔日、映画ファン感謝デーで、オール千円。
そして、実写版「宇宙戦艦ヤマト」の封切り。

前からちょっと興味があって、行けたら観に行こう、と思ってました。
まぁとくに期待も、特別な想いもない作品でしたが・・。

原作が最初にオンエアーされたのは1974年、アタシが中2のころです。
初めから見ていたわけではありませんでした。

当時のクラスメートが、「おもしろい」と言うので見始めたのを覚えてます。

それからほぼ毎週、欠かさず観るようになりました。

宮川泰のあのおなじみのテーマ曲、当時からあちらこちらで吹奏楽部が演奏してましたね。

当然、今回の実写版にも使われています。ささきいさおのボーカルはないですけどね。

内容は、ほぼ・・・原作と違わないですが、やはり、いろいろと変えてあります。

だって、アニメのまんまだと、子供向けっぽくなりそうですから。

あいつとあのお方は声だけの出演・・・・。ふふふ、、、

アナライザー、いますよ。wwアニメよりかっこいいです。

内容は、ネタばれになるといけないので言いませんが、

原作と、今回のキャストをだしときましょう。

まずは、なんと言ってもこの方。

艦長 沖田十三as山崎努
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

地球防衛軍総司令 藤堂平九郎as橋爪功
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

古代守as堤真一
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

真田志郎as柳葉敏郎
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

島大介as尾形直人
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

佐渡先生as高島礼子
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

徳川彦左衛門as西田敏行
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

森 雪as黒木メイサ
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

古代進as木村拓哉
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

ふぅーーーーー!このへんにしとこう。ww

佐渡先生がなぜ高島礼子なのか・・・・ww。キャストがいなかったのか?


最初から、目が離せない場面が続きます。

ェーーこのタイミングでこのシーンかよ〜?ってところもあったけど、オープニングのささきいさおのナレーション、原作と同じで感動しました。

沖田艦長のあのシーン、、、
セリフが同じだけど山崎努の沖田は威厳があって、ホントに良かった。。。。


なんか、まとまりのない記事になってしまいましたな。。。。ww


面白かったです。

原作を見てから、この実写版をご覧になると更に面白いとおもわれます。



ガミラス星とイスカンダルは原作ではあんなのですが、今回のはこんなのです。。。。。って、いえなーーい。

あ、ちなみに、「酸の海」はないです。

イスカンダルのマザータウンなどもないです。wwww
0




AutoPage最新お知らせ