2020/1/19

ニセコの秘湯・五色温泉へ  Family

コントレールニセコスキーツアーのスタートは35年にもさかのぼる!!
ひらふゲレンデの下、今日も泊っている「ニセコパークホテル」の隣に小さな焼き鳥屋「Bangbang」が開店し、匂いにつられて立ち寄ってから病みつきになり、ニセコツアーは何時しかバンバンツアーとなった!
スキーは3年前に終活し、幹事は後輩に託したが、バンバンには行きたいので今回も手ぶら出発!

偶然にも千歳便のCaptainはいつもこのツアーに参加しているY機長、ボーデイングブリッジからご挨拶が出来てラッキー!(今回は出産で参加できなかったとのこと)
クリックすると元のサイズで表示します

今年のニセコは他のスキー場と同様に雪は少なかった。
クリックすると元のサイズで表示します
まあ、ボクは滑らないので開店前のBangbangで過ごす!

18時、Bangbangへ・・・大繁盛で増築が進み当時の面影はない!?
クリックすると元のサイズで表示します

今回の参加者は少なめの5人・・いつもの生ビールで乾杯!!
クリックすると元のサイズで表示します

天井のジョークは当時のままです!!
クリックすると元のサイズで表示します

いつもメニューにない珍味を出してくれます!
クリックすると元のサイズで表示します
右下はなんと!バフンウニ!!

これは幹事の大好物・巨大なスペアリブ!
クリックすると元のサイズで表示します

*予約が殺到していて、2時間の入れ替え制だが、8割は外国人、日本人の我々のみ特典で18時から閉店の23時まで良く飲んで、よく食べた・・・・いつものことだが・・・

土曜日は雪の舞う日だが、レンタカーがあるので、一人で温泉ツアーへ
クリックすると元のサイズで表示します
先ずはアンヌプリゲレンデの下、温泉付きランチ「湯心亭」へ

露天風呂に長くいると頭に雪が積もります!
クリックすると元のサイズで表示します

降雪が続いているので、道路状況が心配なのですが、想い出深い「ニセコ五色温泉」に行きたい!
・・・思いが通じたのか、道路は閉鎖になっておらず、雪道を走り抜けたら辿り着いた!!
クリックすると元のサイズで表示します
40年くらい前は冬はスキーで行くしかなかった!?それも好天の日にアンヌプリ頂上まで歩いて登り、ゲレンデの裏面を滑り降りた山の中腹にある秘湯だった!
クリックすると元のサイズで表示します

当時の露天風呂は混浴でここまで来るスキーヤーは逞しく、混浴ものともせず!?でした!
クリックすると元のサイズで表示します
今は整備されていて男女別々になっています。
クリックすると元のサイズで表示します
湯の花が舞っていてとても美しく幻想的です!
クリックすると元のサイズで表示します
温泉のはしごをしていると頭のてっぺんから湯気が立ち上がってます!!

2日目の夜もBangbangへ・・
今夜の珍メニュー・・・これは何か分かりますか??
クリックすると元のサイズで表示します
・・・マグロテールの炭火焼・・・メチャ旨!!

クリックすると元のサイズで表示します
この中に今は希少なニシンの刺身があります!

厚岸のカキは生でも美味しいがイタリアン風もいけてます!
クリックすると元のサイズで表示します

バンバンのお二人と・・・、35年経っても変わらないね!?
クリックすると元のサイズで表示します

2014年6—7月の2カ月かけての北海道一周で稚内までニセコから駆けつけてくれた想い出を今でも楽しく語ってくれます。稚内ー礼文・利尻島を一緒に周航しました。
クリックすると元のサイズで表示します
利尻島・鷲泊港にて・・(2014・7/15)

ニセコを去る日は何故か好天になる!?
クリックすると元のサイズで表示します
慣れ親しんでいたゲレンデ見に行く・・・でも滑りたい衝動は起きてこない!

帰る日はいつも羊蹄山が全貌で見送ってくれる!
クリックすると元のサイズで表示します

途中の国道でも余りにも奇麗なので、車を止めて別れを惜しみます!
クリックすると元のサイズで表示します

伊丹便は満席なので千歳市内に宿泊して明日の便をチャレンジします。

クリックすると元のサイズで表示します
千歳のジンギスカンを食す目的もアリでした!

日曜日も☀☀☀・・・新機種:A321の非常口の窓席が空いていた!

空からも羊蹄山が見送ってくれた!
クリックすると元のサイズで表示します

左から、ニセコアンヌプリ連峰ー羊蹄山ールスツ山
クリックすると元のサイズで表示します

・・・・飛行機の旅はすばらしい!!
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ