CHASE .2

宮崎を中心にソルト・フレッシュの壁なくすべてのルアーフィッシングを楽しんでいます。


 

CHASE

バス・海釣りならDRESS(ドレス)

潮見表

検索



このブログを検索

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ランキング

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

カスタム!

クリックすると元のサイズで表示します

ようやく頼んでおいた。懐かしいものが届きました。

これ見て何か分かる人は、中々の通ですねェ〜〜〜!

これはFRP材料達です。

樹脂から硬化剤等など色々とあります。

最近ではホームセンター等でも見かけるようになりました。

今回これで何をしようかというと!

マイボートの補修とカスタム。

現在僕は2艇の船を所有しています。

1艇はFRPのバスボート。(沿海。夜間もとってます)

そしてもう1艇が今回のカスタム予定のボート。

この船は地元河川でボートからの釣りを楽しむために購入しました。

購入して早10年近くが過ぎようとしています。

この船は大型の魚の取り込みと浅瀬でも上がれるように和船タイプの船です。

水深50センチ位までガンガン上ってました。(若干下はこすりますが)

かなり色々な魚を釣らせてもらった船です。

ですが、ここ2年ほどエンジンの故障によりただ浮いているだけの船になっていました。

この船を2年ぶりに復活させようと目論んでいる次第です。

昔取った石塚クリックすると元のサイズで表示します
いやもとい。杵柄で!

カスタムしちゃいます。

近年、和船のルアー船カスタムの人気が出ています。

それというのも、和船の安定性と船縁の低さがその人気の秘密です。
キャスティングでパイルなどのストラクチャーを狙う場合もその船体の高さは大きく影響しますし、大型の魚をとり込む際にもその差は歴然。

実際この船を選んだ理由でもあります。

この船の購入時から現在までこの船は完全に和船!といった感じ!

これを今回ルアー船!て感じに大きくイメージチェンジしてみようと思います。

長い長い道のりになりそうですが、仲間たちの手を借りて完成目指して頑張ります。

まずは、長い間一度も手入れしていなかった。船体周りの補修から。

という訳で一番上の写真の材料を手配しました。

ん・・??

ホームセンターにもあるって言わなかったけ?

確かにホームセンターにもあります。

ですが。樹脂にも色々ありまして、ホームセンターにあるものは大抵船舶の補修には向きません。

おっと!誤解のないように!できない訳ではありません。
ただプロやベテランの方は使わないと思います。

それはホームセンターにあるものに問題がある訳ではありません。

タイプや作業内容によって変わると言うだけです。

長くなりそうなのでこの辺は省略します。(気になる方はお教えします。爆)


まずはデッキ周りから通常船はFRPでできています。

FRPって何?

繊維強化プラスチックの事です。ガラス繊維等の様々な繊維を樹脂で固めて繊維補強されたプラスチックです。

この中に含まれる繊維や樹脂の種類によって呼び名は様々です。

ガラス繊維強化プラスチック (GFRP)

炭素繊維強化プラスチック (CFRP)
等など。

このFRPをまずは補修していきます。

割れている場所はもちろんの事、クラックも注意深くチェックしていきます。

FRPはむきだしだと防水性に問題があります。(本来は問題ないのですがむき出しだと紫外線劣化や傷等。繊維の隙間から水を吸います。)

オズモシス等。それを防ぐためにFRPの表面にはゲルコート処理がされています。

ゲルコート?これもまた同じ樹脂の一つです。通常新艇のボートはゲルコートの状態で販売されています。ゲルコートも磨きあげれれて鏡面に近い光沢を出しているので、そのままで乗るもよし、お気に入りのカラーに塗装するもよし。って感じです。

このゲルコートも劣化してきます。ゲルコート自体のクラックなら問題ないのですが、そのクラックからFRPに水がしみ込むと問題が発生します。ブリスターやFRPのクラック等です。
これを放っておくと更に被害は増大します。FRPの下にあるデッキ(木製)まで腐って貼り直す事に・・・

これまた長くなりそうなのでこの辺で。

そのクラックをチェックしながら怪しげなクラックは削ってみる。

案の定下のFRPに多少ではあるがブリスターを発生させていた。

損傷が無くなるまで周りのゲルコートを剥ぎ取る。

その部分にFRPを積層して修理していく感じだ。

この新しく補修したFRPも防水処理をしなければいけない。
これも色々と方法はあるのですがこれまた長くなるのでやめておきます。

と!こんな感じでまずは補修。

その後カラーリングや艤装にによってルアー船にカスタムしていきます。
5
投稿者:enomo

最近のシーバス

ここ最近シーバス載って無いね!!

と言われたので、ここ最近のシーバス事情を!

基本的には最近はデイゲームで遊んでます。

梅雨の雨で河川はほぼ常に増水している状態。

例年ならハマるはずの増水パターンも年々ハマらなくなってきている。

河川全体の遡上シーバスの数が明らかに激減している気がする。

5〜6年程前ならこの時期5本釣るのは決して難しくなかった。

一年間のシーバスキャッチ数が一番伸ばせるのもこの時期だった。

稚鮎に素直についているシーバスを釣るだけといった簡単な釣りだった。

稚鮎の遡上、ステイするポイント等は例年とさほど変わらないのだが、それについて遡上するシーバスの数が少ない。

これはあくまでも僕の地元河川で、自分の釣りという条件下において感じている事なので、全ての場所・アングラーに当てはまるものではないので誤解のないように。

例年通り今年も稚鮎のステイポイントには沢山の鮎がスケジュール通りに上がってきた。

しかし!!!

シーバスが殆どついていない!

付いていてもセイゴクラスが大半・・・・

稚鮎の遡上初期、つまり1陣の群れには70クラスもチラホラ付いていたのだが、その後は続かない。

それどころか上流域ではシーバスを見つけきれない・・・


何処へ・・・



探す・・・・探す・・・・探す・・・・



データーとニラメッコ・・・・


おぼろげだが解ってきた気がする。

でもそれは人間にはどうしようもない次元の事。

仕方なく今の状況での打開策を考える。


ふと思いついた釣りを試すと!

クリックすると元のサイズで表示します

65センチほどのプロポーションの良い個体が。

ん〜〜〜????

正解なのか????

ただこれは、別にこれと言って特殊な事をして釣っている訳ではない。

いたって普通に釣っているだけ。

何が違うかというと・・・

これはまだ調査段階だし長くなりそうなのでまたの機会に。(爆)

この調査の段階で、あるエリアも念入りに釣って歩いている。

このエリアにシーバスアングラーは殆どいない。

というか自分は出会った事がない。

このエリアでは10年以上前から釣りをしたていた。

ただ自分の弟子たちにすらこのエリアの事は伏せていた。

伏せていたというより、そのエリアはかなりムラがあり常時シーバスのメインフィールドとはなりにくいという事で、そのエリアは考えなくていいと教えて来た。

だが、最近そのエリアや普段釣りしなかった場所に魚が付いている??

釣られずに残っている??

どちらかなのかはまだ分からないが、コンスタントに魚がでる。

これが、地形や季節等の環境の変化でそうなっているのであれば、データーをとり直せばまた組み立てができるようになるのだろうけど。

単純に魚が減って、人がやらないエリアだけスレてない魚が残ってるだけ!って事ならどうしようもない。(爆)

だが、後者を打ち砕く出来事があった。


それは、取材前日のプラで起こった。

取材日はいつものように悪条件、河川は真っ茶色。当然サーフや磯もかなりの濁り。

そんな中何かを釣れとの依頼。

河川を見て・・・サーフを見て・・・

そして、伊賀忍ヤスから某河川は濁りが薄いとの情報と、その近辺で最近マゴチが上がっているらしいとの情報をもらった。

それを聞いた瞬間ひらめいた。

濁り…薄い…そのエリアでマゴチ好調…

ポク・ポク・ポク・ポク・・・・・チン!!!


ベイト次第でハマるかも・・・

後は行ってみないと解らない。

って事で行ってみると!!!

ベイトがピチャピチャ!!

岸際でコエバらしきライズも出てる!!!

これはこれは!

しばらく様子を見てると!

シーバスらしきライズが出た。

おお!!!


これはハマる。

タックルを準備してキャスト開始。

トップをピョコピョコ・・・反応なし・・・・

いつしかライズは至る所で出始めた。

その数は、ここ最近シーバスが少ないなんて言えなくなる位、数百メートル四方でボコボコに出ている。

なのに反応しない!  あったまきた〜〜〜!絶対釣ってやる!

30分後ようやくパターンを見つけた。

それからは入れ食い。

クリックすると元のサイズで表示します
1投1匹状態の入れ食い。

対岸では伊賀忍ヤスがヨダレを垂らしながらそれを見ている。

だから、1匹釣れる毎に電話してあげた(爆)

しかし、一体君たちはどこにいて、どこから来たんだって位に入れ食い&無数のライズ。

久々にこんな状況に出会えた。

当然の如く翌日の取材も入れ食い。

仲間を呼んで皆で堪能。もうお腹いっぱい状態。

だが、この爆釣も予想どうり2日程で終了した。

濁り・クリアー・ベイトこの3つがリンクしていてこその爆釣だったので、どれか一つでも欠ければダメになるだろうと予測していたら案の定終了。

個人的にはこの釣りにも飽きていたので、満足だったのだが仲間にもっと楽しんでもらいたかった。

この出来事でまた頭がこんがらがってきた・・・・

とりあえずはある程度のデーターが集まらないと話にならないって事で日々調査に明けくれてます。

クリックすると元のサイズで表示します
2
投稿者:enomo

フレッシュウォーター!大人の釣り

連投です。

今回は久しぶりにバスフィッシングに行ってきました。

それというのも前日の夜にこまっちゃんがMSTのジャンケン大会でゲットした。

パームスのロッドショアガンを受け取りに来た事から始まりました。

E「明日なにかしよっか?」

こ「良いですね〜〜何がイイですかね〜〜」

E「状況的にはバスか渓流か雷魚って感じかなぁ〜」

こ「そういえばネゲさんが昼から渓流行くとか行ってました。」

E「そうなんだぁ!・・・ん?・・・・まあいいか・・・で君は渓流行きたいの?」

こ「いや!渓流はいいです。バスに行きたいです!!!」

E「・・・・・そうなんだバスに行きたいんだ・・・わかった」

こんな感じでイチミーに連絡二つ返事でバス釣行決定。

クリックすると元のサイズで表示します
約1年ぶりに来たバス釣り。

やっぱり最高にきもちいい。

とにかく緑が綺麗なんです。

風が気持ちいいです。

こんなの仕事で毎日見てるんです・・・・・


あれ・・・・????


でも綺麗に感じるんです!!!!!

クリックすると元のサイズで表示します

今回は3人という事で、アルミボートでゴムボート牽引使用。

まだバスボートに乗った事のないこまっちゃんに体験させて上げる為に、今回は僕がゴムボートに乗船。

ゴムボートは視界が低く、サイトフィッシングはできません。

バスボートと比べるこの辺りがかなりハンデとなります。

更に基本立ってキャストはできないので座ってのキャストを強いられます。

しかし!ゴムボートにも良いところはあります。

まずかなりくつろげます。

ソファーに寝ぞべって釣りしてる感覚です。(爆)

しかも今回の使用は寝ていてもポイントに引っ張って行ってくれます。
とても快適です。

まあ翌日日焼けでお風呂で泣きを見た事は言うまでもない・・・・

クリックすると元のサイズで表示します
こまっっちゃんは折角バスボートに載せてあげているのに、オーバーハングに打ち込めず座ってキャスト。

バスボートの意味全くなし・・・・

その後僕に怒られて立ってキャストの練習。
クリックすると元のサイズで表示します
その頃になると僕のキャストはマックスに。

入れられない場所は存在しない位に!(爆)

ん〜〜〜!やっぱりバスフィッシングは楽しい。
クリックすると元のサイズで表示します
そんな中今回の釣りの主導権(エレキ)を持っているイチミーはナイスなバスをゲット!
クリックすると元のサイズで表示します
いかにもって感じで写真が撮ってあったので一応掲載します。(爆)
クリックすると元のサイズで表示します
踏めもしないエレキに片足乗せてバスマンの気分を味わうこまっちゃん。
クリックすると元のサイズで表示します
今回のもう一つの楽しみ。
激うまホルモンと激うま味噌鳥豚。

キャベツと一緒に炒めると恐ろしくうまいスープができあがり、キャベツとホルモンを一緒に食べると絶品のホルモンです。

これは僕の知人の所で製造しているのもので、どこででも購入できるのものではありません。

食べてみたい方は連絡くれれば買ってきますよ!

もう一つの味噌鳥豚は佐土原のお店で売ってます。これもうまいです。しかも激安。

クリックすると元のサイズで表示します
激うま肉を食べながらビールを飲み大分い気分になってきている二人。

クリックすると元のサイズで表示します
気分が良くなって釣りそっちのけでゴムボート川下りで遊んで満喫したり
・・・

そんなこんなでこの日も楽しい時間を楽しい仲間と共に過ごし楽しい一日でした。
2
タグ: 渓流 
投稿者:enomo

レイン。


レインから新製品情報。
続々と新製品が!
クリックすると元のサイズで表示します
プライヤー類も豊富にラインナップ。

左はシーバスなどに最適なサイズ。
真ん中はライトジギング等に。
一番右はアジング等のライトゲームに。
全モデルにめちゃ切れるラインカッター搭載。

クリックすると元のサイズで表示します
ナイトチニングに使えるアックスクロー。
クリックすると元のサイズで表示します
これぞ男のタングステン。

超ヘビーサイズ。

オフショアの新たなる可能性を秘めてます。

70グラムオーバーもラインナップ。
クリックすると元のサイズで表示します
爆釣間違いなしのアジサバイブも好評発売中です。

レインズアジングDVDでその恐るべきスペックが公開されています。
クリックすると元のサイズで表示します
2
投稿者:enomo

トカラ釣行

ここ最近の釣行をご報告。

まずは今年二回目のトカラ列島。
クリックすると元のサイズで表示します

またまた来ちゃいました。トカラ列島。

台風接近などで出発前からバタバタとしましたが、思いきって出港。

トカラの天候は出発した鹿児島とは大違い。

晴天でした。

鹿児島は通行止めが出る位の大雨だったのに・・・

トカラに到着して、おちゃん2名は夜まで民宿に引きこもり(爆)

僕は元気いっぱいこまっちゃんと共に
デイゲーム釣林寺。

ただあまりの灼熱に磯に生き気力は失せて・・・

堤防ゲーム

この日のこまっちゃんは絶好調。

クリックすると元のサイズで表示します
ゼスタアフターバーナー!でハタヒット!
クリックすると元のサイズで表示します
連発で今度はアカハタゲット。

やるね〜こまっちゃん。
クリックすると元のサイズで表示します
更に元浦から切石港に移動してヒット。

ボス何か来ました。

でも・・・

なんか引きません(^^;)


クリックすると元のサイズで表示します
上がって気なのはこまちゃんと同じくらいのサイズのアオヤガラ。

クリックすると元のサイズで表示します
本番である夜のGTはトビが殆ど入らず・・・

同じ日に来られていたアングラーに20キロ位のGTがヒットして終了。

不完全燃焼の釣行となった。

来年は巨大なGTに逢える遠いなぁ〜
いやいや贅沢だ。

小さくても全力で釣りをして納得のいける。釣行ができればそれでよし。


こまっちゃん滑走路から離陸に挑戦するも!
クリックすると元のサイズで表示します

失敗!
クリックすると元のサイズで表示します
爆裂な筋肉痛に襲われる(爆)
1
投稿者:enomo
2 3 4 5 6 | 《前のページ | 次のページ》
/32 
 
AutoPage最新お知らせ