2014/6/3

白糠ー下北・下風呂漁港  東北・北海道周航

まだ夜も明けぬ4時にキッチンクック号が出航していった。

クリックすると元のサイズで表示します
この白糠漁港の新港(外港)は漁船も出航しないので静穏でした。

尻屋崎の潮流が逆潮になる前に通過したいので、0615出航。

隣の東通村の原発です、しっかりと海保の巡視船に守られていました。
クリックすると元のサイズで表示します

尻屋崎灯台が見えてきました。
下北半島の要所です・・・やませ(霧)、強風波浪、潮流
今日は全て問題なく、ラッキーでした!

クリックすると元のサイズで表示します
なかなか絵になる灯台です。

尻屋崎を回り込んでから潮目が見えて1ktの逆潮になりました。
下風呂漁港が見えてきました。
クリックすると元のサイズで表示します

漁港内の右奥、いさりび公園前の岸壁に係留。(1215/6H・約38nの行程)

クリックすると元のサイズで表示します
水深は海図では2mとなっていますが、干潮時の実測2.8mありました。

下風呂温泉は昔から湯治場として栄えたらしい、温泉のはしごをしようかな!?
公衆温泉浴場は「大湯」と「新湯」、新湯は休日でした。

大湯:超レトロな温泉です!(350円)
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
源泉は硫黄塩泉で56℃、熱くて水で薄めないと入れません。

幻の駅:下風呂駅(戦争で鉄が不足になり工事中止)の傍に「足湯」があり、お勧めです。
クリックすると元のサイズで表示します

*食事はミニスーパー(1軒)のおかみさん水仙の「あさの食堂」へ、美味しい海鮮料理です。

**明日は、いよいよ北海道へ、函館港・金森倉庫前の泊地に向かいます。
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ