2013/9/2

Flag pole  装備品

今夏の夏休みもクラブの仲間がFinlandのバルト海でクル〜ジングして帰って来た。
(ボクは残念ながら所用で行けませんでした・・・・

頂いたお土産はチークのフラッグポールと大型フェンダーカバー!

バルト海では国籍の判るクラブ旗を揚げて航行することが義務付けされているのと、夜の係留中は格納しておくのがマナーのようです。
クリックすると元のサイズで表示します

よって取り外しが容易なフラッグポールが欲しかった!
日本海や沖縄海域では日の丸を揚げて航行していたが、北海道を一周するときも必須ですね!

9月1日の日曜日、雨上がりの西宮沖でフラッグを試してみました!
クリックすると元のサイズで表示します

昭和の戦後は家の門柱に日曜祭日とお正月にはどこの家庭でも国旗を掲揚していたが、最近は全く見られなくなりました!?
これからはヨットで揚げるようにします。(ボクは右でも左でもなく普通の日本国民です!)

ハーバーに帰港中にきれいなブリティシュグリーンのタグボート風の船が入って来ました!
船尾には以前の香港の商船旗が揚げられていました。
クリックすると元のサイズで表示します

こんなボートでゆっくりと日本周航も良いのでは・・・・

大型フェンダーは航行中はコクピットに置いて背もたれにしています。このようなカバーを被せると快適ですよ!
クリックすると元のサイズで表示します

フィンランドの都市近郊には日本のコーナンのような「BILTEMA」と云うホームセンターがあり、その一角のマリンショップには豊富なマリングッズが手頃な価格で並んでいます。
是非ともFINに行かれたら立ち寄ってみてください、病みつきになりますよ!?

YUBAREさん、お土産ありがとうございました!!
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ