2013/10/19

直島観光  2013年瀬戸内海周航

今日は一日中、ぐずついた天気、夜には前線が通過して明日の午後からは回復予報!

明日に出航を決めて、今日は直島観光!

朝から続々と観光客が上陸して来ます、年代は圧倒的に20〜30代の女性やカップルが多い。

シニアはちょっと居場所がない!?

100円バスに乗って、まずは有名な「地中美術館」へ、10時オープン前から、整理券の順番待ち!
早く行ったので1015に入れた。

入り口前のモネ蓮池庭園(美術館に展示されているのも蓮池の絵画5点)

クリックすると元のサイズで表示します

地中美術館の入り口、地上の建築物は此処だけで、美術館は島の景観を維持するために文字通り地下に埋め立てられている。

クリックすると元のサイズで表示します

館内は撮影禁止なので、載せられませんが、安藤忠雄のコンクリート打ちっぱなしの館内に、クロード・モネ、ウォルター・デ・マリア、ジェームス・タレルの3人の作品が展示されている。
長時間待って、2000円の入館料が納得できるかどうかはそれぞれ個人差があると思いますが、ボクはとても斬新な作品に興味がありました!

ベネッセハウス前の海岸に何故かパンプキンのモニュメントが・・・

クリックすると元のサイズで表示します

バスで本村港へ、こちらの町営桟橋は無料です、周りも観光スポットがありますが、銭湯は宮ノ浦に行くことになります。

クリックすると元のサイズで表示します
岡山のヨット/オリーブのオーナーさんにいろいろ瀬戸内海の新しい情報をお聞きしました。
INF
@北浦港(道の駅)は料金UP:約2000円
A土庄西港は奥のフェリー乗り場の奥の桟橋の東側が係留可
B土庄東港の桟橋は使用不可
C男木島港は岸壁が広く空いていて係留可
D女木島港の連絡船用の桟橋の片側は係留可
E豊島港は係留するところがない

直島にはあちらこちらに、作品が展示されています、うっかり通り過ぎてしまします。

クリックすると元のサイズで表示します
本村地区の作品:涼しそうな中でしたが良くわかりません!?

**明日は前線が朝には通過しそうなので、風が収まってから小豆島アイランドインか木場ヨットハーバーに向かいます。

**月曜日には甲子園に帰港出来そうです、直ぐに台風対策が必要です!
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ