2014/6/27

余市ー小樽港マリーナ  東北・北海道周航

余市港はイカ釣り船は寄港せず、海苔網漁船が3隻出入港しただけで引き波はそれほどでもなく、安眠できました。また目の前にきれいな観光トイレがあるのも有りがたい。

朝ドラを見てからゆっくり出航することに・・・
朝ドラと云えば次はこの余市が舞台になる、ニッカの創設者:竹鶴政孝がスコットランド留学中に恋に落ち、国際結婚をし、余市で生涯、彼を支えてきた妻リタの物語です。一層楽しみになります!

0830余市港出航、荒天で穏やかな海です。積丹半島は面白い岸壁や立ち岩があるが、これはこの角度から見ると・・・かな!?
クリックすると元のサイズで表示します

高島半島の日和山灯台のふもとの祝津ヨットハーバーから学生のヨットが練習中。
此処のハーバーは全て陸置きだそうです。
クリックすると元のサイズで表示します

小樽市街です、久しぶりに大都会を見ました。
クリックすると元のサイズで表示します

1130小樽港マリーナに入港、ラメール号に追いつきました。
ワンピース・Kさんが出迎えてくれました。
クリックすると元のサイズで表示します

マリーナハウス2Fから・・・10年前見たときはヨットの方が多かったが・・・
クリックすると元のサイズで表示します

回りは、イオンやシネマ、飲食店街、温泉などがあり、とても便利なハーバーです。
そう、そばには「石原裕次郎記念館」もあります。ファンなら是非とも!
クリックすると元のサイズで表示します

夕食はワンピース:kさん、ラメール:Kさんと友人の4人で琉球料理店へ


**ニセコおじさんのKenさんから連絡があって30日に昔のテレマーク仲間と訪問してくれるとのことで、次の出航は7月1日とします。
此処で、休養とヨットの整備(大掃除、乾燥、デッキクリーニング、エンジンオイル交換・・・)をやります。
5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ