2011/5/10


昨夜は、突風が吹き荒れ、そのたびロープがきしみ泣き、よく眠れなかった。
早朝から滝のような大雨、と突風!
隠岐の島は大雨洪水警報、強風波浪注意報、雷注意報と勢ぞろい!?
津波注意報がなければ避難の必要はないでしょう!

横殴りの雨でキャビンは雨漏り続出・・・5ヵ所に鍋やバケツを・・・・!

外へは出れないような雨だったが、お昼御飯に雨具・完全装備でターミナル前の「隠岐牛店」へ。
隠岐牛・3点もり焼肉ランチ(1650円)を奮発して頂いた。美味しかったよ!!
クリックすると元のサイズで表示します

そうそう、昨夜の海鮮BBQ/サザエ、岩ガキ(小ぶり)美味かったね〜!

写真:ロープ総動員の舫い(前5本、後ろ5本=10本)
後方は本土の直行フェリー、島間の連絡フェリーは全て欠航している。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/5/9

鷺浦ー隠岐・島前中ノ島・菱浦港  日本海・佐渡ヶ島クル〜ジング

朝、漁船の出る時間に出航しようと5時前に起床。
朝ごはんを食べて準備をしていたら漁船が寄ってきて「気を付けて行ってらっしゃい」っと!漁師さんからこんな声かけをしてもらったのは初めてです。感謝!!

写真:ちなみに出航前の出で立ちです。日本海の海上はまだまだ寒い、ニセコの1月と同じくらい着込んでいます!その上にライフジャケットとハーネス・重装備です。
陸に上がるとT-シャツでOKなのにね!
クリックすると元のサイズで表示します

今日の日本海は午後から南西の強風予報、6時に早々と出航。
風も波も穏やかで順調に隠岐・赤灘口(西ノ島と知夫里島間の水路)目指した。
平均7Kt、予定より1時間早い(プランは6Ktで計算)。

知夫里島の景勝地・知夫赤壁が絶景でした(写真ではお伝えできないが・・)。
クリックすると元のサイズで表示します

13時に中ノ島・菱浦港の八雲公園(ラフカデオハーン夫婦がここお気に入りで9日間滞在したと云う)の前の岸壁に係留。
クリックすると元のサイズで表示します

漁協にTELしたら、わざわざ職員が来て、ここならOKとのこと。
ここがベストな場所、公園のウオッシュレットトイレもあり、食堂やミニマーケットも近い。フェリーターミナルでは食事もでき海鮮物や野菜まで売っていた。
その先のマリンポートホテル海士(あま)があり、温泉外湯が出来る。
ホテルにコインランドリーもあった。

午後から南西の強風が吹き荒れ、湾の外は白波の嵐、早く出航して良かった!
時々、突風(25kt以上)が吹くので舫いを10本のロープで固めた。

夕食は近くの八千代寿司が定休日なので海鮮店からサザエ、岩ガキ、刺身など買ってきて海鮮BBQです!
クリックすると元のサイズで表示します

**今夜から梅雨のような雨が3日位続きそう、台風1号は熱低に変わったとしても出航出来るのは13日以降かな!?
次の寄港地は境港ヨットハーバーですが、しばらく菱浦港に逗留します。
1

2011/5/8

温泉津ー出雲市・鷺浦漁港  日本海・佐渡ヶ島クル〜ジング

朝、温泉津湾は濃霧、取りあえず「薬師湯」に朝風呂に行って、霧が明けるのを待つ。
少し明るくなった、9時ころ後ろのヨットは出航、コントレールも9時半に出航!

今日は追い風に乗って順調に日御岬を目指して・・・
ウミネコの繁殖地で有名だがあまりいなかった。(写真:日御碕灯台)
クリックすると元のサイズで表示します

14時に天然の入り江になっている小さな漁港・鷺浦に入港。
30nm/4時間半・・・早いなあ!
堤防の内側に留めて、漁師さんに声をかけたらOKでした。
クリックすると元のサイズで表示します

自転車で散策したが、自動販売機が1台あるだけで何もない!?
(実はこういう処が好きなんです!!)
堤防は若い家族が釣りをしていてボクも初めて釣竿を用意した。
小さな子どもたちがボクのことを「おじいさん」と声をかけてくれるのはうれしいがなんか違和感がある、つい「おじさんでしょ?」と言ってしまった。

なにも釣れなかったので晩御飯は・・・困ったときの「パエーリア」
芽の生えた玉ねぎ、にんにく、トマト缶、アサリ缶、ホタテ缶、ウインナーなどを使って・・・
クリックすると元のサイズで表示します

パエーリア名人(!?)が料理すると・・・・(メチャうま〜!)

クリックすると元のサイズで表示します


PS:薬師湯の女将が言ったように寒い洋上でも身体はぽかぽかでした!

**ここは地デジTVも映らないので早々に寝ます!
明日は隠岐・中ノ島、菱浦港に向かいます。明後日から2−3日天候が崩れそうなので回復するまで隠岐の島で逗留します。
2

2011/5/7

世界遺産観光・石見銀山  日本海・佐渡ヶ島クル〜ジング

昨夕、新西の「Summer Place」(Oceanis40CC)がContrailの後ろに入港した。
日本を左回りで夫婦で一周の途中である。こんな出会いもお互いに寄港地の情報交換が出来てありがたい。(写真)

クリックすると元のサイズで表示します

今日は、2007年に「石見銀山遺跡とその文化的景観」を世界遺産として登録された石見銀山観光に行くことにした。
自転車では行けないので、まずJRに乗って二万駅へ、そこからバスで石見銀山へ・・・
ここで電動自転車を借りて楽ちん観光!(結構広いの自転車が一番)

鉱山町・大森町の町並み、とても静かで落ち着く。
クリックすると元のサイズで表示します

龍源寺間歩(地下坑道)・・佐渡・相川金山は人形が動いてリアルだがここは坑道のみ)
クリックすると元のサイズで表示します

山中にのこる精錬所の跡(清水谷精錬所)
クリックすると元のサイズで表示します

これは帰りの二万駅近くの「サンドミュージアム」(大きな砂時計がある)のつつじが満開。
クリックすると元のサイズで表示します

**陸に上がってローカルな鉄道とバスに乗って観光するのもいいなあ!

夜は薬師温泉(300円+50円・シャワーを使う場合)に、
ここの女将さんは島根大学医学部社会人修士課程に入学して「温泉セラピー」を研究している名物女将!
明日の朝風呂に入ってから海に出たら一日中ポカポカだよっと!?
絶対に湯ざめはしないと・・・自信を持って云うので試してみます。
もし風邪を引いたら来月また来るからイエローカードだよ!
とのことで帰りにまた寄港することにしました。
クリックすると元のサイズで表示します

*明日は南西の風(追い風)で出雲大社に近い鷺浦港に向かいます。
2

2011/5/6

浜田ー温泉津(ゆのつ)港  日本海・佐渡ヶ島クル〜ジング

山陰の港は江崎港のような天然の入り江や、この浜田港のように何重にも防波堤に囲まれて、外の荒波は遮断されている。漁船が通らなければ波一つ立たない。
よって良く眠れます、でも今日も早起き5時起床!
早く温泉津にいって温泉に入りたいっと7時に出航!

山陰のきれいな景色を眺めながら遊覧船のように沿岸を走っていると、定置網が現れる。
そのたびに沖だし・・・今日は漁船が寄ってきて、網があるので「もっと沖へだせ」と言われた。
ごめんなさい、きれいな山陰の景観を楽しんでいたので・・・。

温泉津港には早々と10時半に着いた。仮止めしてから漁協いったら、漁船の引き波が来るのでここが良いと、奥の桟橋の内側(漁協の前)を指示された。親切だなあ!
温泉津港も入り江になっていて、近くの「世界遺産」石見銀山からの積み出し港になっていた。
クリックすると元のサイズで表示します

まずは桟橋からも見えている「あさぎや」でランチして、元湯へ、朝5時半からオープンしている。
歴史を感じる湯治場のような温泉・飲用もOKの弱塩泉。ここは源泉の46℃、42℃の湯船もあるのでなんとか入れる、とても気持ちの良い温泉だ。
クリックすると元のサイズで表示します

自転車で5分の世界遺産、沖泊へ、かって北前船が係留した「鼻ぐり岩」が見える。
水深が深く、入り江になっていてヨットも泊められそうだ。

クリックすると元のサイズで表示します

夕方はもう一つの元湯「薬師湯」(こちらはチョットモダーン)に行って、夕食はまたあさぎやかな!?(ここしかない)

*明日は少し下り坂、ここが気に行ったので朝から温泉に入って、世界遺産めぐりをして、もう一泊します。
4

2011/5/5

江崎ー島根県・浜田港  日本海・佐渡ヶ島クル〜ジング

静かな港だが、漁船が出航していくと引き波で大きくヨットが揺れ、目が覚める。
(どこの漁港も同じ、でもここは出て行ったのは2隻だけだった)

起きたのは5時前(昨夜は発電機を回してまで見たいTVがなかったので20時30分に就寝)、一通り朝の準備が終わったので早々と06:20江崎港を出航。
今日の予報は北東の風次第に強く、晴れ。

沖は昨日とは違った、風は弱いのに大きなうねり(3〜5m)がある、太平洋のうねりと違って波長が短く、あまり心地よいものではない。

ここで活躍するのが、Contrailのとっても使えるクルー!?
愛称:クーツ君=Auto Helm(アメリカスカップ艇長:ラッセルクーツ氏から)
針路+−1度の細かい修正を律義にやってくれる、でも操作方法を間違えたり、頼り切って監視を怠るととんでもないことになる・・・・確か空でも同じだよね!!
(5年前、甲子園浜の岸壁にぶつかってパルピットを壊した苦い経験もあった)

写真:クーツ君(ST−2000、新品のスペアーがもう1台あるが出番がない)
クリックすると元のサイズで表示します

9時半ころから予報通り風波が増してきた。早く出航して良かった!
26nmの距離なので4時間チョット、10時半に浜田港の橋をくぐって奥の静かな岸壁に横付け。(神社の鳥居の前)

写真:神社の高台から・毛布を天日干ししているので遠くから・・・
クリックすると元のサイズで表示します

*近くにいた漁師さんと役に立つ談話(この区域でただ一人頑張っている漁師さん)
・北東の風が吹くと時は3〜5mのうねりはできるので要注意。(正に今日!)
(岩場釣りは「寄せ波」・うねりが寄せ合って10mくらいの大きなうねりにになるので要注意)
・北海道に前線を伴った低気圧が通過するときは漁には出ない(海が時化る)。
・西風は逆に海は穏やかになる。
・その他温泉津、鷺浦、七類、隠岐などのいろいろな情報を教えて頂きました。

*午後はたっぷり時間があるので、
まず、コインランドリーを探して洗濯、銭湯はあるかな!?(明日、温泉津でたっぷり温泉に入れるかな今日はいいかな)、マーケットで買い出し・・・自転車で出かけてきます。

*明日は約20nm(3時間)の温泉津港に向かいます。

*PS:コインランドリーは先ほどの漁師さんが新しく出来た店を教えに来てくれた。
自転車で3分の処に大きなマーケット「YouMe Town」の裏にあった。
洗濯の間、自転車でJR浜田駅まで、結構大きな町なんだなあ!
ガラガラを引いて軽油ポリタン2個をGSに買いに行き、それでも時間が十分にあったので魚市場など見て周った。やはり銭湯はなかった!
2

2011/5/4

角島ー山口県・江崎港  日本海・佐渡ヶ島クル〜ジング

朝、5時に起床、黄砂が少なくなったのか朝日が見えた。
6時40分に角島港を出航、角島大橋の下の狭い航路を慎重に通過(両側は浅瀬と暗礁)。
クリックすると元のサイズで表示します

穏やかな海だが、2m位の大きなうねりがある、そして流れ藻が多いので目が離せない。
操船はオートヘルムに任せているが、ドジャーの上から頭を出して前方をウオッチする。
進路に当たる流れ藻を見つけると直ぐに「I have control」とあいなる!
判断を誤るとまともに藻に巻きつくので適度の緊張感があります。(たいくつしない)

今日は弱い北風が安定して吹いていたので、フルセール(メインも初めてフルに・・)にして、エンジンを2200rpmの減じて、「ハイブリットセ〜リング」・平均7ktで快調に走った。
当初、萩港周辺に行こうと思ったが、快調に走っていたので萩はスルーしてその先の「江崎港」に向かった。
写真:江崎港入り口の高山岬と7っ島
クリックすると元のサイズで表示します

約7時間、13時40分に江崎港入港、奥の入り江に入った天然の良港だ、本線が避難港として安全に入港出来るように進入指標があって安心して入れる。
空いている岸壁に横付け、地元のおじいさん達が寄ってきて今月で3艇目だと云う。
皆さん親切でトイレや温泉の行き方など気さくに教えてくれる。

さっそく、自転車(15分)で「田万川温泉」へ、きれいな温泉だ(400円)
温泉の後、その先の道の駅の和食屋さんで大盛りの刺身定食を頂きました。

ヨットに帰ったら、回りは釣り客で一杯でした。

クリックすると元のサイズで表示します

明日は島根県浜田港に向かいます。
2

2011/5/3

室津ー角(つの)島  日本海・佐渡ヶ島クル〜ジング

朝、きれいだった海は赤潮が押し寄せていた。
午後には晴れる予報だったが、待ち切れず10:30に室津を出航。
時々パラパラ雨が降る程度で、一路「角島」へ、時々赤潮の中に入るが流れ藻が隠れているので要注意!

約13nmなので2時間ちょっとで角島・尾山港に入港。
祭日とあってお休みの漁船で一杯、いっせいに大漁旗を揚げている。
コントレールは奥の岸壁に横付けした。(写真)
クリックすると元のサイズで表示します

自転車で近くの島の観光施設に行き、海鮮ランチ(イカ丸焼き、サザエ壺焼きx2、ご飯、みそ汁=700円)を頂きました。
この島は本土と橋でつながっているのですごく混雑していた。

側のビーチではサーファー好みの良い波が出来ていて10人くらい乗っていました。
クリックすると元のサイズで表示します

東シナ海から日本海に入る要所(北前船などはこの海域で座礁事故などが多かった)の角島灯台に登った。灯台周辺はきれいに公園整備されている。
1876年(明治9年)に完成・初点灯した立派な灯台です。
クリックすると元のサイズで表示します

*明日は静穏な日和になりそうなので、萩市周辺の港に行き、手ごろな岸壁を探します。
2

2011/5/2

新門司ー関門通過・室津Fへ  日本海・佐渡ヶ島クル〜ジング

夜にやっと風が止み、穏やかな朝だが猛烈な黄砂でIMC(視界は1〜2km)。
ヨットでは十分にVMC(有視界)をKeep出来るので7時に出航。

航路入り口、緑ブイ(39番)から入り、航路ブイの右側の外ぎりぎりに海峡へ。
潮流表示は「西4Kt」関門橋を08:30に通過!(写真)
GPSは12Kt! 舵は少し取られるが明石や鳴門ほどではない
クリックすると元のサイズで表示します

その後、巌流島の側を通過・武蔵と小次郎の決闘の銅像がみえる。(写真)


クリックすると元のサイズで表示します

南風泊(はえどまり)港沖を通過していよいよ日本海へ!
最後の航路ブイ(1番)を通過して一路室津へ。
クリックすると元のサイズで表示します

ほんだわら(流れ藻)が多く目が離せない。うっかりして直径1mに絡んだが直ぐにプロテクターが掻き切った!これで2回目。(元を取ったかな!?)

11時半室津フィッシャリーナに入港。
自主管理のヨットハーバーだが、静かできれい!

クリックすると元のサイズで表示します

なんと、8mの海底が見えている。信じがたい位水もきれいだ!!

ちょっと、Wet着て入ってみようかな!!
(PS:気持ちよく海水浴しました、流れ藻はシャフトに残っていたが推進力には影響ない程度でした)

この後、自転車で「川棚温泉」に行ってきます。
(PS:自転車で約30分、平坦道路なので楽ちんです、道沿いにスーパーやコンビニがある)

明日は天候次第で角島漁港に向かいます。
4

2011/5/1


明け方雨は上がっていたが、6時の山口県西部地方の予報は午前中は雷、強風波浪注意報、波高は3m・・・。
午前中に海峡を抜けなければならないので出航は取りやめ!

圧力鍋でごはんを炊いて、野菜炒めとみそ汁で朝ごはん(納豆を買うのを忘れた)。
今日は3食自炊します。

*ヨット生活で10日以上は初めてで生活上、いろいろ分かった。
・プロパンガス:2kgのボンベを2個積んだが1週間で1個なくなった。
1個はKeepしたいので、ジンバルコンロの上にカセットコンロを乗せて調理している。
航行中は調理出来ないので停泊中に使うようにしてます。
カセットボンベはコンビニでも手に入るので安心!

・水:飲料水(2Lペットボトルx6)、洗い水(150L)、シャワー用(20L)を積んでいるが、一日2L以上お茶、コーヒー、みそ汁などに使う。洗い水もいつの間にか少なくなっている。
今後、日本海の漁港などに入ると水の補給が難しくなるので一考が必要だ。

・洗濯:コインランドリーがなかなか無い、少しずつこまめに手洗いしてビビニトップの下で干せば雨天でもOK!(まるでボートピープルみたいだ!)

*今日の予定は、晴れて来たらシュラフ、毛布などの乾燥、
セミドライスーツを着て入水、プロペラの点検(松山沖を航行中に直径50cm程度のほんだわら/流れ藻にからんで一時回転が不調になったがプロテクターの効果が発揮されたのか直ぐに掻き切って回復したがまだ少し残っているようだ)、
ハルのミズアカを落として奇麗にして日本海に出よう!

**夕方まで20kt以上の強風がものすごい黄砂を伴って吹き荒れていた。(写真)
入水はあきらめて、ヨットでたむろしていたら次々と地元のヨットマンが訪ねてきた。
彼らの話は非常に参考になります。特に関門海峡の注意点などは!
今日はだれも出航していませんでした。
また、プロペラの点検などは日本海に出れば底が見えるくらいきれいなので潜らなくても見えるよ!っと・・・ここも十分にきれいだけどね!

・自転車でマーケットに出かけて買い出し。
夕食はタコピラフとウナギの赤ワイン蒸し。

明日は7時に出航、関門海峡の連れ潮に乗って響灘から室津港に向かいます。



クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/4/30

レトロタウン門司港観光  日本海・佐渡ヶ島クル〜ジング

昨夜の結婚披露宴の賑やかさがうそのように、静かな朝を迎えた。

関門海峡から響灘の風波予報は南の風8〜10m/s、波高2.5〜4m、瀬戸内側は1m・・・

4mの波など見たくも乗りたくもないので今日は自転車で門司港レトロタウンを1日観光してきます。

*ヨットハーバーから門司港まで国道25号線を自転車で約50分緩やかなup/downはあるが丁度よい運動になる。
レトロタウン門司港は観光化されて、大勢の人々で賑わっていた。
写真:現役のレトロなJR門司港駅
クリックすると元のサイズで表示します

写真:海峡プラザの前で。名物焼きカレーのクレープを食べた(美味い)。
クリックすると元のサイズで表示します

*頻繁に下関と巌流島行きの連絡船が出ているので下関に「ふぐ」を食べに行った。
写真;下関唐戸市場・観光客であふれていた、ふぐさし、フグのから揚げ、お好み寿司を注文したがほぼ立ち食い状態!?もちろん美味かった!
クリックすると元のサイズで表示します

写真:レトロハイマートの31階にある展望室
パラパラと雨が降って来た、そろそろ帰らなくては・・・

クリックすると元のサイズで表示します

**帰りはちょっと疲れたのと「門司地ビール」を飲んだせいで休憩が多く1時間かかった。ハーバーに帰ったらどしゃ降りの雨・・ラッキー!

**明日も・・・午前中はまだ天候は回復しない予報、潮流の関係で11時までに海峡を通過しないとやばいので出航しない予定です。
0

2011/4/29

姫島ー新門司ヨットハーバー  日本海・佐渡ヶ島クル〜ジング

今日の姫島は穏やかな朝日で目が覚めた!

6時30分に出航、11時ころまでは風波はまだ残っていたが片上りの風なのでGood!
お昼前から風も弱くなり、周防灘も今日はおとなしくしています。

今日から連休、昭和の日なのでコントレールも国旗を揚げてシュラシュシュシュ!?

クリックすると元のサイズで表示します

12時半に新門司ヨットハーバーに入港、ガラガラのきれいなヨットハーバーだ。

クリックすると元のサイズで表示します

折しもハーバーレストランは結婚披露宴が行われていて貸し切り。

シャワーしてから自転車で新門司地区を散策して来ます。
近くに阪九フェリーターミナルがあるだけで不便な所です。
自転車でコンビニまで10分、マーケットや食堂がある町までは30分もかかります。 

明日はいよいよ関門海峡を通過して日本海に出たいのですが、午後からの響灘、日本海の海象が心配!?
関門海峡を出たらいきなり強風と高波(3−4m)の予報。明後日も雨なので2日以降でないと出航はできないかもね!?

昨日も姫島で会った仁尾のコンテスト50が壱岐島行きをあきらめた!

不便なところだがバスにでも乗って門司観光でもしてゆっくりしようかな!


次の寄港地は山口県の室津フィッシャリーナ(漁港が運営するヨットハーバー)です。
2

2011/4/28


朝、2時半頃、突風の音と船がきしむ音に目覚めた。
ライフジャケットを着て、ライトとロープを持って岸壁に上がり、増し舫いをした。
安心して、M氏からもらった梅酒を飲んでもう一寝!

朝7時、風は治まらず、西の風20〜25kt、Gust30kt(門司には向かい風)!
漁師さんも「今日はだめだ〜」っと、漁船もお休み。

明日は南寄りの風で少し穏やかになりそうなので、今日はゆっくりと、洗濯をして、雨漏りを修理して、ランチしてから自転車で姫島観光をして来ます。

きれいなスポットがあったら写真を撮って来ます。

*観音崎・千人堂:国東半島を望める絶景・今日は荒波、出航しなくて良かった!
クリックすると元のサイズで表示します

*姫島海水浴場:人工砂浜だがきれい!
クリックすると元のサイズで表示します

*姫島灯台:明治37年建造
クリックすると元のサイズで表示します

*拍子水・拍子水温泉:お姫様がお歯黒を付けた後、口をゆすごうとしたが水がなく、手拍子を打って祈ったところ、水が湧き出したと云う伝説、この湧水(炭酸水素塩冷鉱泉)を沸かした温泉施設が側にある。飲用してもよし、とても気持ち良い!
クリックすると元のサイズで表示します

**きつね踊りはお盆、車エビは7月から・・・夏に来るのが良いみたい。
2

2011/4/27

むさしー大分県・姫島  日本海・佐渡ヶ島クル〜ジング

今日の大分県の天気予報は午後から雷雨!?
姫島までは18nm/約3時間だ、風は南からの追い風。

8時にマリンピアむさしを出航、風波は増してきたが追い風!
同じ風波でも向かい風とは天国と地獄の差がある(ちょっと大げさかな!?)

1Point Mainを上げて機帆走、今日は真追っての風波に乗ってサーフィンしながら11時前に姫島漁港に入港。
(PS:機帆走の波乗りって結構たのしいね〜)

写真:姫島(車エビときつね踊りで有名)
クリックすると元のサイズで表示します

漁協の漁師さんに一声かけて、去年と同じ岸壁に係留。(写真)

クリックすると元のサイズで表示します

お昼頃から予報通り雷雨となった。ラッキー!

港の前にある手作りハンバーグのエビバーガーでランチ・結構美味い。

雨が上がったら「拍子水温泉」に自転車で行こう!

明日は新門司ヨットハーバーに向かいます
0

2011/4/26

別府ー国東・むさし海の駅  日本海・佐渡ヶ島クル〜ジング

今日の目的地、むさしヨットハーバーは約20nmと近いので、朝はゆっくりとしました。

ここからはシングルハンド(一人)で出航します。
2人に見送られて10時に出航。(写真)

クリックすると元のサイズで表示します

途中、ステイの時よく行っていた「突棒船/つきんぼうせん」の大将にチョット会いたくて日出漁港に立ち寄った。
店は残念ながら今月で閉めるそうだ!でも漁港を青空市場にして活気を戻したいと言っていた。

国東半島を回るころから風波が増してきた、しかし今度はアビーム(横)からの風!
待ってましたとセールアップ!ヨットハーバーまでかっとびセ〜リングを楽しんだ!

マリンピアむさしは大分空港RWY19のそばにあるきれいなこじんまりとしたハーバーです。(写真)



水も電気もふんだんに使えるのでヨットの大掃除をした。

事務所の女性に温浴施設「国東いこいの村」を教えてもらったので運動も兼ねて自転車で行ってきます。

クリックすると元のサイズで表示します

明日は、天候が下り坂なので様子を見て姫島に向かうかもう一泊します。
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ