2013/5/31

紀伊勝浦ー周参見漁港  伊豆・東京湾クル〜ジング

早朝(まだ暗い5時前)に、隣のシニア3人のティンカーベルは白浜に向けて出航!
クリックすると元のサイズで表示します

見送った後、海保の海流情報を見たら、昨日から黒潮は潮岬に最接近中と!?
昨日の時点では南下していたのに・・・もっとリアルタイムの情報が欲しいな!

ならば、潮岬越えの作戦は紀伊大島の内側を通り、串本大橋をくぐって潮岬に抜ければ黒潮の影響は少しでも回避出来るかも!?

0630勝浦を出航、湾の出入り口はこの鰹島灯台を西側に見て通過します。
クリックすると元のサイズで表示します

東から串本港に入るときはこのような岩礁があって要注意です。
クリックすると元のサイズで表示します
「橋杭岩」と云って串本の景勝地のひとつでした!

大島の内側は反流があり、+2kt位でした、大橋を抜けていよいよ潮岬へ!
クリックすると元のサイズで表示します

潮岬に近いコースを取る・・・沖は本船が数隻・・・低速は本船の方が2倍以上速いはずだが位置関係は変わらない・・・黒潮の影響かも!?
Con嬢は-2〜3ktでGPSは4−5ktを維持してくれている。
クリックすると元のサイズで表示します

順調に潮岬灯台を越えたがやはり波は悪い、三角波が立っています。
クリックすると元のサイズで表示します

周参見沖までは-1〜2ktの逆潮があります、
周参見港入港ガイダンス:天神山に40度の進入コースで入港、波が悪かったので港内でセールを降ろし、接岸準備、1220所定のビジター岸壁に接岸!(34nm)
クリックすると元のサイズで表示します

*対岸に(JR周参見駅方面)に国民宿舎があり、500円で温泉に入れます。
ぐるっと回るので1km以上ありますが、散歩して来ます。

**明日はまた梅雨前線の影響で、☂☂!
しかし、少しずつ北上すれば前線から離れて良くなりそうなので、白浜か方杭に向かう予定です。
5

2013/5/30

太地のクジラ  伊豆・東京湾クル〜ジング

朝、愛知の「MK−V」は九鬼浦に向けて出航して行った。
潮岬越えの2艇はまだ此処に留まっています。
クリックすると元のサイズで表示します

今日はJRで2駅の太地町へ、太地と云えばクジラ漁で有名な処です。
今はクジラ館と云うイルカやクジラのショーやクジラ博物館があって、興味があった。
クジラ公園の中に、退役した捕鯨船が展示、結構大きな船でした。
クリックすると元のサイズで表示します

小さな湾の中でクジラとイルカを飼育していて、直接触れ合うことが出来ます。
クジラはコビレゴンドウクジラとハナクジラと云う小型の種類です。
クリックすると元のサイズで表示します

クジラのショーは初めて見ました!
クリックすると元のサイズで表示します

**明日は1日だけ梅雨の明け間、潮岬を脱出したいので、お昼までに越えられたら、周参見漁港に向かおうと思います。
土日は又梅雨空になりそうで周参見でWX待ちします。
4

2013/5/29


昨夜からの雨は止むことなく、今日一日中☂☂☂の予報です。

上空は強風の音は聞こえますが、この岸壁はいたって静穏です。
この倉庫前の岸壁は3艇ほど留められますが、もう一杯です!

クリックすると元のサイズで表示します
Con嬢の雨対策はこの程度ですが、後ろのNau321は完璧にシェードされています!

昨日、約1h(小オキアミレンガ1個無くなるまで)、デッキから糸を垂らしたら、豆アジが入れ食い!・・・40匹釣れたので唐揚げにして、南蛮漬けで一晩寝かせました。
クリックすると元のサイズで表示します
これが最高の味で、朝からビールが欲しくなります!

こんな日は温泉リゾートに限ります!
対岸に「ホテル浦島」があり、ピストンで近くの桟橋から連絡船で渡してくれます。
施設内に6種類の温泉があって、温泉巡り入浴は1日1000円です。
先日は大きな洞窟の「忘帰洞」、33Fにある勝浦港を一望できる「遙峰の湯」に入ったので、今日は時間をかけて、こじんまりした洞窟の「玄武洞」、32Fの熊野灘を眺望する「天海の湯」、潮騒の音と香りの「磯の湯」、小さな滝がある「滝の湯」に行ってきます。

クリックすると元のサイズで表示します
天海の湯はお昼前なので貸し切り状態、プッツンしてここに電気シェーバーを忘れた・・・明日取りに行きます。

クリックすると元のサイズで表示します
玄武洞は忘帰洞よりもこじんまりしているが、潮騒が近く、こちらの方が好みです!

全ての温泉のスタンプを集めると租品がもらえるのでそれも楽しみ!!
(残念ながら勝浦温泉の粉末でした!)

**和歌山南部は梅雨入りしたかのような天気が続いてます、なんとか北上して梅雨前線から離れたいのですが、難関の潮岬が今日も風速10m/s以上、波高3m以上の大荒れです。
2〜3日前から黒潮は潮岬から南下したので、今がチャンスなのですが・・・
日和待ちは続きそうです!
(28日にすでに近畿地方は梅雨入りしたようです、ずいぶん早いですね!)
4

2013/5/28

世界遺産その2  伊豆・東京湾クル〜ジング

前回、観光バスで駆け足観光した「熊野詣」のやり残した熊野古道を少しだけ登った。

路線バスで熊野古道の登山口「大門坂」まで行き、登山開始。
クリックすると元のサイズで表示します

登山口は大きな夫婦杉で大門のようだ。古式衣装は観光用貸出です。
クリックすると元のサイズで表示します

ゆっくりと1h程階段を上がると那智大社に着きます。
熊野古道はその奥の熊野本宮大社まで約30km(10h)まで続くそうなのであきらめます!
クリックすると元のサイズで表示します

涼しい風が吹いて、気持ち良い登山でした!
クリックすると元のサイズで表示します

雨が降る前に20L缶のガラガラを引いて2km先の国道のGSへ・・・
勝浦の町は商店街の中でほとんど生活用品や食材が入手できるが、GSが遠いのが難点でした。
しかし、街角の随所に「足湯場」があり、きれいなトイレが併設されていてありがたい。

今ヨットを留めている岸壁から徒歩3分の処に公共温泉「はまゆ」もあります。

地元のヨットマンもよく訪ねてきます、昨晩はマグロを差し入れて頂きました。

今、またヨット1艇が避難して来ました。
浦賀・マリーナヴェラシスから来た「ティンカーベル/NAU321」です。

皆さん、ここでWX待ちです。
4

2013/5/27

紀伊勝浦・マグロの漁港  伊豆・東京湾クル〜ジング

早朝から、強風の音がする、ここは漁港の奥の奥なので波が立たず、安心です!

マグロはえ縄漁船が8隻水揚げしていたので早朝からセリが始まるとみて行ってみました。
クリックすると元のサイズで表示します
各地のマグロはえ縄漁船が勝浦港に集まってきています。

0700からセリが始まりました。
クリックすると元のサイズで表示します
大きなクロマグロ2本、右側は200kg以上と思いますが4500円/kgでせり落とされていました。
びんちょうマグロやキハダマグロは10本単位でせり落とされています。

はえ縄に「マンダイ」と云う珍しい大きな魚も掛かるそうです。
クリックすると元のサイズで表示します

カジキマグロはあまり人気がないようでした!
クリックすると元のサイズで表示します

一度このようなセリの場面を見てみたかったので早朝から貴重な体験をさせて頂きました。
4

2013/5/26

九鬼浦ー紀伊勝浦港  伊豆・東京湾クル〜ジング

満月のきれいな静かな夜だったが、早朝4時頃から漁船が動き出す、岸壁を離れるとフルスロットルで出て行くので引き波がスゴイ、とても寝ていられません。

0600早々に九鬼浦を出航、今日の熊野灘は連れ潮、追い風だが波が悪くて乗り心地が良くありません。

九木崎の隣の三木崎、この奥に三木浦漁港があって、浮き桟橋が使えるとのことでした。
クリックすると元のサイズで表示します

勝浦の「ホテル浦島」が見えてきてホッとしたが、波が悪くセールは港内に入ってから降ろすことに・・・。
クリックすると元のサイズで表示します

11時頃に勝浦の前回と同じ岸壁に係留、愛知のMK−V(Y−31EX)同時入港。

クリックすると元のサイズで表示します
大潮の最干潮、岸壁によじ登るのに一苦労です、明日からこの時間帯はヨットに居ないことにします。

**明日からは低気圧の接近で、風波が強くなり、潮岬では10m/s以上、また黒潮が潮岬に最接近中、明後日からは雨模様・・・・
条件が良くなるまで勝浦港で温泉に浸かりながら日和待ちします!
天気予報では来週はず〜っと天気悪そうですね!?
4

2013/5/25

波切ー尾鷲・九鬼浦漁港  伊豆・東京湾クル〜ジング

0630波切漁港を出航、
朝日を受けた大王崎灯台はやはり、海から見る方が良いと思います!
クリックすると元のサイズで表示します

布施田水道入り口の両側は大きな定置網に囲まれて要注意です。
暗礁群の中の水路は灯台とブイで解りやすいのでここを通りました。

クリックすると元のサイズで表示します

尾鷲市の南隣に九鬼浦漁港があります、この九木岬の裏側になります。
クリックすると元のサイズで表示します

天然の入江の奥の奥・・・GPSがないと入り口がわからず引き返してしまいそうです!
クリックすると元のサイズで表示します

風光明美な入江の奥に九鬼浦漁港の浮き桟橋がありました。
入港:1230/38nm
クリックすると元のサイズで表示します
丁度、九鬼神社の鳥居の前の桟橋です、原則左側に中、大型艇2艇停められます。
クリックすると元のサイズで表示します

*九鬼水軍の本拠地でした:戦国時代、織田信長や豊臣秀吉に仕えて活躍した水軍です。

九鬼神社に安全航海をお祈りして、更に杉木に囲まれた参道をあがると海が開けました!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

自然に囲まれた素晴らしい処です・・・が買い物など何もありません・・
ところが、演歌をガンガンならして尾鷲から八百屋さんの行商バンが来ました!
毎週土曜日の行商だそうで賑わってました、ボクもトマトと玉ねぎを買いました。

**明日から南東風が吹き始め、明後日から悪天予報です。午前中に紀伊勝浦港に入り、逗留準備をします。
3

2013/5/24

福田ー波切漁港  伊豆・東京湾クル〜ジング

目的地を波切(なきり)漁港と決めて、朝6時に福田港を出航!

今日までは遠州灘は静かにしてくれるらしいので、一気に志摩半島の先端・大王崎・波切漁港をめざす!(55nm)

朝日をセールにいっぱい浴びて快調なセ〜リング!クリックすると元のサイズで表示します

伊勢湾に出入りする航路に入ると大型船がクロスします。
クリックすると元のサイズで表示します

大王崎灯台と波切漁港の入り口が見てきました。
クリックすると元のサイズで表示します

1430、漁協岸壁を挟んで南側は槍付けが基本らしいが、北側は十分空いていたので横付けした。
直ぐに畑重石油に電話して軽油36L配達してもらった。(0599-72-0262)
クリックすると元のサイズで表示します

55nm/8h30m・・・さすがに疲れました、航行中はクラッシック(主にモーツアルト)を5hボリュームを上げて走っていたのであっと云う間でした!

*大王崎は絵画マニアの対象になるらしい、公衆トイレの手洗いに絵の具を洗わないで・・と注意書きがある。
確かに風光明美な処です。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

風呂は近くの民宿大王荘にTELして使わしてもらい(500円)、併設している居酒屋で食事を済ませました。客はボク一人でした!

**明日は熊野灘、尾鷲の九鬼浦漁港に向かいます。
(月曜日から悪天が予報されているので逗留にGoodな勝浦港に日曜日には入りたい)


1

2013/5/23

御前崎ー福田漁港  伊豆・東京湾クル〜ジング

昨晩、地元のヨットマンが訪ねて来て、近海の情報を頂きました。
そのINFの経路で御前崎の要所を通過。

0700御前崎マリーナを出航して、INFに従って防波堤の中ほどの出口から、沖の御前島(ごぜんじま)を目指し、手前から進路を西に向ける水路を通過・・大分ショートカットになりました。
クリックすると元のサイズで表示します
暗礁の上に灯台が建っています、周りは暗礁だらけの要注意の水路です。

御前崎の西側に浜岡原発がありました。今は停止中です、ここも津波が来たらOUTでしょうね!?
クリックすると元のサイズで表示します

遠州灘沖で又カツオがヒット!前回より小ぶりでしたのでリリース!
しかし、30分後またヒット!今度は頂くことにしました。
クリックすると元のサイズで表示します
この小ぶりのカツオ・・入港後刺身にしてランチしたら、メチャ美味い!前回の大きなカツオより美味かったような気がします。

11時に福田漁港に入港、最初は左側の岸壁に着けたが、漁協の人が来て、ここは釣り船が客を降ろす場所とのことで前回と同じ奥の岸壁に移動した。

クリックすると元のサイズで表示します

丁度、最干潮時、岸壁の下の方はカキがいっぱい、こんな時に必需品の足場板が大活躍です!
クリックすると元のサイズで表示します

*結局、漁協の船検コピーや警官は来ませんでした。
自転車で2.5kmのファミマまで何もありません。

**明日は遠州灘は穏やかな予報、明後日は強風・・・早朝に出航して伊勢志摩の安乗漁港か波切漁港に向かいます。(53−55nm)
5

2013/5/22

松崎ー御前崎マリーナ  伊豆・東京湾クル〜ジング

朝、浦安マリーナから乗船したカルさんが下船し、今日から又シングルハンドの航海です。

出航前に、オープンカーに乗ったシニアおじさんが声をかけてきて、ボクと同じS2なので車談議で少し遅れました。(写真を撮るのを忘れた・・残念)

0730松崎港を出港、駿河湾を横断して御前崎へ・・
駿河湾の真ん中・・本来なら北の方向に富士山が見えるはずだが靄っていて360度何も見えない。
クリックすると元のサイズで表示します

約29nm/5h弱で御前崎港の北側の埋め立て地に作られた御前崎マリーナのビジターバースに入港。
クリックすると元のサイズで表示します
ビジター用桟橋はこの位置の1艇分しかなく、後は北側の岸壁係留とのこと。

クリックすると元のサイズで表示します
マリーナ所属艇は岸壁と陸置きに20艇ほどです。
ポンツーンは2本出ていますが全て遊漁船で埋まっていました。

クリックすると元のサイズで表示します
港内は広大で風が吹くと波が立ちそうです。
1泊2000円(岸壁係留も)、簡易トイレ・シャワーがあり、ポンツーンの水道ホースは使用可でした。
昨日のカツオで汚れたデッキを掃除したが未だ少し匂いが残っています。

町から少し離れていて3km位ありそうですが自転車では問題なし。

自転車でなぶら市場でブラブラして、御前崎グランドホテルで外湯(800円)、7Fの太平洋展望浴場から・・・
クリックすると元のサイズで表示します
写真では見えずらいが沖に御前島(岩礁)があり、明日はそこを大きく迂回して遠州灘に入ります。

*このマリーナは海の駅ではありませんでした、水を補給したいなら此処ですが、泊めるだけなら漁協のある港内の岸壁に泊めたほうがベターです、町にも近く、岸壁も十分空いていました。

**明日はいよいよ遠州灘・・風も波も来る時よりも良さそうです。
まずは福田港に向かいます。
2

2013/5/21

新島ー西伊豆・松崎港  伊豆・東京湾クル〜ジング

新島港のプレジュアーボート用の岸壁は波が入り良く揺れる、奥の漁船用の岸壁に泊めさせて欲しいな!
でも目の前に水道栓があるので使わしてもらいました。

0700新島港を出港、うねりがあるが穏やかな海面を西伊豆に向けて・・・
カツオが跳ねているので、ケンケンを流したら、3回ヒット!!
1回はばらしたが、見事型の良いカツオを2匹ゲット!!
クリックすると元のサイズで表示します

直ぐにキッチンでさばいて2回目を流したら又ヒット、しかしこれはばらけて、3回目は確実にゲット!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
冷蔵庫に入らないので2匹で止めた、近くのカツオ一本釣り漁船はドンドン釣りあげていました。

石廊崎を越えて駿河湾へ・・逆潮が強い(2−3kt)
クリックすると元のサイズで表示します

1400松崎港に入港、2週間ぶりです。
この後、燃料や食材の買い出し、コインランドリー、温泉に入ってから釣れたカツオを調理して今夜はカツオ三昧です!

夕日をバックに絵になります!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
カツオずくし・カルパッチョ、タタキ、刺身・・・
多すぎて食べきれず、海に帰しました。カツオさんごめんなさいね!

**明日からはカルさんは下船されるので、また一人旅・・・
御前崎の最近出来たらしい「海の駅」に向かいます。
3

2013/5/20


未明から暴風雨、風向を予測してヨットを風上に向けて係留していたので、大きな揺れはなく、安眠出来ました。

この風雨はお昼前には上がる予報なので、式根島行き連絡船(10分)に乗って、観光と温泉に行って来ました!
舵誌には自転車で1hもあれば島一周と書いてあったが、登り下りが多く、「原付」でないときつい!?
とりあえず小雨が止むまで食堂でラーメンランチ・・・
13時頃から次第に雨は上がった、まずは温泉巡り・・・
地鉈温泉:山を鉈で割ったような割れ目の中を歩いて行くと海岸に天然温泉があった、しかし熱くて入れない!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
源泉は80℃とか、海水で冷やされても50℃以上・・足だけにしました!

足付け温泉と松の下・雅温泉:温度もほど良く1h浸かってました!

クリックすると元のサイズで表示します
松の木の下にあり、とても風情があります。
クリックすると元のサイズで表示します
悪天の平日とあって、誰もいません。

丘の展望台から・・・海は荒れてどんよりと・・こんな日はセ〜リングはナシですね!
クリックすると元のサイズで表示します

この2泊3日で温泉に5回入ったが全て水着着用でで石鹸はなし、温泉成分が身体にしみ込んでいるでしょうね!?


**明日の天候は回復予報、西伊豆の松崎港に向かいます。(37nm)
3

2013/5/19


新島港は村の中心街までは10分程歩きます。
目の前にはきれいな公衆トイレ(和洋)があり、助かりますが、そばの高速船ターミナルにはウオッシュレットトイレもあります。

朝食後、ウエットスーツを着て今回初の入水、5m下の海底が見えていてきれい。
プロペラに少しだけ流れ藻が絡んでいた。
そのまま「浜の湯露天風呂」へ、朝から多くの男女が入っていました。

その後、レンタルバイクを借りて島を半周、見所が一杯でした!

向山展望台:式根島を眼下に、その向こうは神津島です!
この辺はコーガ石と云う新島とイタリアのリパリ島でしか産出されない軽石に似たような岩石の産地で石彫りアートに使われています、その作品が島の随所にあり「モヤイ像」と呼ばれています。「モヤイ」とは我々になじみの「舫い」からとか!?
クリックすると元のサイズで表示します

シークレットスポット:白ママ断層に近い秘密のサーフィンポイント、けもの道を歩いて行くといきなりこんな風景が開けます!
クリックすると元のサイズで表示します

羽伏浦海岸:港の反対側の白くて長い、美しい海岸です、サーフィンポイントです。
クリックすると元のサイズで表示します
向こうには三宅島が見えています。

夕方、ヨットに素敵な来訪者が・・・偶然温泉で知り合いになりました!
クリックすると元のサイズで表示します
一人は昨日のトライアスロンにチャレンジされました。
2泊3日の新島の旅行で明日、高速船で東京に帰られます。

夕食はお昼に行ったら満員で食べられなかった栄寿司の「島寿司」を頂きました。
クリックすると元のサイズで表示します
朝獲れのカンパチとメダイをお店の特製タレにつけ、寿司で頂く・・・昔は保存食だったそうな・・・美味かったです!

**夜から明日一日中雨の予報・・・ゆっくりと新島で静養します。

4

2013/5/18

阿古ー新島港  伊豆・東京湾クル〜ジング

昨夜の夕食は、温泉の帰り、村のミニスーパーの鮮魚コーナーに朝獲れのカツオの柵が並んでいたので即2本買い!
得意のカツオのカルパッチョを作りました!新鮮カツオの美味いこと!!
クリックすると元のサイズで表示します

カツオとワインでぐっすり熟睡!
朝0730、静穏な阿古漁港を出港、目の前の(20nm)新島へ向かいました。

新島の羽伏浦海岸南端から続く「白ママ断層」は真っ白な断崖絶壁!
クリックすると元のサイズで表示します

直ぐ隣の式根島は平坦なきれいな島です。
クリックすると元のサイズで表示します

関東のヨットの人気スポット式根島の「吹の江」の入江に入ってみました。
クリックすると元のサイズで表示します
絶好のアンカリングスポットです、海水がきれい!
ロマンチック過ぎて、おじさん達には場違いで上陸はしませんでした!
クリックすると元のサイズで表示します
出口には洗岩が待ち構えているので要注意です!

1130新島港に入港、プレジュアーボート用の岸壁に係留。
クリックすると元のサイズで表示します

丁度、隣の浜でトライアスロンin アイランド新島のスタートだったので応援に行きました。
クリックすると元のサイズで表示します

浜の先に誰でも24時間自由に入れる「湯の浜露天風呂」へ、水着着用の混浴です!
土曜日とあって関東都市部から結構来ていました。
もちろんビキニのギャルもいましたよ!!(へへへ)

クリックすると元のサイズで表示します

この上にも温泉湯船があります!
クリックすると元のサイズで表示します

**伊豆諸島周航は此処で終わりなので新島でゆっくりします。
天候が回復次第・・21-22日に西伊豆・松崎港に向かいます。
3

2013/5/17


昨晩は未明から豪雨の後、暴風が吹き荒れて(15m/s以上)、寝かしてもらえなかった!
港内は波やうねりは入ってこないので心配はなかった。
朝からは少し弱くなったが、海上は白波が立ち強風注意報も出ている。

此処の阿古漁港周辺はとても居心地がよい!
徒歩圏に(7-8分)トイレ(ウオッシュレット)、水道:錆の浜キャンプ場内。
村営の立派な温泉「ふるさとの湯」(500円)とレストラン。
唯一のホテル内にも風呂(500円)コインランドリー(200円)とレストランがある。

昨晩はホテル「海楽」で食事、
名物のムロアジの「くさや」を頂きました・・・臭いが旨い!?
クリックすると元のサイズで表示します

道路わきにはあちらこちらに小さな祠がある。
草木の洞窟の中を500m歩いてやっと祠があった!
クリックすると元のサイズで表示します

阿古漁港の入り口は溶岩の狭い水路を通ります。
クリックすると元のサイズで表示します

阿古漁港内、NE7-8m/s吹いていますが、静穏です!
クリックすると元のサイズで表示します
向こう側はフェリーターミナルを新築中で完成すればもっと便利になるでしょうね!

*島内は観光バスはありません、近隣の阿古区を歩いて観光、中々見所がありました!
江戸時代初期に噴火した噴火小山に登山、展望台から阿古港を望む。
クリックすると元のサイズで表示します

1983年に噴火し、溶岩流が阿古集落を飲み込んだ跡・・・しかし避難訓練が完璧で被害者はありませんでした!
クリックすると元のサイズで表示します

火山ガスの影響で、木々は燃えなくて、このように枯れています。
遠くには雄岳から白い水蒸気が上がっています。正に活火山ですね!
クリックすると元のサイズで表示します

**明日は風波も弱まり、20nm程の近い新島なので、直ぐ隣の式根島の人気のアンカリングスポット「吹きの江」の入江に立ち寄ってから、新島港に向かいます。
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ