2013/2/25

蓄電システム  装備品

最新鋭のB787もバッテリーに深刻な問題を抱えて運航停止に陥っている。

最近の車もチョッとしたバッテリーの電圧低下で全く動かなくなってしまう・・・こんな経験はボクだけではないと思いますが・・・・!?
昔は「押し掛け」なんてこともやりましたが、今の車には通用しません。

ヨットの場合・・・ヤンマーのGMシリーズには手回しハンドルが付いていて、バッテリーが上がった時に、ハンドルでENGを起動することが可能だが、もう体力的には2GM以上は無理かな!?
新しいヤンマーYMシリーズは手回しシステムも付いていません。

「蓄電システム」はあらゆる乗り物の生命線とも云えるかと思います。

そこで、.comをつけて「蓄電システム.com」で検索したらいろいろ勉強になり、さっそくこんなのを取り寄せて、Con嬢に取り付けてみました!
クリックすると元のサイズで表示します
Made in Chinaですが価格が手頃で、丁度ハッチのサイズにピッタシなのでGet!
チークのフローリング材を使って木枠を作り、両面テープとコースレッドでスライドハッチのアルミ枠に留めました。

ここはドジャーの前なのでスプレーがもろにかかります。
まずはTest sailing・・・この土日は寒波到来で大阪湾も15−20kt、波高1−1.5m結構な海況でしたが、Testには最適でした。
久しぶりに冷たいスプレーを頂き、チョッと気合いが入りました!
クリックすると元のサイズで表示します

外洋にでれば、更に過酷な海況になるので、もっと補強したい。
スライドハッチは曲面なので、スムースに動かすために木枠の前後は同じ2次曲線に切りました。
曲線細工はボクの得意とするところです!?

**蓄電システムは今回全面改修予定・・・・続きます!
0

2013/2/12

堺出島ヨットハーバー  ミニクル〜ジング

寒い2月の連休(2/10−11)、天気予報は☀、7℃・西寄りの風5−7m/s。

ちょっとだけ海に出たい気分になった時に、西宮から南に10nm(約2h)のミニクル〜ジングは堺市の出島ヨットハーバーがContrailの最も回数の多い寄港地です。

2連休は西風が強いがコースはアビーム! 6−7ktの快適セ〜リングでした!

堺出島ヨットハーバーを管理する「日本OPヨットセールス」は保管パーツが充実していて、コントレールのパーツも殆ど此処で補充しています。
今回も新規に110%ジブセールの購入を依頼しに来ました。

写真:日本OPヨットセールスのチャンドラー
クリックすると元のサイズで表示します

今のContrail三号艇(First305)は22年前、ここで上架展示(中古で)されていた時に一目ぼれして即買いでした!
最近の大きな買い物は3年前のヤンマー3YM20も此処で仕入れ、換装をしました。

此処での新艇販売は横山設計のOLD SALT、ポーランドのHABER、英国のCornish Crabberなど、他のヨット業者とはちょっと異なるヨットを販売しています。
欧米の熟練セーラーが好んで乗っていると云うか、シングルハンドで日本の沿岸をクル〜ジングするには最適のヨットと思います。
もし、車を所有するような感覚でヨットを2艇所有出来るなら、J−24(レース用)とHABARシリーズのガフリグ(日本周航用)が理想です!
http://www.op-yachts.com/

出島ヨットハーバーは初めて入港するには、入り口が中々見つけずらいかもしれません。

写真:大阪市のシンボル/貿易センタービル、南港の焼却炉煙突(100m)の南側の港湾に入り、SHARPの新工場の南側水路を進入。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

写真:SHARPの奥は左が堺港、右が出島ヨットハーバーの入り口、干潮時は真ん中を走って下さい。
静かな入り江の右奥がハーバーです。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

レッカーバースが空いていればここに停められますが、事前連絡すればスタッフがバースを指示してくれます。

写真:OPオーナーが創業時に植枝した桜が春になると満開になります。コントレールのお花見パーティーも此処でよくやりました。
クリックすると元のサイズで表示します
**入り江の奥に在るので、沖は荒れていても此処はいつも静穏です!
また、セ〜リングボートオンリーにこだわっているのはIYCと同じです!

**陸上からのアクセスは至便(南海線・湊駅から徒歩3分)、駅の近くには居酒屋多数、こんとれ〜るのお気に入りは「長岡」の天丼&ざるそばセット(780円)です。
また、潮湯銭湯(沖から海水を引き、濾過して沸かしている)が気持よい!

**ハーバースタッフの野崎航祐君:大阪府大(ヨット部主将)から、英国・プリマス大学造船工学部でプレジュアーボート設計を修得して来ています、その豊富な知識をBackにいろいろ相談に応じてくれます。

***3月16日上架〜30日下架の上架整備をここで予約しました。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ