2019/1/31

YANMAR2GM/3GM試運転  ENGINE

1月30日、斎元ユニックが自宅まで来てくれて、組みあがった2GMと3GMをハーバーへ搬入した。

去年の11月から自宅のガレージに篭ってコツコツと錆落としから初めて、何とか組みあがり、ハーバーで試運転を始めるところ迄まできた!

クリックすると元のサイズで表示します

Yanmar Engineは車のEngineと違って、電子部品はなく、機械式なので、バラバラにして不良パーツを新しくし、きれいに洗浄して組み上げれば再生すると信じてやってます!

部品の中で最も精密なのは「燃料噴射ポンプ」・・・バラバラにしました!

クリックすると元のサイズで表示します
これは2GMのものです。
ポンプの本体価格は2GM/56000円、3GM/75000円もします!

簡易ボール盤を使い、2000番ペーパーでパーツを磨き上げます!
クリックすると元のサイズで表示します

・・・これで噴射テストも合格!!


**いよいよハーバーで試運転!

クリックすると元のサイズで表示します

3GMは心地よい音で回った!
クリックすると元のサイズで表示します

回転にばらつきがあるのでしばらくは慣らし運転をしてから再調整します。

**2GMの方は全く点火しない!?
これは想定内で、もしかしたら!?っと期待したがやはり、ダメでした!

・・・圧縮不足の原因のシリンダーハウジングのヘッド部に小さなへこみがあり、専門工場に持ち込んで0.3mm削ってもらって組み上げたが・・・
その分、ピストンが飛び出して、ガスケットやバルブに接触しているようだ!?

対策としてガスケット2枚重ねで試したがダメ!?

・・・再度分解して、古いシリンダーの在庫があるので、それで組み上げてみようと思います。


**こんなに夢中になって取り組んでいる姿を妻にも仲間にも云われたが、ストレス解消法!?

・・・そのとおり・・・
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ