CHASE .2

宮崎を中心にソルト・フレッシュの壁なくすべてのルアーフィッシングを楽しんでいます。


 

CHASE

バス・海釣りならDRESS(ドレス)

潮見表

検索



このブログを検索

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ランキング

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

一息・・・

サーフマンカップも無事終わり一息ついた感じ!

だが今週末はまた大会・・・・

まぁとりあえずタックルの手入れでもしようかと。

マイ釣り部屋のバーカウンターの上でお酒を飲みながらリールをOH。

クリックすると元のサイズで表示します
DVD見ながら&お酒飲みながら・・・・

大丈夫かこのリール!

なんか部品が1個無くなった気が・・・・

まいっか!
クリックすると元のサイズで表示します
そんでもって今度はランディングギアの


グラスパーマチェットをOH
クリックすると元のサイズで表示します
どんどんばらして行く!
クリックすると元のサイズで表示します
洗浄しながらグリスアップしていく!
クリックすると元のサイズで表示します
一番大事な部品を慎重に洗浄してグリスアップ!
クリックすると元のサイズで表示します

完成!!
お気に入りのランディングギアなのでこれからも大事に使っていきたい!

これいいですよ!

お勧めです。
1
投稿者:enomo

秋の釣り大会IN天草

今月の初め頃に熊本の天草で開催された大会へ参加してきました。

本来であれば、あまりポイントがわからないので参加は考えてしまうのですが・・・

レインズのみっちゃんから強制召集。

仕事を終え約4時間の道のりをひた走った。

大会受付を済ませ。

ポイントへ

これまた遠い・・・

30分以上・・・・

ポイント到着して防波堤の上を歩きながら状況を確認しているとなんだか足が冷たい・・・

足の裏を見てみると!

見事に破れていた!
クリックすると元のサイズで表示します

でも靴下はいてるから冷たくはないはずなんだけどなぁ〜〜〜!

クリックすると元のサイズで表示します
良〜く見ると靴下もやぶけてました〜〜〜〜!

これは冷たい訳だ!

クリックすると元のサイズで表示します
日も暮れて良いよ釣り開始!

クリックすると元のサイズで表示します
でもその前に!

腹が減っては戦はできない!
クリックすると元のサイズで表示します
開始して、1時間以上当たりはなく、若干不安がよぎり始めた時!

突如としてみっちゃんにヒット!

クリックすると元のサイズで表示します
上がってきたのは、25センチクラスの良型のアジ!

中々いサイズです。

しかしこのサイズでは優勝はできない。

クリックすると元のサイズで表示します
その後10時間以上このポイントで頑張るも中々サイズは伸びない。
クリックすると元のサイズで表示します
朝まずめにはこんなのもヒット!

激流の中でポツポツと数は拾えるもののサイズは27センチ止まり!

12時間あまり戦い抜いて朝を迎えた。

クリックすると元のサイズで表示します
会場で表彰式や参加賞の授与が行われた。

クリックすると元のサイズで表示します

ゲストも迎えられており盛大な大会となった。

結果はどうあれ記憶に残る大会でした。

ちなみに僕はこの帰りに天草のお巡りさんにもお土産をもらいました。

切符という名の・・・(T T)
1
投稿者:enomo

シーバスみーつけた!

今週末に行われる大会のプラへイチミーと出かけてきました。

僕にある時間はこの日一日だけ!

しかもここ最近釣れてない河川・・・



さあ!パターンを探してみましょう!

って事でデーター通りにポイントを見て回る。

フムフム!

少ないながらも目的のベイトはいる。

この条件でいるなら・・・

ここにも!


やっぱりいた。


更に同条件を考えながら探して行くと・・・


またまたいた!


ふむふむ・・・

ここまで読みは完璧に当たっている。


更に地形をイチミーに聞きながら、考えて移動していくと。

ここにも!


なんか今日僕降臨してる感じ!

うふふ!


問題はこれにシーバスがリンクしているかどうか?


でわでわ!


キャストしてみる・・・・・





こんなんでましたけど〜〜〜〜!

クリックすると元のサイズで表示します

リンクを確認。

ただまだ個体数はそれほど多くない感じ!

ならばもう少し下?


しかしこの日は、ベイト探索に時間を費やしたので終了。

なんとなくだが、現在の状況のが読めてきた。

さあ後はパターンにはめるだけなのだが、僕は仕事が忙しく大会まではもういけない。


後をイチミーに託す。

状況的には週の中頃で気温が下がる予報だったので、おそらくベイトは移動しシーバスとリンクするはずと読んでいた。


案の定現在ベイトは移動したしまってる様だ。


だがここで問題が発生!

前回僕が爆釣したエリアがまた熱くなっているみたい。

70UPの写真が沢山送ってきた!

いいなぁ〜〜!

俺も行きたかったなぁ〜〜〜!

でもそれプラにあんまりならないじゃん!
1
投稿者:enomo

チェック!大淀シーバス


悲しい話がトップにあると気がめいってしまいそうなので、先週の大淀釣行の内容を書きたいと思います。


先週大淀へシーバス探しのプラへ出かけてきました。

イチミーとひたすら歩きまわり、橋を4本ほど両岸を歩いて探しました。

だが結果はいまいち!

ここぞという反応は返ってこなかった。

結局この日はそれで朝を迎え終了。

これで、終わる訳もなくすぐにリベンジ。。

今回は市内で用事があったので、そのついでに釣行。

現在の状況を家で整理して、データーとあてはめながらポイントは決めていたのでそこへいちもくさん。

ベイトは中々!

流れは上々!

連発!

1時間半ほどで!

計6本キャッチ!

マックス75と中々!

これは行けんじゃね!!!!

今回宮崎へ来る用事を持ってきた。K君に感謝!

ただ帰って写真を見てれば・・・・

ピンボケ・・・

フラッシュなし・・・

顔切れ・・・

バックもろ写り・・・・

しまいにはバッテリー使い切り・・・・

K君・・・

なんとか見れる写真もあるのですが、大会に向けてプラをしているローカルの方もいると思うので、伏せさせていただきます。

それよりも、この雨は何なんだ!

これじゃまたリセットだな〜〜!

また一からチェックかよ〜〜〜!


時間的にも体力的にももう無理かな。



後は任せたイチミー!
1
投稿者:enomo

永久に心の中に。

10数年前まだシーバスが沢山つれ、60クラスはまだまだ小さいなんていいてた頃。

我が家に家族が増えました。

父親の知人の紹介の関係で、その子は家へ来る事になりました。

最初はとっても臆病な奴で、一晩中さみしさのあまり泣いていました。

仕方なく僕の布団の横に特別に場所を作りそこで寝かせていました。

1か月もすると落ち着いたのか、夜泣きは収まり元気よく遊びはじめました。

その子の名は。

エルといいます。

クリックすると元のサイズで表示します

この子は今まで家で飼ってきた犬の中で、最も頭のいい子でした。

家へ来た時が3カ月位だったので、すぐにしつけを開始しました。

エルは恐ろしいスピードで様々な事を覚えていきました。

リードを放して歩いても、私の前には決してでません。

もし私が立ち止りエルが気付かずに通り過ぎても、「ちっちっ!」と舌打ちすると急いで私の横に付きなおしていました。

「行け」と言われるまでは、決して前にはでませんでした。

本当に賢い子でした。

エルの天才ぶりはこの程度にとどまらず、ジャンプと言えば飛び。指をさしてあれを持ってこいと言えば持ってくるし。ダメと言えばその行動をすぐに止めるなど、本当に言葉がわかってるんじゃないかと思うほどでした。

その言葉の理解力はたまに気持ち悪くなる位でした。

フリスビーも1日で覚えてしましました。

最初はただ投げて持ってこいをやったんですが、これは難なく1回でクリアー!

まあこれは木を投げて取りに行かせて遊んでたので当然と言えば当然なんですが、2回目は
走って追いかけている時にジャンプと声をかけてみると!

なんとジャンプして空中でキャッチ!

あっという間に覚えてしましました。

これに味をしめた私は色々な事を教え始めました。

金網を指差してジャンプと言えば柵を飛び越えるようになったし。

待てと言えば、500メートルくらい離れても待っていられたし。(それを超えるとほふく前進近づいてきてました(爆)

バンと言えば倒れて、よしと言うまで死んだふりもしてました。

そんな天才犬エルが、先週永い眠りにつきました。

本当に悲しい事です。


自分の体の一部がなくなってしまった様です。

エルは僕の人生の中でも、最も内容の濃い時期に一緒に過ごしてきました。

辛い時は何も言わず僕の眼だけを見つめそばにいてくれ、泣きたい時は僕の涙をぺろぺろとなめてくれました。

もちろん、楽しい事も一緒に沢山すごしました。

バスボートに乗っけて一緒に釣りに行ったり、川に魚を突きに一緒に行ったり。

本当に水が好きな子で、水を見ると飛び込まずには居られませんでした。


本当にいっぱい遊びました。


ですが、ここ数年様々な都合上隣町に住む事なった私は、エルと遊ぶ事が極端に減って行きました。

その頃からエルが段々と年老いて来たのを感じ始めました。

顎に白髪が目立ち始め、元気はあるのですが一人では遊ばなくなりました。

一緒に遊べばいつまでも遊んでいるんですが一人ではすぐに小屋に戻ってしまっていました。

そんな様子の変化に気づいてはいたのですが、元気はとってもよかったので、まだまだ長生きしてくれそうだと思っていました。

そんなエルが冷たくなっていたと聞かされ、目の前が真っ白になりました。

その日一日は全くやる気が起きず、エルの事を思い出すと涙しか溢れてきませんでした。

周りからは、ペットは人間よりも先に行くものだから仕方ない。

とか、そいう運命だったんだよ。だから仕方ない。といいました。・・・

ですが、僕にはエルが死んでしまう事が、仕方ない事だとはどうして思えませんでした。

例えそれがエルにとっての寿命だったとしても、せめてエルが息を引き取る瞬間はそばにいてあげたかった。

辛い時や楽しい時にエルが僕のそばにいてくれた様に。

でも僕はそばにいてあげる事ができませんでした。

突然の事だったとはいえ、とても悔しいです。

本当に悔しい。

助けに行けばエルが助かるものなら、どこへだって行きたい気持ちです。


エルが息を引き取る際に寂しく感じなかったか!


我が家に来てエルは本当に幸せだったか。


この事ばかり考えてしまいます。



僕の中でのエルの存在が本当に大きかったのだと実感させられました。


長い間、僕や家族を支えてくれてありがとう。

 
エルの事は一生忘れません。




またいつか天国で遊ぼうな!



エル!



確かに君はペットではなく




僕の家族でした。






PS
今回の事をブログに書くのはとても悩みました。
ですが、自分の心の中でこれからも生きていくエルの事を忘れないようにブログと言う  形で残しておこうという気持ち。釣りという魚の命を左右するスポーツをやっているも  のとして命の重さを一緒に考えて頂ければなと思い書く事にしました。

3
投稿者:enomo
1 2 | 《前のページ | 次のページ》
/2 
 
AutoPage最新お知らせ