2014/7/30

霧多布ー釧路港  東北・北海道周航

早朝5時の出航に向けて3時起床。
しかし一面の濃霧・・・・
一応出航準備を済ませたが、待機。
クリックすると元のサイズで表示します

となりの漁船の船長さんからいろいろな情報を入手、朝出て行った昆布漁の小型船は8時になったら一斉に全速力で帰港してくる・・・レーダーは持っていないとのこと。

レーダーを持たない同士では出港は危険と判断し、昆布漁船が帰港した後の0830に出港予定。
一緒に話を聞いていた雪風号のS艇長も同意して遅らせることになりました。

漁師さんの云う通り、8時頃から霧が晴れてきました。・・・
朝ドラを見てから出航準備・・・!

0830、晴天の霧多布漁港を雪風号と同時に出港
クリックすると元のサイズで表示します
ところが・・・・

出港後直ぐに霧が襲ってきた!・・・帆掛岩をショートカットしたかったが安全策で遠回りする。
雪風号はここから全く見えない。
この後、延々と霧中航行が続いた・・・・
途中、漁船(かも!?)が4隻追い越して行ったが、姿は見えず、エンジン音と引き波を残して去っていく、漁船は皆さんレーダーを装備していてボクを認識しているのでしょう!

霧中航行は釧路港まで、7時間!・・・ボクの五感レーダーは憔悴・・疲れました!

釧路港手前で再び雪風号と合流、漁港に入って様子見したが、2艇入れるスペースはない。

釧路川に入り、フィシャマンズワーフMOOの前、最奥の岸壁に並んで係留。
(約48nm:7時間30分)
クリックすると元のサイズで表示します
一気に大都会に来た雰囲気です!
岸壁には鉄柵があり、乗り越えが大変、引き波が多少あるが、最奥なので許容範囲です。

**明日は買い出しやコインランドリーなどがあり、此処でゆっくりします。
2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ