2014/6/15

明日は函館を出航!  東北・北海道周航

函館に入港してから今日で12泊目、こちらで云う「蝦夷梅雨」(梅雨前線はないが長雨が続く)は来週には明けそうです!
松前半島の白神岬の風と潮流を考慮して、早朝4時出航予定ですが、すっかり丘に上がった河童なので心身がなまっています。

昨日は「外人墓地」から松前半島を眺めて、海モードに切り替えを・・・
クリックすると元のサイズで表示します

外人墓地に近い「大正湯」はレトロな温泉銭湯でコインランドリーを併設していて、有効に時間を費やせる。
クリックすると元のサイズで表示します

北海道周航の3種の神器(!?)
扇風機・布団乾燥機・カセットボンベヒーター
テレビも暇つぶしには必須・・・今日はサッカー(JPN−コートジボアール)を観なくては!
クリックすると元のサイズで表示します
布団乾燥機は昨日ホームセンターで購入・・・湿った寝具を乾燥したら快眠でした!
このアイデアは昨日、レンタカーで訪問してくれた泉佐野の「Marino」号のH氏から拝聴しました。
明日、松前港で逗留しているので、こちらから訪問します。

サッカー中継が始まった頃、カナダ艇「Suuhaa」号が出航、その後本田がゴール!

クリックすると元のサイズで表示します
もう一度「Von voyage!」

そして、11時過ぎにNZ艇「Larissa」号が出航、2艇ともアラスカに向けて・・・・

クリックすると元のサイズで表示します
「Have a Nice sailing!」
クリックすると元のサイズで表示します

金森倉庫前に残ったのはJPNの2艇になった。

見送った後、サッカー中継に戻ったら、なんと逆転されているではないか!!

明日は我々も出航しよう!・・・次はどんなヨットが入ってくるのかな!?

**松前港に向けて朝4時に出航、白神岬で転流に間に合わず、船足が止まったら、手前の吉岡漁港にダイバートします。
3

2014/6/13

最大瞬間風速31.8m/s  東北・北海道周航

未明から、暴風雨・・・とても眠れたものではない!?
函館気象台の発表では朝3時MAX31.8m/sを記録したそうです。
幸い東風で岸壁から離されているので一安心!

早朝、雨上がりで函館山を見たら、濃霧が吹き飛ばされていた・・久しぶりに頂上が見えた!
クリックすると元のサイズで表示します
5艇とも、函館港に釘付けです。(AUS艇は岸壁横付けでキールが当たったので沖に横抱きしました)

週間天気予報ではやっと月曜日に☀マークがでた・・・一週間前は今日が☀マークだったのに!?

北海道周航時計回りでは最初の難所は松前半島の「白神岬」沖の津軽海峡の潮流と波浪。

クリックすると元のサイズで表示します
「津軽海峡潮流予測」は1時間毎に表示されるので助かります、MAX5−6ktにもなる。

濃霧注意報もリアルタイムで画像で得られるので参考にします。

クリックすると元のサイズで表示します
ひまわり画像・・赤いところが濃霧
気象庁の天気図でも海上濃霧警報が解りますが、予報が難しいのは霧だそうです。

*函館に入港してから今日で10日目、海鮮料理も食傷気味です。
今夜は駅前に「大門横丁」と云う屋台村があるので行ってみよう!

クリックすると元のサイズで表示します
横丁内は26店舗、いろいろな料理を楽しめます。今夜は3軒ハシゴしました!
4

2014/6/12

函館空港から一時帰阪  東北・北海道周航

「やませ」は益々勢力を増し、今日は北海道各地で大雨警報が出て、JR函館線は運休中です。
週間天気予報は土曜日まで☂、日曜日から☀マークです。

関西は梅雨の明け間で☀・・・先日函館空港から一時帰阪して来ました。
(ちなみに当日は函館17℃曇り、関西30℃☀・・・関空で即Tシャツに着替えました)

久しぶりの函館空港、現役中最後に降り立ったのは約10年前になります。
国際線ターミナルを併設し、リニューアルされてた新ターミナルは斬新でした。
クリックすると元のサイズで表示します
(2005年新ターミナルオープン)

函館空港はボクが在職中だけでも、いろいろな事件が起きた処です。

*TDA・ばんだい号(YS−11)が横津岳に墜落(1971年)

*ソ連・ミグ25戦闘機(ベレンコ中尉)が亡命着陸(1976年)
・・当時滑走路は2000m、その後、米軍のC−5A(大型輸送機)が降りてきてミグ25をそのまま持ち帰ったのは驚きでした!

*ANA・B−727がハイジャックで緊急着陸
若者が靴のかかとにジャックナイフを隠して搭乗、そのナイフでCAを脅迫したが乗客に取り押さえられた。

*ANA・Bー747がハイジャックで緊急着陸
当時、オウム真理教のサリン事件があり、ビニール袋に水を入れて「サリン」と云って脅迫した
、北海道機動隊が強行突入して取り押さえられた。


**函館空港は乗客目線でもとてもきれいです。
滑走路は12/30(磁方位で120/300)、3000m1本
滑走路12への進入は函館湾から右側に函館山ー市中心街ー湯の川温泉を見ながら、左側に五稜郭ー遠くに大沼公園を見ながら・・・夜は夜景がきれい・・・窓側の席がお勧めですね!
滑走路30への進入は津軽海峡からなので市街は見えません。

千歳空港から西日本に向かう路線は上空からこんな風に見えるかも・・・
クリックすると元のサイズで表示します

***早くこんなに晴れて欲しいな〜!!(祈願・・)
1

2014/6/10

YouTube(八戸―白糠)  東北・北海道周航

北ちゃん製作の「八戸ー白糠 YouTube」をUPしました!


7

2014/6/8

冷たい雨の函館  東北・北海道周航

未明から雨がデッキを叩いていたが良く眠れた。
朝、ハッチのガラスに結露して、ポタリと顔に落ちて目が覚める:4時頃!
外は冷たい雨が降り続いている・・・寒くて、気が滅入りますね!

クリックすると元のサイズで表示します
函館山のふもとまで濃霧です!

寒くてたまらずミニカセットコンロを出して、網を乗せると、簡易ストーブになりました!
クリックすると元のサイズで表示します
冷蔵庫の上にコンロ・・・変な取り合わせです!?
一応、暖いし、結露も取れます、カセットボンベを買い足ししないと・・・

*東北地方は例年より1週間早い梅雨入りとか!
北海道は梅雨ではないのか、気象庁に聞いてみたい!「やませ」ですっと云われるのだろうな!?
函館の☂マークは木曜日まで続く、出航できるのは12日以降です。
出航前日まではブログは休養します。
2

2014/6/7

寒いやませ  東北・北海道周航

何故かホテルのベッドでは熟睡出来なくなってしまった!?

今日はさらに濃霧が広がり、寒い!
クリックすると元のサイズで表示します
函館山もすっぽりと霧に包まれてます。

函館は神戸のように坂道が多い、基(もとい)坂を上がると素敵な洋館があります。
クリックすると元のサイズで表示します

旧函館区公会所(重要文化財)
クリックすると元のサイズで表示します

公会所から基坂を見下ろすと眺めをGood!
クリックすると元のサイズで表示します

大ホールは時々コンサートも開かれています。
クリックすると元のサイズで表示します

*今朝、オーストラリアのハンドメイド鉄鋼ヨット(S/H+猫)が輪島から4日間かけて入って来ました!
岸壁を空けて差し上げようと、コントレ〜ルはラ・メール号に横抱き、お互いさまですね!
クリックすると元のサイズで表示します

これで金森倉庫前の岸壁は5艇、NZ、CA、AUS、JPNx2で国際色豊かです!

*やませは寒くて湿度が高い・・・ストーブが欲しい!!
3

2014/6/6

函館逗留  東北・北海道周航

昨日はコインランドリー併設のホテルを検索して宿泊。(函館グランドホテル)
大量の洗濯物を処理しました。

ホテルの11Fから津軽海峡を見ると、白波が立ち、10m/s以上の強風が吹いています。
クリックすると元のサイズで表示します

函館湾を眺めると、波浪はありませんが強風は吹いています。
クリックすると元のサイズで表示します

ちなみに此処からの夜景もGoodでした!
クリックすると元のサイズで表示します

函館市内観光は市電を使うと便利。(一日乗り放題券:600円)
クリックすると元のサイズで表示します
レトロな市電も走っています。

朝食は駅前の朝市が定番、連続して通っています!
クリックすると元のサイズで表示します

**北海道周航の最初の寄港地は松前港の予定ですが、要所の松前半島・白神岬の風は連日、東よりの10m/s以上の強風が吹き荒れている。
週間予報も12日頃までは☂!・・・あせらず日和待ちですね!
2

2014/6/5

函館休養  東北・北海道周航

朝4時過ぎにカナダの「SuuHaa」号がアラスカに向けて出航していった。
私の貧弱の英語でお別れを・・・・
“Have a Good Sailing" “Von Voyage”・・・・
セーラー同志であればこれで十分意思疎通ができる!?
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
出航も息の合ったカップルでスムーズに・・・・ところが・・後述!

駅前の朝市で朝食を済まして帰ったら、ラ・メール号が下風呂から到着、やませがひどかったらしい!

そのやませに押し戻されて、朝出航したカナダのSuuHaa号が引き返してきた!
「やませ」を侮るべからずです!・・・やませ:東風の強風と濃霧

クリックすると元のサイズで表示します
“Iam glad to see you again!”となっちゃいました!

水、燃料(GSは徒歩5分)の補給も済ませ出航準備はOKだが、やませは3日は続くと思う!?
無理をしないで函館でのんびりと過ごします。
2

2014/6/4

下風呂ー北海道・函館港  東北・北海道周航

朝、4時起床・・0410の日の出、道東の方角から上ってきた!
クリックすると元のサイズで表示します

大間崎灯台の潮流が東流最大が13時3−4ktなのでそれまでに津軽海峡を通過したいので0530に下北・下風呂漁港を出航。

風は東に回り、アビームになった、絶好のジェネカー日和である、幸いコントレールの操船に慣れている北ちゃんが居るので躊躇なくジェネカーを揚げた!

クリックすると元のサイズで表示します

ガンポール(スピンポールで代用)も良い感じです!
クリックすると元のサイズで表示します

ジェネカーセ〜リングで津軽海峡を横断、函館山も見えてきました!
クリックすると元のサイズで表示します
久しぶりのジェネカーでしたが、良い想い出になりました。

津軽海峡の真ん中でまぐろの群れに遭遇、写真は撮れませんでしたが初めてです!

函館港に入港、奥の奥、金森倉庫前に進みます。
クリックすると元のサイズで表示します

金森倉庫前の岸壁に横付け係留。(1100/約30nm:5時間30分の行程でした)

クリックすると元のサイズで表示します
此処の岸壁は本来槍付けが基本だが、外国船が2艇(カナダ、ニュージーランド)が横付けしていて、その後ろに着けざるを得なかった。
(尚、カナダのヨットは今夜アラスカに向けて出航すると云ってました)

この泊地の面倒をみてくれている函館のヨットマン・水野氏(金森倉庫洋館内・チャートハウス)を訪ねて、横付けのままで良いとのこと、また、水道やごみ処理の手配までして頂いて、ビジターヨットにとってこの上ない有り難い事です。

泊地の前は、函館市の一番の観光地、若い人から老夫婦まで声かけしてくれます。(老人が多いけど!?)汚い恰好でデッキでくつろげませんね!

クリックすると元のサイズで表示します
ちなみに夜はこんな感じです・・・・寝られるかなあ〜!?

3-4日はここで休養したいと思います、英気を養って時計回りで北海道を周航します。

*谷地頭温泉:ここから市電で3駅目下車5分
ナトリュウム泉で広くて安くて良い温泉でした。(400円)

クリックすると元のサイズで表示します
泉質は有馬温泉に良く似ています。
4

2014/6/3

白糠ー下北・下風呂漁港  東北・北海道周航

まだ夜も明けぬ4時にキッチンクック号が出航していった。

クリックすると元のサイズで表示します
この白糠漁港の新港(外港)は漁船も出航しないので静穏でした。

尻屋崎の潮流が逆潮になる前に通過したいので、0615出航。

隣の東通村の原発です、しっかりと海保の巡視船に守られていました。
クリックすると元のサイズで表示します

尻屋崎灯台が見えてきました。
下北半島の要所です・・・やませ(霧)、強風波浪、潮流
今日は全て問題なく、ラッキーでした!

クリックすると元のサイズで表示します
なかなか絵になる灯台です。

尻屋崎を回り込んでから潮目が見えて1ktの逆潮になりました。
下風呂漁港が見えてきました。
クリックすると元のサイズで表示します

漁港内の右奥、いさりび公園前の岸壁に係留。(1215/6H・約38nの行程)

クリックすると元のサイズで表示します
水深は海図では2mとなっていますが、干潮時の実測2.8mありました。

下風呂温泉は昔から湯治場として栄えたらしい、温泉のはしごをしようかな!?
公衆温泉浴場は「大湯」と「新湯」、新湯は休日でした。

大湯:超レトロな温泉です!(350円)
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
源泉は硫黄塩泉で56℃、熱くて水で薄めないと入れません。

幻の駅:下風呂駅(戦争で鉄が不足になり工事中止)の傍に「足湯」があり、お勧めです。
クリックすると元のサイズで表示します

*食事はミニスーパー(1軒)のおかみさん水仙の「あさの食堂」へ、美味しい海鮮料理です。

**明日は、いよいよ北海道へ、函館港・金森倉庫前の泊地に向かいます。
2

2014/6/2

青森県・八戸港ー白糠漁港  東北・北海道周航

朝7時前に八戸港を出航、今まで1週間同行したラ・メール号は八戸でもう一泊するので、ここでお別れ・・・先の行程はほぼ同じなので又合流するでしょう!

下北半島の沿岸沿いを北上します・・・穏やかですが風は冷たく寒くなります。
そんな時はドジャーの中が一番快適!

クリックすると元のサイズで表示します
難点はサンルームのように気持ち良く、居眠りしてしまうこと!?

たまにはドジャーの上から顔だけ出して目覚ましします!
クリックすると元のサイズで表示します

むつ市六ケ所村沖・・・遠くに恐山が見えました。
クリックすると元のサイズで表示します

この辺りから津軽海峡から回ってくる津軽暖流の影響を受けます、逆潮0.5〜1kt押されました。

物見崎灯台と白糠漁港が見えてきました。
クリックすると元のサイズで表示します
物見崎灯台です。
クリックすると元のサイズで表示します

13時過ぎに漁港に入港したが港湾案内図やNewPecにはない新港が出来ていた。
内港は漁船がいっぱいで、新港はイカ釣り船が5-6隻、その漁師さんに指示を仰ぎ梯子のある岸壁に着けさせてもらいました。(新港の岸壁は高く、干潮時には上がれません)

クリックすると元のサイズで表示します

入り口の岸壁は少し低くなってますが内港からの引き波が入りそうです、此処がベストのようです。
クリックすると元のサイズで表示します

後から、八戸港で出会ったキッチンクック号も入港して来ました。

北ちゃんが自転車で探索中に見つけたGSが軽油を配達してくれました。
大槻商店:0175-47-2238・・原発のある東通村にあるGSです。

新港の入り口に活魚館があって、直売しているようですが今日(月)は休館でした。
此処は何もないので、トマトちゃんこ鍋でも作ろうかな!!
クリックすると元のサイズで表示します
スープを残してパスタを煮込むと絶品ですよ!

**明日は下北半島の尻屋崎を回って津軽海峡に入り、大間の手前、下風呂漁港に向かいます。
1

2014/6/1

久慈ー青森県八戸港  東北・北海道周航

今朝は真っ青な空! 4時頃漁船の引き波で起こされました。
クリックすると元のサイズで表示します

0645久慈港を出航
久慈港を出ると、爽やかな晴天、こんなに視界が良いのは久しぶりです!
クリックすると元のサイズで表示します

8時頃からNWのGood Wind!・・久しぶりにENGを止めてNice Sailing!!
クリックすると元のサイズで表示します

鮫角灯台・・新緑がきれいです!
クリックすると元のサイズで表示します
此処を回り込むと八戸港です。

塩釜・フェニックスさんの紹介で八戸のヨットマン・盛さんからのTELの指示で八戸港に入港。
クリックすると元のサイズで表示します
八戸大橋をくぐって、左の新井田川沿いの廃船に横抱きを指示され、その金比羅丸で出迎えていてくれました!12時に着艇・・・約33nm/5時間15分の行程でした。

クリックすると元のサイズで表示します
直ぐ後からラメール号、愛知からキッチンクック号が到着。
今年になって八戸を訪れたヨットの第1号だそうです!

目の前は銭湯、徒歩で買い物や食事が出来る便利な処です。
至近距離に銭湯が3軒、居酒屋は「がんこおやじ」に行きました。
何でもありの美味しい居酒屋でした。

コンビニはサークルKとファミマ・・・
目の前の「松竹湯」はレトロで広いらしい・・・が銭湯のはしごってあまりきかないよね〜!?
でも寝る前に行きました、広大な銭湯は初めてです、昔は漁師さんで一杯だったそうです。

**明日は盛さんの情報で白糠漁港に向かいます。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ