2008/12/1

ブーンでピリピリ  潜水医学講座

八丈島でのダイビングの場合
SHOPによっては、当日ダイビングしても飛行機が低く飛ぶので問題ないと
悪魔の誘いをするとの事です。

PADIの基準では複数日、複数ダイビングの場合18時間待機です。


以下ハタタテさんの記事を参考〜〜〜

機内与圧  
羽田−八丈島 ANAの公式報告 通常0.94hp
              但し、気象条件や機長の判断で変わりうる
              最大で0.8hpまで変化することも…?
     
気圧と標高の関係 以下の数値はハタタテが気温20度でおおよその計算をしました。
    0.94hp  標高約600mに相当
    0.8hp  標高約2000mに相当
〜〜〜

つまり、
標高600mの峠を30分以上掛けて越える
時には2000m以上になることも有る

いつピリピリとなってもおかしくない状況だよってこと
八丈島のダイビングポイントは伊豆七島でも最高ですが・・
くれぐれも悪魔の誘いに乗って、無理なさらないことですね

 応援お願いします 人気ブログランキング投票 

 こっちも!

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ