2008/2/12 | 投稿者: こたつねこ

ちょいと工具に関する質問とか頂いたので軽く紹介。
私が主にDDとか食玩の改造に使っているリューターです。
クリックすると元のサイズで表示します
黒いのがリューター本体、手前がビットで、ビットを本体先端に取り付けて使うドリルのような物。
削る用途に合わせてビットを変えて使います。
荒削りに関しては、手でヤスリやデザインナイフで削るのとは比べ物にならない速さで作業が出来ます。

例えばDDのアイホール拡張には左から3番目の円筒のビットを使用し、曲面を広げていきます。
目尻にエッジを立てたい場合などは、一番左の円盤状の物を使い、鍔(つば)部を水平にあてがうような感じで削ります。

食玩等の改造にもリューターは非常に使えます。
左:改造後 右:改造前
クリックすると元のサイズで表示します
主に顔、ヘソ周りの胴、右手首、足を改造してます。

1.元々は一体成型なので、リューターのカッタービット(上写真で本体に取り付いている物)でパーツ単位になるようバシバシ切ります。容赦なく(笑
2.ピンバイスビット(上写真左から2番目)で改造用パーツ用を取り付ける開口部を作って、パーツ取り付け(胴と右手首)。
3.足がハの字に開くように改造してありますが、それもピンバイスビットで穴をあけ、真鍮線を入れて矯正。

このように「切る」「掘る」に関しても抜群の速さと精度があります。

ちなみにリューターもピンキリで、1500円前後で売っている代物もあります。
ただ安いのは電池駆動で本体が「デカイ×重い×回転速度も変えられない」と不満てんこ盛りなので、長く使うつもりのある方は、少し値が張っても勝手の良い物がオススメ。
0

2008/2/11 | 投稿者: こたつねこ

カスタム作業の続きです。とりあえず仮組み状態。

クリックすると元のサイズで表示します
ん〜、少なくてもアオイ状態は脱出できたかな(笑

とりあえず前回と比較して、鼻筋を相当削ってます。
あとはアゴのラインに丸みを持たせたのと、アイホールを若干拡張。
眉毛はまだシール。
アイは実際に使うアニメティックAあんず22mm。
ボークスの瞳パテで仮固定してますが、粘度が弱く、押さえてないと後ろ(内部側)に下がってしまう為、撮影の際にアイが少し奥まってます。

古→→→新
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

本当はもう少し目と目の間隔が広いといいのだけど、こればっかりはベースにしたヘッドの都合、どうしようもないし(苦笑

さて、大きな削りはこれ位にしておいて、表面処理後、メイクに移行する予定です。
0

2008/2/10 | 投稿者: こたつねこ

今回もToHeart2つながりで。
メガハウスの「アクションフィギュアコレクション 柚原このみ」です。
画像クリックで元サイズになります。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
↑マクラも付属。
この他に制服とハンドパーツが数種付属してます。
大きさは全高で22cmくらい。
ヘッドはPVC製ですが、あんまりテカテカしてないのでいい感じ。
というかDDと比較すると、とにかく撮影が楽(笑

私、ポーズ固定のフィギュアは殆ど買わないのですが、こういう動くのは好きでして。
まぁ、固定品も改造次第ではどうとでもなりますけどね。
0




AutoPage最新お知らせ