2011/6/5


昨日は関西から仲間がフェリーで佐渡へ、弁慶(回転寿司)で佐渡産のまぐろ、ぶり、のどぐろ等、関西では高価なものばかりをたらふく食べても格安で美味しい!

露天風呂だけの椎崎温泉に入って隣の諏訪神社の薪能へ、積乱雲が立ちこめ、雷鳴と時々雨の中を予定通り開演、いつもと違った雰囲気でした。
演目は「杜若」(かきつばた):藤原業平の恋物語です。

今日は佐渡観光:相川金山〜尖閣湾〜七浦海岸〜真野歴史館〜小木〜宿根木・千石船〜鼓童村〜大膳神社薪能と狂言鑑賞・・・(写真は帰ってから添付します)

・佐渡金山:坑道内のロボット無宿人工夫は生きているようで生々しい!
クリックすると元のサイズで表示します
・道遊の割れ戸:露出した鉱脈から坑道が始まった!
クリックすると元のサイズで表示します

・尖閣湾:景勝地No1
クリックすると元のサイズで表示します

・大膳神社薪能・演目は「敦盛」シテを演じる15歳の少年の演技が素晴らしかった!
(敦盛は16歳で須磨の合戦で打ち首、同年輩の少年が演じるのは理にかなっている)
クリックすると元のサイズで表示します
大膳神社の能舞台は珍しい日輪を配している。「影向」(ようこう)と云う信仰的意味によるものらしい!!

**明日は柏崎はパスして新潟県能生漁港に向かいます。
(七尾湾で2〜3日ゆっくりしたいので・・・
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ