2020/4/2

ヨット整備勉強会  準備&整備

ウイルス戦争(前回こう書いたが、訂正はしない)は長期戦になってきた!
発症元の中国は収束に向かっていると報道!?核保有国は併せてウイルス研究を進めていて、その対策も備えている。今回は米国のネオコンと共謀している軍隊(CIA)がトランプ政権にダメージを与えるために謀略したと勝手に推測する!イタリヤやイランにもばら撒いたかも!?
中国はいち早く武漢を初め都市を封鎖して、拡散を防ぎ、いち早くアビガンなどの治療薬を使い、多くの感染者を回復させている!
この世界戦争は中国に勝利をもたらすでしょうね!これからは米国に代わって中国が世界覇権国になっていくのだろうな!!
中国製品を安かろう悪かろうとは言えなくなる、GDPも世界一になっていくでしょう!

ボクの勝手な世界の深読みを置いといて、いずれボクの体内にもコロナが侵入してくるだろうが、それまで何をすべきか・・・自宅に自粛して、マメに手洗い・人混みは避ける・少し熱があるくらいで病院に行かないの3原則を守り続けているが、時々ハーバーには行き、エンジンなどのヨットの整備は続けている!

クリックすると元のサイズで表示します
Yanmar3GM30Fの3回目のO/Hでピストン&リング、コンロッドベアリングを全て交換

YanmarGMシリーズのエンジンは取り下ろされたエンジン(主に新規換装のため)を手掛けたのはは7台になります!
その内、4台は再生し、今もどこかのヨットで元気に回っている事を願っています!

ヨットのエンジンは車と違ってアナログなのでバラバラに分解すれば、何とか理解できる!?
クリックすると元のサイズで表示します

禁断の実の「燃料噴射ポンプ」(デイーゼルエンジンの心臓)や噴射バルブまでバラバラにして、研究!
クリックすると元のサイズで表示します

手前みそですが、ボク自身が機械に興味を抱いたのは中学の修学旅行での羽田空港、当時のダグラスDC—3、4、6Bなどのレシプロエンジンの排気音とガスの匂いに魅せられて、後に航空整備士になったのが、空の原点!
その若かりし頃のDNAが今でもしつこく残っていて、機械の「整備」に生きがいを感じている!

ヨットも車も自分で出来うるものはDIYで整備しています!
特にヨットは何十年も付き合い、生命を託して航海しているので、愛艇にはできるだけ携わって行きたい!

国土交通省の報告ではプレジュアーボートの整備不良による海難事故が多発していると注意勧告!
ヨットのオーナーや船長は整備不良のまま出航などあってはならないが、何が起こるかわからないのが海の怖さです!

年頭に”愛艇にはDIYで整備を”・・・の有志が集まって「ヨット整備勉強会」を立ち上げた!

45年ものヨット歴の中で、数々の失敗を重ねて、整備経験と実績をこれからも日々積み重ねながら、情報公開を行い、ヨット仲間の安全航海に役立てれば幸いと思います!

http://ichimonjiyc.sakura.ne.jp/newpage1.html

**ヨット仲間の皆様へ、ヨット整備に関する情報をお知らせください!!

**玉掛けデビュー!!

クレーン上架整備再開に伴い昨秋に取得した玉掛け技能証明書の出番が来た!

クリックすると元のサイズで表示します
恰好だけはプロ並みですが、新米です!

クリックすると元のサイズで表示します
慎重には慎重を期して、安全にを最優先!
クリックすると元のサイズで表示します
30ftと28ft2艇を順番に船台へ・・・・
クリックすると元のサイズで表示します

サポートクルーのおかげで無事に完了しました!
クリックすると元のサイズで表示します

**大切なのはクレーンオペレーターと玉掛けのコミュニケーションとお互いの信頼ですね!!
それとサポートクルーはかってににわか玉掛けにならない事、クレーンオペレーターが困ります!
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ