2013/3/11

蓄電システムその3  装備品

また、寒の戻り!
日曜日午前中は蒸し暑く20-23℃、お昼頃に黒雲が六甲の方から押し寄せて来て一転暴風雨!
気温は急に寒くなり10℃以下に・・・2-3時間で10℃以上の温度差に身体が付いていけない。

しかし、ソーラーは暴風雨でもちゃんと発電をしていました!

今回の電気工事は素人がいろいろ勉強しながらCon嬢の電気配線をレストアしました。

@バッテリー:G&YU製105Ahx3
・ENG起動用(ENG室):充放電はENG駆動オルタネーター/スターター
クリックすると元のサイズで表示します

・アクセサリー用x2/並列(右セティーバース下):充放電はソーラーから常時/NFB(20Aブレーカー)を介してACC'SWへ
:ENGスターターのバックアップ用に直接メインスイッチに配線。
クリックすると元のサイズで表示します

A起動用Main SW(OFF−1−ALL−2)
・通常は2で起動、バックアップで1で起動、ALLは3個のバッテリーに接続、機走時に全てのバッテリーに充電するときに使用。
クリックすると元のサイズで表示します

BAccesery SW Panel
・パネルの裏側はたこ足配線、これではトラブルを生みだす!?
クリックすると元のサイズで表示します

・バス(配電板)に特にー配線を整理した、+配線はパネルに整理されている。
クリックすると元のサイズで表示します

・ACC’SWとLED灯(緑)を新設して、シガーソケットに電圧計を入れて常時フロー電圧をCK。
SW表示はORGは仏語と英語で表示しているので解りやすいように日本語のシールを貼る。
・・・これでチョッと様になって来ました!
クリックすると元のサイズで表示します

**今後の課題はインバーター:現状500Wで、TVは見れるがWashletトイレや電子レンジは無理、1000〜1500Wに交換が必要。
頭を整理しておくためにもCon嬢の電気配線図を作らないといけない!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ