2021/4/21

S2のDIYレストア  COWS

春本番なのに3回目の「緊急事態宣言」、変異株とかが猛威を・・・・
大阪府や兵庫県がパンデミックになっている!

Contrailの上架整備も完了して旅の準備は出来たのだが、「兵庫」ナンバーのヨットを他府県に乗り入れるのには、この時期NGと思う・・・!?

ならば・・以前から気になっていた「S2000」の手入れをしよう!
自宅のガレージファクトリーでやるには道具が必要。
まずジャッキアップの4点セット、2d油圧ジャッキ、固定スタンド、チョーク、寝板(自在ローラー付き)を購入。
作業は多々あるので順番にコツコツやる!

➀床下から速度に比例してゴー音が出る・・・
このゴー音は以前デイラーに持ち込んで相談したら、古車になればメカニカルノイズは仕方ないと相手にされない、ボクの腰痛も高齢者なので仕方ないと担当医が云う!?
ならば、腰痛のリハビリも兼ねて、得意の(!?)DIYでやったろうじゃないか・・・!
Honda教本、Net検索、後輩のフェラーリファクトリーのK氏の助言などを参考に取り組む。

リア側をジャッキアップ
クリックすると元のサイズで表示します

ゴー音はリアLeftドライブシャフトイン側のベアリング付近からとホイールハブからと推察!
クリックすると元のサイズで表示します

ホイールナットを何とか外してシャフトを抜きたいが、プーラーなんかではビクともしない!?
Netでは多くの事例が投稿されていて参考になる、がシャフトはなかなか抜けず、ましてはハブベアリングの交換などは、油圧プレスを持つ専門工場でないと難しい。
仕方なくナックルを付けたままドラシャを外す。
クリックすると元のサイズで表示します

ブーツを外してみると、どろどろのグリースが垂れる・・・
クリックすると元のサイズで表示します
このグリース、21年間交換した記憶がない・・・当然のこと劣化している事に疑いはない!

すっきりしたリア回り、ブレーキキャリパーは油圧ホースに負担がかからないように紐でつるす。
クリックすると元のサイズで表示します

ドラシャのアウト側のベアリングをパーツクリーナーで洗浄。
クリックすると元のサイズで表示します
ベアリングはスムーズに動き、傷もない

イン側も洗浄、ベアリングも分解する。
クリックすると元のサイズで表示します

耐圧、耐熱のチョット高価なグリース(オメガ85)をたっぷりと・・(アウト側)
クリックすると元のサイズで表示します

イン側のベアリングは非対称の特殊な物、バラバラにしてグリースを塗る。
クリックすると元のサイズで表示します
インシャフト側にベアリングを取り付けてグリースアップ。
クリックすると元のサイズで表示します

ホイールを外しているので、きれいに塗装する
クリックすると元のサイズで表示します

問題はナックルを外したことによるアライメントの調整方法が分からない、S2は2か所の付け根ボルト側に調整ナットがあるがとりあえず中央にセット締めた。

グリスアップのみの補修で組みなおし、試走・・・・

試走は山道の森林公園と、浜のハーバーへ・・・
ゴー音は消えない!しかし半減したかと思える・・・ハンドリングは問題ない。
取り敢えずは良しとしよう、落ち着いたらライト側のドラシャも外してグリースアップしたい。
クリックすると元のサイズで表示します

Aエンジンオイルとクーラント交換
毎年エンジンオイルは交換しているが、10年前にA-BXに依頼した時、スタッフから、ドレインプラグが固く、上抜きしたと報告があり、それ以来ずっと上抜きしている。今回ジャッキアップして、プラグを良く見ると、ボルト頭がなめている!?
クリックすると元のサイズで表示します
オイル交換とは言え、ちゃんとした整備工場に依頼すべきだった。

上抜きのオイルチェンジャーはヨットと共有で、この負圧式が使いやすい、但し100%は抜けないが、品質の同じオイルなら問題ない。
クリックすると元のサイズで表示します

クーラント交換は実に21年ぶりで、なのにクーラントはきれいだった!
約6L入ったがAir抜きをしないと、
クリックすると元のサイズで表示します
Air抜きボルトを見つけるのに時間がかかった、全てのAirが抜けるのにも時間がかかった!

フロント側は、ダブルウイッシュボーン&ストラットで異音もなくスムースです!
クリックすると元のサイズで表示します

➂スパークプラグの交換
これも21年間使用した!新しいプラグはチョット奮発して、NGKイリジュームMAXと16mm磁石付きソケットも購入。
クリックすると元のサイズで表示します
18N・mで軽く締め付ける。

新旧を比較して見ると、ニードル部分の差は歴然として見える。
クリックすると元のサイズで表示します

燃焼効率が改善すれば、燃費にも反映されるはず!?楽しみです!

因みに、新車当初は高速12q/L、郊外10km/L、市街9km/L。
最近は、20%悪くなってきていたので、燃費改善を望みたい。

日曜日、晴れ、絶好のブン回し日和!?
浜までの一般道で気持ち良くぶん回せる場所は2か所(ナイショ!?)
1速:60q/h、2速:100q/h・・9000rpm!
9000rpmまでよどみなくふけあがる!HONDAエンジンおそるべし!!
21年の加齢など微塵もない、おかげで元気をもらった!

**床下のゴー音は半減したのだが、残り半分のゴー音はやはりリアLeftのホイールハブからと判明、ジャッキアップしてエンジンを回し1〜3速まで回して確認した!
更に0.5o位の小さなガタも出てきた!
このままでは放置できないので、Kファクトリーの12ton 油圧プレスをお借りしてハブ抜きを考えたが、ネット情報を検索すると、12tonでも厳しいらしい!?
DIYでは限界と判断して、S2を購入したHONDAデイラーに相談、連休明けに持ち込むことにした。
但し、プロでも古車のハブ抜きは難しいと云われた!
諭吉が飛ぶが仕方ない!!

**2泊3日のドックインでリアの両側ハブ&ベアリングの新品交換を実施。
受領した後、六甲山で試運転をしたいので、10時開店時に受領。
HONDAデイラーはリーズナブルな工賃なので、最初から依頼すべきだったのかもしれないが、どこまでDIY出来るかのトライでもあった!
走りだせば、異音は解消されている、そのまま六甲山へ、新緑の山道をぶっとばす!!

クリックすると元のサイズで表示します

実に気持ち良く走った!
OilとPlugも新品なので、9000rpmまでスムースに吹き上がる!
73才のジジ―のやることではないが、新緑とS2から元気をもらった!!

*大きな問題は解決したので、次はシートと幌の補修をしたい。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ