2009/10/30

きっかけ!?  準備&整備

ヨットマンにとって最も欲しいものは???
豪華なヨット?・・セレブなヨットハーバー?・・たくましいクルー?・・綺麗なパートナー?・・・

個人差はあると思いますが、私は時間でした!?
ヨットの速度はContrailで5〜6Kt(時速10Km・自転車の速度位)。
大阪湾を横断するのに6〜7時間かかります。

在職中は瀬戸内海や紀伊水道をクル〜ジングするのがやっとでした。

今は思いっきり365日自由に使えます!!
ヨットを始めて35年、夢が見えてきました!

まずは故郷の佐渡島にクル〜ジングと決めたのが今年のお正月!
夢が膨らんで、本州を一周してまえ!!次は四国、九州・・・
そう・下地島にも行きたい・・・

目標が見えてくると準備不足が露呈してきました。今粛々と進めています。
4

2009/10/29

北前船その2  準備&整備

日本海を航海しているヨットが年々増えてきている。
今はリアルタイムでNetを通じて情報が入るのでとても参考になります。

航路はやはり先人の知恵や経験を拝聴して「北前船」の寄港地を選んで航海しているヨットが多いようです。

「北前船」についてちょっと講釈を!?(だだ今、勉強中!)

・船主や船頭たちは若狭、越前、加賀が多い(有名なのは加賀の銭屋五兵衛・・)

・当初は大阪や京都から琵琶湖を経由して日本海の若狭〜加賀から船で蝦夷に向かっていたが、効率が悪く、彼らが大阪までやってきて「北前船」で瀬戸内海〜関門海峡〜日本海沿岸〜蝦夷の地へと交易をした。

・1航海/年で4月の初めに大阪から米、酒、塩、煙草、衣類などを積み込んで出航し、寄港地で商売しながら約2か月、5月下旬に小樽に到着、蝦夷では江差、松前などで海産物(昆布、干鰊、数の子など)を積み込んで7月下旬に出航〜11月上旬に大阪に帰港が主流でした。

・天候には大いに左右されるので、日和待ちに適した寄港地になっています・・・・これはヨットでも同じです!

てな訳で何泊何日?は天候次第!日和待ち、疲労回復待ちもありで未定です。

4月中旬に西宮を出航して、このブログでリアルタイムの航海記をUPしますので途中参加して下さる方は随時Joint OKです!
クリックすると元のサイズで表示します
1

2009/10/29

北前船  準備&整備

来春の日本海周航に向けて、夢を膨らませながら、海図をプロット中です!
コースは江戸時代に大阪から蝦夷の地(小樽)まで海上物流を担っていた「北前船」の寄港地を温泉やグルメなども検索しながら頭の中で航海中です!?
1

2009/10/26

teacup.ブログ START!  準備&整備

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ